誤解と思い込み

2017.04.25.21:11

 木の家での生活も10年を超え住み始めた頃は初々しかった木の色も落ち着いてきました。はじめは赤身と白太の色の違いもはっきりしていましたが今はほとんど分からなくなってしまいました。

 住み始めたときに林業家がそのうち色の差は無くなりますよと言っていましたが当時はこんなくっきり分かれている色が分からなくなるなんて本当かなって思っていました。

 振り返ってみると当時の私には木の家に対して思い込みや誤解が多かったように思います。
 誤解や思い込みも木の家で日常を送りながら少しずつ減っていきました。
 今回は木の家でよく言われる話と木の家の住まい手としての感想をいくつか紹介します。椅子と杉床

 最初は、杉床は柔らかいので傷がつきやすい。
 杉の無垢材を床に使うと床が傷だらけになると言う話です。
 写真は10年近く椅子の生活をしていらっしゃる家の杉床です。(食卓に椅子がある家で撮らせてもらいました)

 見たとおり椅子の脚にクッション材などはありませんが、引きずった跡やめり込んだ跡などは見られません。
 傷が付かないように注意しながら使っているわけでもないし、7人分の椅子の床部分はみんな綺麗な状態です。
 テーブルや椅子を移動させたらこの場所に椅子があったことが分からないくらい綺麗な状態でした。

 以前に林業家が「杉床って傷つきやすいと言われるけど結構強いんだよ。」と話してくれたことがありました。
 それを聞いていてもやっぱり杉って柔らかいしぃ~ 傷ぐらいは付くだろうと思っていましたが、椅子の脚ぐらいで傷だらけになることは無いようです。

 また、杉は柔らかいので傷は付きますが、この柔らかいことが幸いして傷が目立ちにくくなります。
 堅いものを落として傷が付いた直後は床面と床板内部の色の違いがくっきり出るので目立ちます。
 ところが時間が経つと傷の角も丸みを帯びるし無垢材ですから色は同じになるので目立たなくなってしまいます。

 最初の一カ所目はきゃあーやっちゃった!と大騒ぎになるかもしれませんが、1年も経たない間に細かい傷に紛れてしまいほとんど気にならなくなってしまいます。
 無垢の杉は傷つきやすいという話は杉床の特徴の一面だけを捉えた話です。
 杉床で生活している住まい手としては床の傷などどうでも良いと思えるほど杉床の冷たくなくサラサラしている感触は気持ちが良いです。

 もう一つ、杉床(無垢材)と床暖房は相性が悪い。
 これもよく聞く話です。
 わが家では10年以上床暖房を使い続けていますが何の問題も無いし、なぜ無垢材と床暖房が相性が悪いと言われるのか不思議なくらいです。

 床暖房と言っても電気式や温水式、温水を使うタイプでも温度、面積や使い方など様々な違いがあります。
 無垢材は急激な温度変化が頻繁に起きるような使い方には向かないと思いますが、床暖房には無垢材が使えないと言うことではありません。

 むしろほどよい堅さや高い調湿効果を持つ杉床と床暖房は住まい手からみると相性が良く富山の冬の住み心地に大きく貢献してくれるので是非建築士に相談して欲しいと思います。

Q値と住み心地

2017.03.17.19:35

 前回、Q値やUa値、気密性能で使われるC値といった値も参考になりますが、人が生活していてどのように感じるかといった視点は値以上に住み心地には影響がありますと書きました。

 ハウスメーカーのパンフレットには当たり前のようにQ値やUa値などが載っていますし値が小さいことをアピールする会社もあります。
 建物から逃げていく熱量を知ることは光熱費の削減など実生活に恩恵がありますから是非知っておきたい値です。

 しかし、値が小さいほど住み心地が良くなるかというとそうでもなさそうです。
 室内に温度計を置いて室温を調節している方は多いと思います。
 普通は一台か二台の温度計で室温をみているわけですが、人間の体には手のひらだけでも15,000個を超えるセンサーがあって体中のセンサーから集まる大量のデータを総合的に判断してリアルタイムに環境を把握しています。

 室内にある温度計が適温になっていても足下が寒かったり頭だけ熱いなどといったことも普通に感じることができます。
 Q値やUa値が小さいと言うことは熱が逃げにくいと言うことですが、家全体から逃げていく熱量しか分かりません。

 室内には暖房機付近の暖かい場所もあれば壁や窓付近などまだ暖まっていない場所もあります。室内に温度差があると暖かい空気は上昇し代わりに冷たい空気が降りてくるといった対流が起きます。
 家全体から逃げていく熱量が同じでも室内に大きな温度差あると住まい手は常に冷たい空気にさらされて生活することになります。カタ温度計

 また、エアコンやファンヒーターなどの温風暖房では室内に気流ができます。エアコンから出ている風などたいしたことが無いと思っていましたが、測ってみるとエアコンから5メートルぐらい離れていても0.2m/sぐらいの気流がありました。

 普段の生活で人が感じることができる気流は0.3m/sぐらいからと言われていますが、気をつけていれば0.2m/sでも感じることができます。(写真はカタ温度計による気流測定の様子)

 1秒間に20㎝程度という微弱な風というか空気の動きでも肌にまとわりついている高湿度の空気には影響があるようです。
 私たちの体からは常に水蒸気が出ています。おなかと背中に温湿度センサーを貼り付け服を着て数時間観察してみると肌の表面付近温度は30度から32度ぐらいで湿度は室内よりも常に高くなっていました。

 暖房期間中わが家の平均的な気流は0.1m/s以下なのでじっとしていても気流を感じることが無く、湿度計が30%ぐらいでも乾燥しているようには感じません。
 一般に快適と言われる湿度は40%以上と言われていますが、室内の気流によってはもっと湿度が低くても体にまとわりついている湿度の高い空気によって感じ方が違ってくるようです。ガーゼを巻いた温度計

 棒温度計を二本用意して片方だけ濡れたガーゼを巻いて弱い風を当ててみるとガーゼを巻いていない温度計は風が当たっても温度は変化しませんが、ちょっとした風でも濡れたガーゼを巻いた温度計の値は変化することからも気流が小さいと肌周辺の高湿度の空気がはぎ取られにくくなるように思います。

 熱損失といったエネルギーの話と人が室内環境をどう感じるかと言ったことは分けて考えた方が良さそうです。

木の家の色艶

2017.02.19.13:42

 住み始めて10年を超え新築時に盛り上がった家づくりの情熱も冷めているはずなのですが、未だに木の家の住み心地を書き続けています。

 木の家で生活していると今まで聞いたことや言われていることが本当なのか、どうしてなのかと言ったちょっとした疑問を日常生活の中で観察や測ったりすることで探ることができます。
 理科室で生活しているようですねと言われたこともありますが、日常生活の観察ですから特別なことをしなくても続けられます。

 最近では林業家にもらった板を丸一日冷蔵庫で冷やして触ってみたところ冷たくなかったとかペットボトルの表面みたいな結露がつかなかった体験をしました。
 わが家では年中裸足の生活ですが、寒い時期や暑い時期でも冷たくなくてサラサラしている杉の特徴をわかりやすく体感できた観察でした。

 ひさしを利用して夏の日射を遮りながら冬の日射を取り入れる手法はよく聞きますし理屈にかなっていると思っていましたが、富山のわが家で観察してみると冬は晴れる日が少なくて日射に期待できないことや夏の日射はひさしで遮ることができますが窓から入ってくる熱には地面などから跳ね返ってくる照り返しもあってこれが結構大きいことも分かりました。
 夏に日射計を室内から太陽に向けると1,000W/㎡ぐらいになりますが、地面に向けると1,500W/㎡ぐらいになります。
 植木鉢などの置く場所を工夫するだけでも照り返しを大きく減らすことができます。

 わが家は杉を天然乾燥した真壁の木の家です。
 天然乾燥すると何がよいのかについてプロに尋ねたアンケートでは色艶が良いことが一位になります。
 大工さんや林業家は天然乾燥材は他の材料よりも色艶が良いと言うのですがそれを住まい手としてどのように捉えて良いのかずっとモヤモヤしていました。
 早い話が色艶が良いことで何かいいことがあるのかと思っていたわけです。

 林業家に思い切ってこのことを話したことがありました。
 色艶が良いというのは時間が経って周囲と違和感なくなじむと言うことじゃないかなと話してくれました。

 そういえば新築の前に20年経った家を見せてもらったときに私もこんなきれいな家に住みたいといったら林業家は20年待て!と言われたことを思い出しました。
 時間が経って色艶が良いと誰かが評価した材料で家を建てるよりも最初は初々しいけど住まい手と一緒に時間を過ごすことでなじんだ家の方が住まい手にとって価値があると言うことだと思います。

 最近でも建築士にお願いして新しい家を見せてもらう機会があります。
 住まい手も初々しいけど天然乾燥した柱や梁も初々しい色艶をしています。
 家に帰ってわが家をみるとこっちの方がいいなぁと思うことがあります。
 家族も家と一緒に10年過ごしてきたわけですが、住まい手と一緒に変化をすることが天然乾燥材の大きな特徴のように思います。

 私たちはだんだん年をとっていきますが家だけ新しいままでは取り残された感じがしますし経年劣化で当初の機能が損なわれてしまうのも困ります。
 調湿や触感など機能は損なわず色艶の深みを増すことで住まい手に安らぎを与えてくれます。
 私たち家族はこの家と10年過ごしてきました。10年一緒に過ごしてきた分わが家が綺麗だと思うようになりました。

 あと10年ぐらい経ったら大工さんが言っていた天然乾燥した赤身材はやがてトロトロ(色艶が深まって立体感が出てくる)になる様子が見られるかもしれないと楽しみにしています。

光熱費の見直し

2017.02.12.12:24

 新築時に熱損失について関心を持たれる方は多いと思います。
 少し前まではQ値、今はUa値が使われています。

 Q値 = 単位温度差あたりの総熱損失量 ÷ 床面積
 Ua値 = 単位温度差あたりの総熱損失量 ÷ 外皮表面積の合計

 どちらも屋内外の温度差1度当たり1時間に屋外に逃げていく熱量から求められます。

 Q値では小規模住宅や同じ床面積でも複雑な形状の住宅では床面積に対して外皮面積の割合が大きくなり不利になる場合もあるので、住宅の規模や形状による影響を受けにくいUa値が使われるようになったそうです。

 外皮とは外気等に接する屋根、壁、床、天井や窓などの開口部のことです。
 家相の中にも張りと欠けが出てきますが、なるべくデコボコしないスッキリした家の形は温熱環境から見ても有利なようです。

 さて、Q値・Ua値どちらも値が小さい方が性能は高いのですが、値だけ言われてもそれが何の役に立つのかよく分かりません。
 比較するときにはUa値が分かっていると比べやすいのですが、住まい手としては自宅の維持管理に責任があるので他の家はあまり興味がありません。

 Q値・Ua値を求めるときに総熱損失量が出てきましたが、Q値2.0で床面積150平米の家の場合総熱損失量は300Wになります。
 つまり屋内外の温度差が1度あたり1時間に300Wの熱が逃げていく家と言うことになります。
 屋外が5度で室内が20度の場合温度差は15度、生活で発生する熱を3度とすると温度差は12度となります。

 300×12=3,600

 Q値2.0床面積150平米の家では屋外が5度の時、室内を20度に保とうとすれば1時間に3,600Wの熱を供給すればよいと言うことが分かりました。

 灯油で丸一日暖房すると
 3,600W×24時間=86.4kWh
 86.4×3.6MJ=311.04MJ (1KWh=3.6MJ)
 311÷36.7MJ=8.47L (灯油1リットルあたりのエネルギー量36.7MJ)

 エアコンの場合は
 86.4÷4=21.6kWh(平均エネルギー消費効率4)
 21.6×23円=496.8円(1kWhあたりの電気料金単価23円)

 費用で比べてみます。
 灯油8.47Lは単価70円とすると593円、電気料金は497円で灯油単価58円で両者が同じぐらいになります。

 また、自宅内外の温度を測っていると富山では晴れる日が少ないとはいえ晴れれば室温も上がります。
 日中は朝よりも気温がわずかでも上昇するので暖房設定温度を2度程度下げるなどあまりエネルギー必要としない部分に注目することで寒い思いをせずに暖房費用を大きく下げることができました。

 住み始めた頃は前の家よりも暖かいのに浮かれて多くのエネルギーを使っていました。
 ピーク時には灯油消費量が年間3,588L、電力は9,074kWhでしたが、昨年は電力消費量が12,304kWhでした。
 電力消費量は3,200kWh増えていますが灯油を使わなくなったり電気料金プランの見直しなどで光熱費は年間20万円以上少なくなっています。

 光熱費は家計から継続的に出て行きます。削減額が小さいと何かしようとまでは思いませんが、光熱費として払ったつもりで積み立てると5年もすれば100万円ぐらいになります。

 自分で使える資金を増やすには収入を増やすか支出を減らすかしかありません。

 これまでは収入を増やすことが注目されてきましたが、これからは支出を抑えることで使える資金を確保することにも目を向けていくことが大切だと思っています。
 自宅の総熱損失量を知ることは光熱費の見直しに役立ちます。

続・室内干し

2016.12.25.13:40

 前回室内でタオルが5時間40分で乾いたことを書きました。
 木の家では洗濯物がよく乾くと言ってもあまり関心を持っていただけないので室内でタオルがどのくらいの時間で乾いているのか観察してみました。

 洗濯物の室内干しといえば除湿器や乾燥機または扇風機やサーキュレーター、室内干し用の洗剤などの話になってしまい何もしなくてもよく乾くという話は信じてもらえません。
 ところが実際に木の家で生活している方に話を聞くと確かに洗濯物はよく乾くと何人もの方が話してくれます。

 今回の計算や観察でわが家での室内干しには3つの要素が影響しているように感じました。
  室温
  洗濯物を干してからの湿度変化
  干す場所の容積

 室温が高ければ乾くのも早いだろうというのは分かりやすい話です。

 湿度変化は水の蒸発速度に影響があります。
 一気圧での水の蒸発は温度によって蒸発速度が決まっています。
 ところが湿度が高くなると水に戻る水蒸気も増えてくるので見かけ上蒸発速度は遅くなったように見えます。

 この水に戻る(凝結)量が結構多くて5時間40分で乾いた環境から湿度を10%あげるだけで8時間もかかってしまうことを前回紹介しました。
 洗濯物から水が蒸発する速度が変わらなくても、洗濯物に戻ってくる水蒸気が増えると乾くのが遅くなると言うことのようです。

 これまで何度も室内の温湿度を測る中で、わが家では急な湿度変化が起きにくいことが分かっています。
 洗濯物を干すとか炊事や入浴など一時的に多くの水蒸気が発生しても室内の湿度変化はほとんど見られません。
 湿度計の測定間隔を1分にして観察すると確かに2%程度水蒸気発生直後は上昇するのですが戻ってしまうので、1時間毎に測定すると湿度の変化は捉えられません。

 富山市のわが家では4月下旬から5月中旬ぐらいが最も室内湿度が低く、7月下旬から8月中旬までが高くなります。
 年間を通して測定値を見ると日々の変化は小さいのですがちゃんと季節の変化に合わせて室内も湿度変化していることが分かります。

 急な湿度変化には素早く対応しますが、季節の変化という長い時間の湿度変化には追随しています。
 急な湿度変化に対応する木の調湿効果が室内の湿度変化を抑えることで洗濯物の乾燥速度が遅くなりにくいことに繋がっていると思います。

 干す場所の容積というのは狭い場所で干すのか広い場所で干すかの違いです。
 新築時に洗濯物を干す場所を考えられる方は多いと思いますが、干す場所をリビングよりも広く取る方は少ないと思います。
 また、洗濯物が見えないように閉じた空間にする方も多いと思います。

 洗濯物を干している空間の容積が小さいと湿度が上昇しやすいので見かけ上洗濯物の乾くのが遅くなります。
 加えて洗濯物を干している場所をわざわざ暖房する方も少ないので室温が下がりやすくなることも洗濯物が乾きにくい要素になっていると思われます。

 わが家では洗濯物は普段はリビングで干して新築時に設けた物干しコーナーではシーツなど大型の洗濯物を干しています。
 連続暖房のリビングでよく乾くし干すのも畳むのも同じ場所で済むことからリビングでの室内干しになっています。

 全室連続暖房についてもいろいろ書いていますが、必要な時間に必要な場所を暖房する部分間欠暖房と使うエネルギーに大きな違いは無く、起床時や帰宅時に寒くない方がいいだろうと言うことで全室連続暖房を続けてることも室内干しする場所の温度が確保されていることに繋がっていると思います。

 室温や容積について意識していたわけで無くリビングの方が何かと便利だと言うことが温度が確保され、大きな容積の環境下で干していたと言うわけです。

 林業家に木の家では洗濯物がよく乾くという話をするとあまりいい顔をしません。
 最初は不思議でしたがいろいろ観察してみると木の家にするだけで洗濯物がよく乾くと言うことでは無いことが分かってきました。
 林業家にしてみれば洗濯物の室内干しを木の家が一手に引き受けていると思われるのは迷惑に近いものがあるように思います。

 室内で洗濯物がよく乾く要素の一部として木の家も役割を担っていると捉えるのがいいのかなと感じています。

室内干し

2016.12.19.22:39

 わが家の洗濯物は年中室内で干しています。
 リビングで室内干しになったのは室内で洗濯物がよく乾くことと干したり畳んだりするのが便利だからです。
 室内には洗濯物を干す場所もあるのですが、物干しスペースはシーツなどの大型の洗濯物専用になってしまいました。

 これまでも木の家では除湿器や扇風機を使わなくても洗濯物が早く乾いてくれるし、室内干し用の洗剤を使わなくても気になる臭いもつかないなどと書いてきました。
 ところが知人にこの話をしても誰も信じてくれません。

 うちでは除湿器を使っても朝干した洗濯物が夕方になっても湿っぽいことがあるのに・・・などと言われたこともありました。
 これから木の家を建てようとしている方に洗濯物は室内干しでもよく乾きますと言うのですがどうも怪しい話と捉えられているみたいです。

 ところがしばらく生活してから洗濯物の話を聞いてみると、信じてなかった!けど本当によく乾きますと話してくれます。
 どうやら木の家では洗濯物がよく乾くと言うだけではうまく伝わっていないみたいです。
洗濯物の温度変化
 そこで実際に洗濯物がどのくらいの時間で乾いているのか調べてみることにしました。 
 乾いたタオルの重さと干す直前の重さの差から水の量を測っておきます。
 水は蒸発する際に気化熱を奪うので洗濯物の温度を連続して測ることで乾燥過程を観察することができます。
 洗濯物が乾くまでは室温よりも低くなりますが乾くと同じになります。

 結果はタオル一枚が室内で乾くまでに5時間40分かかっていました。(除湿器、扇風機無し)
 タオルは70gの水を含んでいたので1時間に12gずつ蒸発したことになります。
 この時の室内環境から水の蒸発速度を計算してみるとタオルの面積あたり11.7g/hだったのでほぼ計算通りでした。

 日常でも朝干した洗濯物がお昼過ぎには乾いていることからおおむね実態に合っていると思います。
 今回計算して分かったことは湿度が10%上がるだけで6時間弱で乾いていたタオルが8時間もかかってしまいます。
 実際には洗濯物を干し出してから少しずつ湿度が上昇することで洗濯物の乾く速度が遅くなっていることが考えられます。

 観察中は部屋の温湿度も測っていたのですが変化はありませんでした。
 これまでの観察から木の家の室内では湿度変化が小さいことは分かっていましたが、洗濯物を干しても部屋の湿度が変わらないということは洗濯物が乾く速度も変化しにくいと言うことなんだろうと思います。

 木の家では洗濯物が早く乾くと言うよりも木の家では洗濯物の乾く速度が遅くならないといった方が説明しやすい?のかもしれません。

暖かい部屋

2016.11.06.16:16

 11月に入って朝晩寒い日が増えてきました。
 わが家でもすでに暖房しています。
 わが家の暖房は全室連続暖房なので来年の4月下旬まで暖房を止めることはありません。

 外出時や寝ているときまで暖房するのは無駄では無いかと言われたこともありますが、3年以上室内外の温熱環境や灯油や電力量を調べる中で全室連続暖房がわが家に合った暖房方法と言うことで続けています。

 最初の頃は間欠暖房では冷えた室内を暖めるために大きなエネルギーが必要なので連続暖房の方が費用が安いと考えていました。
 調べてみると連続、間欠どちらでも同じ程度のエネルギーを消費することが分かって費用が同じであれば帰宅時や起床時に部屋が寒くない方が快適だろうと思うようになりました。

 主暖房にはエアコンやファンヒーターを使う温風暖房と床暖房や薪ストーブなどの輻射熱暖房が多く使われています。
 温風、輻射熱どちらの暖房方法でも室温が適温なら快適だろうと思っていましたが、観察を続ける中で両者には暖かさの感じ方に大きな違いがあることに気がつきました。
 人の皮膚には痛みや圧力、温感を感じる感覚器官が手だけでも15,000を超えるほどたくさんあってそれらの情報を瞬時に総合的に判断して様々な感覚を得ています。

 また、皮膚にはセンサー以外にも汗を出す器官もあって汗が乾く時に気化熱が奪われる仕組みや、湿度が高い方が暖かく感じるなどと言ったことも利用しています。
 こうしたことが分かってくると私たちが暖かいとか寒いと感じるのは温度も重要だけど皮膚表面の環境が影響しているように思います。

 そこでまず、同じ室温でも気流の強弱で感じ方が違うのでは無いかと言うことに注目しました。
 皮膚表面の湿度は室内よりも高いので風があると肌にまとわりついている高い湿度層がはぎ取られてしまいます。
 片方に濡らしたガーゼを巻いた2本の棒温度計で実験してみると風が無い状態では温度計の値に大きな開きはありませんが、エアコンの風が当たる所で測ると濡れたガーゼを巻いた温度計だけ温度が下がっていきます。
 夏の暑さを和らげるには効果的ですが、冬の室内は気流が小さい方がよいみたいです。

 さらに、室温は場所や高さによって同じ室内でも違いがあります。
 特に高さによる違いが大きく足下が寒くなりがちです。石油ファンヒータを使っている部屋の温度を測ったときには室温が24度の時、天井から1センチぐらいの層が42度もあり、だからネズミは天井にいるんだと感心したこともありました。

 床暖房では床の温度が一番高くなりますが高さによる温度の違いが小さいこと、放射によって空気よりも先に壁や天井が暖まるので室温の割に体感温度が高くなる傾向があります。

 細かい話では連続暖房すると壁の中も温度が下がりにくくなるとか、真壁のわが家では柱や梁といった構造材が表に出ているので柱・梁が壁の中にある大壁仕様よりも木の表面温度が高くなることで調湿効果が活性化すると言った家本体や室内環境にも貢献していることも分かってきました。

 住み始めた当初からわが家では全室連続暖房をしています。
 暖房方法に違いはありませんが、使い方はずいぶん変わったと思います。
 今では住み始めた当初に支払っていた暖房費用の半分以下で当時よりも高い室温の中で生活しています。
 太陽光発電など自給するエネルギーは無く、必要なエネルギーは買っていますがそれでも大きく費用を減らすことができました。

 もちろん私一人でここまでできるはずも無く建築士が頻繁に相談に乗ってくれたのが大きいのですが、自宅を継続して測ったり観察を続けることは費用削減もさることながら暖かい家で快適に過ごす方法を学ぶ上でも役に立っています。

エアコンと湿度

2016.08.07.12:20

 暑い日にエアコンを使うと最初は温度も湿度もぐっと下がりますが、しばらくすると室温が保たれていても湿度が急上昇します。
 以前から不思議に思っていたのでエアコン使用時の消費電力と室内の温湿度を測ってみました。
エアコンと湿度変化
 使い始めは多くの電力を使って一気に温度と湿度を下げていますが、ある程度温度が下がると消費電力を抑える運転に変わります。
 さらに時間が経つと室温を維持する程度の消費電力まで落としていました。

 大昔のエアコンはスイッチのONとOFFだけで制御していましたが、今は消費電力を制御する方法が多いそうです。
 グラフを見ると室温を維持する運転に変わったあたりから湿度が上昇し始めています。
 最初は何が原因で湿度が上昇するのかわかりませんでしたが、エアコンの掃除をしていて気がつきました。

 エアコンの室内熱交換器はとても冷たくなるので結露水がたくさん出ます。
 結露水がホースを伝わって外に流れていくわけですが、これらの水は元々室内にあった水蒸気です。
 エアコンの出力が大きいときは室内の水蒸気を結露させることができますが、出力が落ちると室内機の結露水が蒸発して室内に戻っていきます。

 また、温度が下がって湿度も下がると言うことは相当量の水蒸気を排出していることになりますから屋内外に大きな水蒸気量の差ができます。水蒸気は気体なので圧力差があると高い方から低い方へ圧力が同じになるように動きます。エアコンの出力が落ちて水蒸気の排出能力が落ちると屋外からも水蒸気が室内に入ってきます。

 エアコンで減らしていた水蒸気が室内に戻ってくるわけですからそりゃ急激に湿度が上昇するわけです。
 タイマーで夜中にエアコンが止まったら寝苦しくて目が覚めたという話はよく聞きます。
 夜ですから室温が急に上昇することはありませんが、湿度は急上昇するので寝苦しく感じるのかもしれません。

 今回エアコン運転時の湿度変化ということで午後1時ぐらいから午後7時ぐらいまでエアコンを運転していました。
 日中の外気温は33度を超えていましたが、室温が30度を下回ってくると寒く感じるので普段はこんなに長くエアコンを使うことはありません。

 また、普段は扇風機を使っているので室内の湿度変化は小さいのですが、エアコンを使うと湿度変化が大きくなるので体感も変わってきます。
 体感としては少しぐらい湿度が高くても安定している方が過ごしやすいように感じました。

湿気の重さ

2016.07.31.09:23

 湿気は室内の高いところに溜まると言う人もいれば湿気は低いところに溜まるという人もいます。
 水蒸気と言う気体は空気よりも分子量が小さいので水蒸気が多い空気は軽くなるから上に溜まると説明されるとなるほどと思います。

 一方、湿気とは湿り具合のことを指し、相対湿度で表現されます。
 室内に温度差があれば水蒸気量は同じでも相対湿度が変化します。
 温度が高くなると相対湿度は下がるし、温度が下がれば相対湿度は上がります。

 一般的に室内では上部が高い温度になることが多いので上層は相対湿度が低くなり温度が低い下層は相対湿度が高くなります。
 水蒸気の量は変わらなくても温度が低くなる下層では湿気が溜まりやすくなると説明されるとそれもそうだと思います。

 水蒸気の発生源は人、布団、キッチン、浴室、洗濯物など様々なところから室内に放出されるし、布団をしまっておく押し入れとリビングの容積の違いなど拡散や換気にも影響されます。
 カビが発生しやすい場所として押し入れや家具の裏側があげられますが、こうした場所は風通しが悪く温度も下がりやすいところです。

 先日一階と二階で温湿度に差が出ている日がありました。
 二階 室温30度、湿度54%
 一階 室温26度 湿度69%

 一階の湿度が高いように見えますが水蒸気の量はどっちも16.7g/㎥です。
 水蒸気の量は同じですが二階から降りてくると明らかに一階の方が湿っぽく感じます。

 こんな経験をすると湿気は下に溜まると思ってしまいますが、人が感じる湿気は重たいとか溜まるという話じゃ無くて温度によって感じ方が違うと言うことのようです。

平均値との差

2016.04.03.00:15

 北陸電力では4月から自宅とよく似ている家庭の平均消費電力が見られるようになりました。
 家族の人数や電力会社との契約形態、戸建などわが家と似ている家庭の消費電力がどのくらいなのか知ることができます。平均値との比較

 わが家は全室連続暖房なので暖房期間中(180日程度)暖房はつけっぱなしですが、連続暖房している家はまだ少ないように思います。
 真冬とそれ以外では外気温も違うし暖房機の設定温度も調節しますが、室温はおおむね21度を下回らないように使っています。
 感覚的には連続暖房している方が消費電力が大きいように思いますが、実際にはあまり変わりませんでした。

 必要な部屋に必要な時間だけ暖房する部分間欠暖房と全室連続暖房の消費電力の差が小さいことは朝起きて寒くないとか帰宅時も暖かい連続暖房の良いところが浮き彫りになります。
 また、連続暖房は壁の中の温度にも影響があって壁内結露しにくい環境に貢献していることが壁の中の温湿度測定から分かってきました。

 さらに、わが家では床暖房以外の補助暖房は使っていませんが、他の家で石油ファンヒータなどの補助暖房を使っているとしたら電気以外にも暖房費がかかることになります。

 暖房を止めずに連続運転すればうまく行くわけではありません。。
 全室連続暖房するには暖房方法や暖房機器の選定、家から熱が逃げにくいとか偏った逃げ方をしないなど間取りも影響します。

 ほんの少し前までは作り手側は断熱材ぐらいは入れてあげるけど冷暖房といった温熱環境については住まい手が選んで下さいと言った雰囲気でしたが、富山は暖房期間が189日間と半年ぐらいあります。
 木の家で生活して10年になりますが、住み始めた当時家の使い方など全く知らずに使っていた頃と今では暖房一つ取っても少しは上手になっていると思います。

 建築士のお仕事は図面を書くことだけではなく、住まい手の住み心地まで考えて家を設計し、引渡後も家の使い方など継続して関わりながら住まい手の成長を助けてくれます。

 北陸電力が提供してくれた消費電力の比較は全室連続暖房が部分間欠暖房と費用の差が小さいことだけでは無く、住まい手が家の使い方を学ぶことで費用を抑えながら住み心地も向上できることを示していると思います。

暖房用ヒートポンプの消費電力

2016.02.23.12:39

 わが家は10月下旬~翌年4月下旬までヒートポンプを熱源とした温水床暖房を連続暖房しています。
 寒い日が多い1月下旬は暖房費が大きくなりますが、毎日の気温や日射によって暖房費は上下します。
 ヒートポンプは電気を使うので暖房費は電気代と言うことになります。

 電気で暖房というと、こたつ、電気ストーブ、深夜電力を利用した蓄熱暖房機、オイルヒーターなどいろいろあります。
 こうした暖房機器に共通しているのは与えるエネルギーと取り出すエネルギーの割合が1:1と言う点にあります。
 実際には機器の効率が100%ではないので1:零点いくつになるのですが、話しをわかりやすくするために1:1としています。

 前回ヒートポンプの特徴について書きましたが、ヒートポンプは与えたエネルギーよりも大きい熱エネルギーが取り出せます。
 カタログでは1:4ぐらいになっていますが、ヒートポンプは外気温が下がると効率も下がる特徴があります。
 外気温が0度を下回るときの効率を計算してみると1:3ぐらいになっていました。

 つまり外気温が0度を下回るような寒いときに消費電力が1,000Wだったとするとヒートポンプは3,000Wぐらいを出力していることになります。
 電気ストーブは1,000Wの電力で出力も1,000Wですからヒートポンプは効率の良い設備機器だと言うことが分かっていただけると思います。

 わが家では1、2階で2台のヒートポンプを使っています。1、2階とも20坪程度の大きさです。
 それぞれ設定温度が違うので消費電力も違うのですが、一日の平均気温が0度と寒い日は1,300W×2台、平均気温が5度ぐらいになれば700W×2台ぐらいで運転しています。

 富山で一日の平均気温が0度というは真冬の数日程度ですからおおむね700W~1,200W(1台当たり)ぐらいで運転しているようです。
 屋外が5度ぐらいの時に室温を21度ぐらいに保つために使っている電力が700W×2台ぐらいなわけですが、吹き抜けがあっても上下に温度差がほとんど無くトイレや脱衣室も暖房している割には消費している電力は小さいように思います。

 発電所では石油など(1次エネルギー)から電気(2次エネルギー)を作っています。
 1次エネルギーから取り出せる電気エネルギー(2次エネルギー)の効率は1/2.71(平均値)とされています。つまり石油などから取り出せるエネルギーのうち電気として使えるのは37%ぐらいしか無いことになります。
 電気の1次エネルギー消費量には、1kWhを得るためにはその2.71倍の1次エネルギーが必要であることから9.75MJ/kWhが使われています。

 1:1の機器で1kWh(3.6MJ)を得るためには9.75MJの石油などの1次エネルギーが必要となりますが、1:3の機器の場合1kWhから10.8MJのエネルギーが取り出せるので消費する1次エネルギーよりも多くなることから効率が良いとされているわけです。
 消費電力でみるとヒートポンプでは700Wの電気ストーブ2台が消費する電力量で全室連続暖房していることになります。

 全室連続暖房というと贅沢だ、外出時や就寝時まで暖房するのは無駄だ・・・などと言われますが測ってみると必要な場所に必要な時間だけ使う部分間欠暖房で使うエネルギーとほとんど変わりません。

 寒い日でも家に帰れば暖かいという単純で素朴な安心感は住み心地に大きく影響していると思います。
 全室連続暖房は設備機器や熱損失量の他にも間取りなど様々なことを考えなければいけません。
 こんなはずじゃ無かったにならないためにも富山など寒い地域の家づくりは温熱環境まで考えてくれる建築士に相談することをお勧めします。

エコキュートの電気料金

2016.02.15.13:43

 わが家の給湯はエコキュート(470リットル)です。
 エコキュートは関西電力の登録商標で正しくは「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言うそうです。
 電気でお湯を作る機器には電気温水器もあります。どちらも電気料金単価の安い深夜の時間帯にお湯を作るので間違いやすいのですが、電気温水器とエコキュートはお湯の作り方が違います。

 エコキュートはヒートポンプで空気から熱をくみ取って使った電気以上の熱が取り出せると言われますが、今ひとつ分かりにくい話です。
 ヒートポンプについては”ヒートポンプ・蓄熱センター”に詳しい説明があります。

 また、エコキュートの電気代はいくらですかと尋ねると詳しい人ほどはっきり答えてくれません。
 だいたいこのくらいかな・・・はっきりしない理由はヒートポンプのしくみに由来しているので電気温水器のように一月いくら程度ですと言いにくいのです。
 ヒートポンプは同じ熱を取り出すのに必要な電力が気温によって変化します。

 先日この時期に珍しく暖かい日があったので寒い日と暖かい日でエコキュートの消費電力がどのように変わるのか調べてみました。
 エコキュートは深夜以外の時間でも湯増し運転などを行いますが、今回は深夜時間帯の通常運転時の消費電力量を比較しました。

 測定時間:1:00~7:00

 2月11日
 平均外気温:-1.0度
 消費電力:8.8kWh

 2月14日
 平均外気温:16.2度
 消費電力:4.6kWh

 暖かい日では寒い日の半分ぐらいの消費電力でお湯を沸かしているようです。
 お湯の使い方や使用量は両日で違いはありませんので、気温が下がるとエコキュートは消費電力が多くなることが分かります。

 さらにエコキュートは深夜以外の時間帯でも湯増し運転等をすることがあります。
 エコキュートを使い始めると深夜帯以外の運転が気になります。
 これについてはメーカーもよく考えていて確かに料金単価は高いかもしれないがその分出力を落とせば消費量は抑えられるのでいろいろ工夫しているそうです。

 失敗もありました。
 エコキュートの消費電力を測りはじめた頃に子どもがお風呂に入る時間帯にエコキュートが電気を使っています。
 しかもそれが入浴時間と合っていたために、エコキュートはお湯を使うと電力を消費すると勘違いしたことがありました。
 エコキュートは湯沸かしや湯増し、お湯の温度を保つ運転以外の消費電力はほとんどありませんし、お湯を出す時は水道の圧力を使っているのでポンプが動くわけでもありません。

 お湯を使うと弁が開くとか、外気温が下がると機器内配管の凍結防止にポンプが作動するといったことがありますがほとんど無視してよい程度の電力量です。

 ちなみにわが家のエコキュートの電気料金は
 11月 2,300円
 1月  4,500円
 冬だけ比べても外気温によって電気料金は結構違いますから、夏も含めた通年の電気料金となると答えにくいのが分かっていただけると思います。

 エコキュートの運転方法や使い方をいろいろ変えて試してみましたがやっぱり外気温の影響が大きいので間違った使い方さえしなければエコキュートが自分で判断してくれる運転モードが良さそうです。
 エコキュートは電気温水器よりも安い電気料金で給湯ができますが、機器の値段が高いので電気温水器よりも設備費がかかります。

 ついでに1月の給湯代4,500円を灯油換算してみると灯油1Lが50円ぐらいでエコキュートと灯油ボイラーの運転費用は同じぐらいになりました。

床下の温度

2016.02.07.20:23

 わが家では10月下旬~翌年の4月下旬までヒートポンプを使った温水床暖房を連続運転しています。
 時期によって暖房費用(電気料金)は変わりますが、おおむね室温は21度を下回らないようにしています。

 最近では日中の電気料金単価が高い時間帯の設定温度をタイマーで2度程度下げることで電気料金の軽減に取り組んでいます。
 日中の電気料金単価は深夜料金単価の4倍近くするのでわずか2度設定温度を下げるだけでも電気料金としては目に見えて減るのがありがたいです。通風口を塞ぐバックアップ材

 さて、以前から床下の温度について気になっていたことがあります。
 床下に温度ロガーを吊して継続して測ってみると時々温度がぐっと下がることがありました。
 調べてみると床下の温度が下がる時間帯には比較的強い風が吹いていることが分かりました。
 通常は安定している床下の温度ですが風が吹くと床下にも冷たい空気が入り込むことで温度が下がっていたわけです。

 また、外気温が氷点下になっても室温があまり下がらない日と下がる日がはっきりしていて床下の温度が室温にも影響しているように感じていました。
 そこで調べてみることにしました。

 屋外の気温・風速・風向、それから床下の温度と室温、床面の温度を測ることで風の影響と温度変化は捉えられますが、基礎パッキンの隙間(通風口)の塞ぎ方について課題がありました。
 これについては短時間で隙間を埋めることができて外すときも簡単な丸棒バックアップ材を使うことにしました。
 バックアップ材は目地の隙間を埋める作業に使う下地材です。
 値段も直径21ミリ、60メートル(一箱)が2,000円程度で手に入ります。

 通風口を塞いで測ってみると床下の温度が2度程度、室温は1度程度上昇しました。
 また、風が入ってきにくいので風が吹いても床下の温度変化は小さくなりました。
 通風口を塞ぐ際にエコキュートなど設備がある場所は作業がしにくいのでそのままにしておきましたが、隙間が残っている方角から比較的強い風が吹くと床下の温度も少し下がりますが以前のように急激に下がることは無くなりました。
 床下の温度変化が小さくなったことで風が吹く寒い朝でも室温低下はほとんど無くなりました。

 富山の冬は風が吹かないので体感温度が高いのが特徴です。それでも寒い日に風が吹くと室温も下がっていたわけですが、今回基礎パッキンの通風口を塞ぐことで風が吹いても室温低下を軽減させることができました。
 室温が21度から22度になったわけですが寒いか暖かいかの境界付近でのわずかの温度差は体感に結構影響があります。

 室温は20度もあれば十分ですが、だんだん贅沢になるというか年々少しずつ室温が上昇しているように思います。
 与える熱量を増やしているわけでは無く室内から寒さを取り除く工夫で室温が上昇しているので今年はこれで寒い冬を乗り切ろうと思っています。

 通風口を塞ぐのは寒い時期だけです。暖房を使わなくなったら速やかに外さないと別の問題が起きるので外しやすさは結構重要です。

すべる床

2015.12.22.12:06

 わが家は肌触りがよく、裸足が気持ちいい杉床です。
 無垢の床は汚れが付きやすいと言われますが、熱圧加工板(商品名:こもれび)は10年使っていても汚れが目立つことも無く、傷についても小さな子どもがおもちゃを床に繰り返し叩きつけるようなことをしなければそれほど気にすることは無いと思います。

 また、無垢の杉床をアルカリ成分を含んだ洗剤などで拭き掃除すると杉の成分と反応して濃い紫色になることがあります。
 こちらも慌てずに洗剤などアルカリ成分を拭き取ってほっとけば一月ぐらいで色は消えてしまいます。
 お酢でアルカリを中和する方法もありますが、お酢の匂いは結構強くしばらく匂いが残るので自宅であれば余計なことをしないで様子を見るのが良いと思います。

 さて、最近急にわが家の床が滑るようになりました。
 家内や子供たちが何か床に塗ったわけでは無いのに、急に裸足でも滑るし、靴下を履けば危ないほど滑ります。

 原因は母親が足がかさつくと言うことでハンドクリームを塗ってから靴下を履いて生活しだしたことにありました。
 足がかさつくからクリームでメンテナンスすること自体はごく普通のことですが、そのまま歩き回ると靴下でクリームを床にコーティングしているような物ですからそりゃすべるわけです。

 幸い固く絞ったふきんで二度拭きしたら戻りましたが、木の家で10年生活していても初めての体験はあるものです。
 試しに家にある床のサンプルにハンドクリームを薄く塗ってみたところおもしろいほどすべるようになりました。
 何ヶ月も放置していなければ固く絞ったふきんで拭けばクリームは取れますが、長時間放置していると取るのに苦労するかもしれません。

 熱圧加工板は見た目はすべりそうなのですが、裸足にグリップしてすべりにくく、汚れも付きにくい優れた床材です。
 今回のことで滑る床は危ないし、気持ちよくないし、思い通りに前に進まないいらだちを経験しました。そういったことが無いわが家の杉床を再認識する良い機会になりました。

湿度とカビ

2015.09.06.00:45

 「家の中でカビが生えますか?」と木の家に関心のある方から尋ねられることがあります。
 木の家はカビが生えにくいと言われているので木の家の住まい手に実際はどうなのか確かめたい気持ちが伝わってきます。

 住み始めて丸9年になりますが浴室を除けばカビの発生はほとんどありません。
 以前に脱衣室の窓枠角にわずかにカビが見られたことがありますが、風通しをよくした後はカビが生えなくなりました。
 木の家はカビが生えにくいというと木の家であればどのような間取りや使い方をしてもカビが生えにくいと誤解されそうなので少し説明します。

 カビが生えるには温度と水分や栄養、酸素が必要です。
 木の家でも温度と水分、栄養が揃えばカビは生えてきます。
 温度やホコリなどカビの栄養分になるものを排除することは難しいので住まい手のカビ対策は水分(湿気)対策になると思います。
 もう一つカビが生えるにはある程度の時間が必要です。

 これについてはカナダ保存研究所のMichalskiさんが相対湿度を保った環境で湿度の違いによって目に見えるカビが何日で発生するかまとめた資料があります。

 相対湿度を保った環境で調べたグラフを見ると湿度が100%の環境では2日もすれば目に見えるカビが発生します。
 また、湿度65%の環境でも1,000日程度続けばカビが発生します。
 木の家でも湿度が70%を超えることはありますが長く続かないことがカビの発生が少ない要因になっているように思います。

 さらにカビの発生には間取りや家の使い方も影響していることが分かってきました。
 細かく仕切ることで室内に温度差ができやすい間取りや室内で開放型の暖房(石油ファンヒーターなど)を使うとカビは生えやすくなります。
 逆に室内を大きく使って温度差を小さくしたり室内で発生する水蒸気を少なくすると室内で洗濯物を干してもよく乾きますし、カビの発生も目立たなくなります。

 木の家だからカビが生えないのでは無くて、木の家はカビが生える環境になりにくいので間取りや暖房方法などに注意すれば普通の生活でカビの心配をしなくても済みます。
 カビが生えないだけで住みやすい家になるわけではありませんが、木の家はカビが生えにくいというイメージだけで判断しないでカビのことも!考えてくれる建築士に相談してほしいと思います。

室内の相対湿度

2015.08.15.12:53

 相対湿度は飽和水蒸気量に対する実際の水蒸気量の割合と説明されます。
 言葉では分かりにくいのでペットボトルで説明すると飽和水蒸気量とはペットボトルの大きさ(容器)にあたります。ペットボトルの水
 普通の生活では容器が決まっていて後から水を入れますが、飽和水蒸気量は温度によって容積が変わります。

 温度が高いときは飽和水蒸気量も多いのですが温度が下がってくると飽和水蒸気量も減ってきます。
 温度が高いときは容器に収まっていたのに温度が下がってきて容器が小さくなることであふれてしまった水蒸気は気体から液体の水(結露)になります。

 ここに2本のペットボトルを用意しました。
 両方とも容器の半分(50%)の水が入っています。
 相対湿度で表現すると両方とも湿度50%です。
 ところが見たとおり容器の半分とは言え入っている水の量が違います。

 片方は2リットル容器の半分ですし、もう一方は0.5リットル容器の半分です。
 先ほど飽和水蒸気量は温度で変わると書きましたが、2リットル容器は夏、0.5リットル容器は冬の温度に例えることもできます。
 飽和水蒸気量が多い夏の湿度50%と冬の寒い時期の湿度50%では水蒸気の量が全く違います。
相対湿度グラフ
 ここまでは何となく分かっていたのですが住まい手としてはもう一つ疑問に思うことがありました。
 室内では天井付近の温度は室温よりも高いことが多くなりますが、室内という決まった容器の中で温度差がある場合湿度はどのようになっているのか調べてみることにしました。
 湿った空気は乾いた空気よりも軽いので天井付近は湿度が高くなると思っていましたが、測ってみると天井付近では温度は高くなっていますが、相対湿度は低くなっています。
水蒸気圧グラフ
 水蒸気圧で見てみると室内では水蒸気圧の違いは小さいことから水蒸気量は温度差による違いは小さいことになります。
 水蒸気量が変わらなくても温度の違いによって飽和水蒸気量が変わるので相対湿度が変化しているようです。
温度グラフ
 また、調べてみると湿った空気は乾いた空気よりも軽いことは確かですが、人が生活している環境では層になって分離することは無いそうです。
 さらに、空気は窒素78%酸素21%その他1%の混合気体ですが気体の重さによって分離していることは無いし上空50kmを超えても構成割合は変わらないそうです。

 一般的に室内では天井など高い場所に湿気が溜まりやすいと言われていますが、わが家や建築士のご自宅ではなぜか高いところの方が相対湿度が低いので不思議です。

 高い調湿性がある天然乾燥材をたくさん表に見えるように使うことで室内の湿度傾斜が小さくなると言うと林業家から注意されそうですが、室内の湿度が安定していることは住まい手にはありがたいことです。

暑い夏

2015.07.30.09:51

 木の家に住み始めた頃に屋外と室内の温度差が知りたくて温度計を設置してから9年が経ち最近は季節によって違う環境と木の家の住み心地についてテーマを決めていろいろ観察しています。偽装網で日射遮蔽
 これまでは木の家を測ることが中心でしたが、大壁仕様の家も継続して測ることで両者の違いを比べることにも挑戦しています。

 以前から大壁仕様の家の調湿性について気になっていましたが、高い調湿性がある木の家とどのような違いがあるのかなどいろいろ調べていきたいと思っています。

 さて、暑い夏がやってきました。
 これまでの観察から室内が暑くなる要因として窓から入る日射によって床や壁が暖められることで室温が上昇することが分かってきました。
 最近の家は断熱性能が高いので窓以外、天井や外壁から室内に入ってくる熱は以前よりも抑えられているので窓に注目するだけで結構室温上昇が抑えられます。

 窓から入ってくる夏の日射には1㎡あたり1000wのエネルギーがあります。つまり夏の室内で1kwの電気ストーブを連続使用するのと同じエネルギーになります。
 窓の大きさや日射が入る時間によって電気ストーブの台数や運転時間が変わります。
 室温上昇を抑えるには大きなエネルギーを持つ日射を遮蔽することがポイントになりそうです。
 その際カーテンやブラインドなど室内側に遮蔽物を設置すると遮蔽物が熱くなるので室温も上昇してしまいます。

 また、日射が入る時間にも注目です。わが家は軒やけらばの長さが1メートルぐらいあるので今の時期午前10時ぐらいには2階も含めて全ての室内が日陰に入ります。
 午後2時を過ぎた辺りから西側の窓に日射が当たるので、西側に風通しを損なわない日射遮蔽ということで偽装網を使っています。

 風は通るけど隙間だらけの網で日射遮蔽できるのか不安でしたが、やってみると結構効果があって室温上昇は遮蔽しない場合に比べて2度程度抑えられます。
 窓の外で日射遮蔽することで室内に熱くなる部分が無くなると熱い物から発せられる赤外線源が体の近くに無いので余計な暑さを感じなくて済みます。

 さらに、風が室内に入れば体から気化熱が奪われることで体感温度を下げることができるしこれが結構気持ちがいいのです。
 暑いのに気持ちがいいとはおかしな表現ですが、冷房が効いた部屋で涼しいのにだるいとか体が重いという感じはなくちょっと暑い方が体調は良いように感じます。

 ただ、室温が35度になると何をしても暑いのでエアコンを使います。わが家では室温33度か34度付近に暑さに対する境界線があって偽装網は境界線付近で活躍しているように思います。
 エアコンを使うような暑い日であっても朝からつけっぱなしと言うことは無く運転時間は短くて済みます。
 エアコンの掃除やカビの心配、電気代や機器の更新など夏を過ごすための条件が緩和されることはありがたいことです。

 昔と比べて最近の暑さは厳しくなっていると言われます。暑さが厳しくなったからエアコンで調節するのもいいですが、住まい手のちょっとした工夫で室内から暑さを取り除くことができる家であることは大切なことだと思います。

2015夏 チルチンびと

2015.07.06.11:12

 平成27年6月に発売された「季刊・チルチンびと」を読みました。
 木の家は空気がさらりとして気持ちが良いとかよく眠れるなど、体験として語られることが多いのですがこうした効能は科学的に検証されていないことが多いように思います。
チルチンびと
 本の中には木の家と健康を科学すると題して本物の木の家は人の心と体、子どもの5感にどのように働くのかについて専門家の実験などが紹介されていました。

 天然乾燥材を使った本物の木の家については色艶の美しさも付け加えたいてほしいところです。
 時間が経つほど色艶が深まるのは天然乾燥材の大きな特徴ですが、肌の色に近いことが美しく感じる要因になっているように思っています。

 木の家に関する本は新築時ついて書かれていることが多いように思いますが、住まい手としては木の家で生活を続けると何がいいのかについても知りたいところです。

 人間は暑さには強い動物ですが、寒さに弱い傾向があります。
 暑さに強いといっても汗をかく必要が無い環境で生活を続ければ体から排熱する仕組みが上手に機能しなくなります。

 ブログでも何度か風(気流)と湿度が体感温度に影響があると書いてきましたが、汗をかくことで体から排熱する仕組みに風と湿度が大きく関係していることが分かってきました。
 私が木の家に住み始めた頃は建築士が木の家はエアコンいらず!と言うからエアコンを設置していませんでした。
 数年生活してやっぱり暑いと言うことで4年後にエアコンを設置しましたが、2年ぐらい使って最近は年に数回使う程度になってしまいました。(冬はエアコンを使わない)

 室温が35度を超えてくるような日はエアコンを使います。
 しかし、風通しを損なわないで西側窓の外で日射遮蔽するようになってからは室温が33度を超えることは年間に数えるほどしか無く風が無い夜でも扇風機で十分過ごせるようになりました。

 この過ごせるようになった!というところが大事なところで最初からでは無いのです。
 本物の木の家で生活していると住まい手の体が暑さに対応してくれるようになります。
 でも、ある程度時間がかかるので木の家で生活を始めたらすぐにというわけではありません。
 また、暑さに対応できる環境には個人差があるし年齢にも違いがあると思いますが、ちょっと暑く感じる方が体調が良いように思います。

 建築士にこうした話しをすると「うん、うん・・・」と言うだけなのですが木の家で生活して7年以上経ってようやくちょっと暑い方が体調が良いと言えるようになりました。

 わが家が偶然うまくいった事例では無く技術の裏付けがあることがチルチンびとに紹介されています。
 健康は誰もが重要と捉えていると思います。これまでは健康のためにエアコンを使う捉え方でしたが、富山の夏に体が適応できるようになったらエアコンの使用頻度は少なくなっていきました。

 エアコンの掃除やカビなど余計な心配をすることも無く、窓を開けたり閉めたりしているだけで暑い夏が勝手に過ぎていきます。
 わが家では普通の夏の過ごし方になりましたが、現代の夏の過ごし方としては体が持っている仕組みと温湿度上昇を抑える技術や工夫がバランスよく機能しているように思います。

暑熱順化

2015.06.17.05:19

 暑熱順化とは少しずつ体を暑さに順応させることを言います。
 冬の20度と夏の20度では同じ気温でも体感は大きく違いますし、暑さに慣れた体とそうで無い体では体感も違います。

 木の家に住み始めて9年、最初の数年は建築士が木の家はエアコンいらずというのでエアコンは設置していませんでした。
 ところがやっぱり暑いと言うことでエアコンを設置したのですが、2年ほど使って後は年に数回使う程度でほとんど使わなくなってしまいました。
 節約のために無理をしてエアコンを控えているわけでは無く、扇風機で十分に過ごせるからエアコンの使用頻度が減っていきました。

 ところが知人にわが家の話しをするとこんな暑いときにエアコンを使わないなんて・・・そこまでして節電しなくてもいいんじゃないと言われてしまいます。
 暑さに順応した人がまだ順応していない人に体感温度について話をしてもうまく伝わらないように思います。

 ブログでは木の家の高い調湿性能や湿度と体感温度などについて書いてきました。
 高い調湿性能がある木の家では湿度が下がることで体感温度も低くなるとか、室内に風が通ることで体にまとわりついている水蒸気が振り払われることで体感温度が下がること。また、1㎡当たり1,000ワットのエネルギーがある夏の日射を室内に取り入れないことも室温上昇を抑えるには有効と言ったことなど実験や観察を通じて分かってきました。

 しかし、夏の暑さを乗り切る最も有効な方法は体が暑さに慣れることで湿度が下がるとか風が通るとか日射を取り込まないなどと言った方法は補助的なものに過ぎません。
 暑さに慣れろというと我慢と気合いで夏を乗り切れと聞こえるかもしれませんが、私たちの体にははじめから暑さに慣れる仕組みが備わっていますし、動物が夏毛に生え替わるように何もしなくても時期が来たら自然に暑熱順化が起きて夏の暑さに体が慣れようとしてくれます。

 暑い夏にはエアコンは当たり前だと思っていた私ですが、木の家で9年生活してみて暑熱順化した体と湿度が下がる木の家の高い調湿効果や窓の外での日射遮蔽と風通しを組み合わせることで暑い夏が勝手に過ぎていくように感じています。
 すばらしいの住まい手が何年もかかって気がつく前にわが家にははじめから暑い夏を乗り切るための仕組みが備わっていて、住まい手の暑熱順化を妨げていなかったことだと思っています。

 夏を涼しく過ごす話しはいろいろ言われますが、暑熱順化した体で暑い夏を迎えることは夏を健康に過ごす有効な手段だと思います。

エネルギー消費

2015.04.17.02:49

 わが家は11月から翌年4月下旬まで全室連続暖房です。
 トイレや脱衣室を含めて24時間暖房を続けて室温を21度ぐらいに保っています。
 全室連続暖房についてはブログに何度か書いていますが、寝ているときや誰もいない時間まで暖房するのはもったいないとよく言われます。
 本当に全室連続暖房は無駄が多いのか調べようにも世帯によって暖房方法や熱源が違うので簡単に比べることができませんでした。

 最近便利なものを見つけました。
 「Forward to 1985 energy life」

 電力やガス、灯油使用量の明細があればエネルギー量として計算して近隣地域の同じ世帯人数の標準的な使用量と比較することができます。
 早速、わが家のデータを入力してみると標準家庭の98%の年間消費量になりました。

 11月から翌年4月下旬まで全室連続暖房しているわが家が特別大きなエネルギー消費じゃ無いとすると部分間欠暖房(必要とする部屋に必要な時間暖房)でも結構エネルギーは使っていることになります。

 使っているエネルギーに大きな違いが無ければ起床時や帰宅時に室内が寒くないのはありがたいことです。
 全室連続暖房について話しをするといいのは分かっているけど、費用が・・・となることが多いのですが、熱が逃げにくい最近の家では暖房費用に大きな違いは無いようです。
 費用よりもどのような暖房をどのように使うかと言った暖房の質による住み心地の違いは大きいように感じています。

 室内の高さによる温度差ができやすい暖房だったり、床上5㎝辺りに冷気が流れ込むような環境と言ったあまり注目されていないところを工夫することで費用を抑えながら快適性を向上させることができるように思います。
 建物で決まることもあるし、住まい手のちょっとした工夫で改善できることもありますが、最初から温熱環境について考えられた家であることはとても大切だと思います。

 地域によって住宅の温熱環境の捉え方は違います。地域の気候風土にあった家を求めることは高価で優れた設備機器を手にすることよりも遙かに価値があります。
 家を建てようとしていた10年前は気候風土にあった家がいいんだぁ程度に捉えていましたが、今は富山の気候風土にあったわが家の基本性能の高さを自慢に思いますし、家を作ってくれた林業家や建築士、大工さんや職人さんへの感謝は住み始めた頃よりも深まっているように思います。

 普通の住まい手がエネルギー消費を考える時はまず自宅の消費量を把握することが大切だと思います。
 それが分かって目標ができて具体的な行動に進んでいきます。私の目標はわが家よりもエネルギー消費量が1割少ない建築士のご自宅です。

 住み始めて9年近くになるこれまでは居住性や快適性を犠牲にしない費用軽減策への取組でしたが、これからは費用もさることながら消費エネルギーに注目して少ないエネルギーで快適に過ごせるような工夫を積み重ねていきたいと思います。

静電気 2

2015.03.27.02:51

 空気が乾燥する時期は静電気で痛い思いをすることが多くなります。
 分かっていてもバチッとくるあの感触はイヤなものです。足裏センサー
 身近なところでは化学繊維の着衣の摩擦によって発生し、指先から火花放電することで痛みを感じるものや帯電によってホコリや塵を吸い寄せるためテレビやパソコンのコンセント周りなどにホコリが溜まりやすくなります。

 以前、木の家は掃除が楽だと書いたことがありました。
 木が調湿することでホコリも湿気を持ちにくいとか、帯電しにくい性質のおかげでクイックル・ワイパーで簡単に掃除ができます。
 その他に住まい手として気がついたことがあります。

 わが家ではあのバチッ!が無いのです。家族に聞いてみてもそういえば家の中では無いと言っていました。
 着衣を脱ぐ際にバチバチと音がすることはあっても指先で火花放電を感じることはありません。
 裸足の生活なので足が必ず床に接していることで火花放電するほど帯電する前に緩やかに足から逃げていくのでバチッ!が起きにくいのだろうと思っています。

 冬でも裸足の生活ができるのは早い吸湿と遅い熱伝導のバランスが良い杉床の特徴と床暖房のおかげですが、火花放電が起きにくいことに気がつきました。
 汚れや傷が付きにくい床は裸足では冷たいのでスリッパを使います。スリッパが絶縁体になって体に静電気が溜まっていきます。

 指先で金属など伝導体に触れると一気に放電してあのバチッ!となるわけですが、静電気がイヤだから裸足の生活をする人は少ないと思います。
 木の家で生活しているとこうした結果的に快適性の向上につながっていることはいろいろあります。
 冬でも洗濯物がよく乾く、掃除がしやすい、夏は扇風機の風が気持ちいいなどどれも日常の生活に関連することばかりです。

 ドアノブは鍵を一旦当ててから触れるなどいろいろ言われています。室内が乾くから加湿器を・・・ジメジメするから除湿機を・・・床に傷や汚れがつくからスリッパを・・・何か気になることがあってそれに対処することは当たり前のことです。
 逆に当たり前のことは気がつきにくく言われて初めてそういえば・・・ということが多いと思います。

 指先からの静電気放電は日常生活の中で木の家を感じ取られるきっかけになりました。

温度差

2015.03.14.10:23

 富山の冬は日射が少ないので日射エネルギーを得る機会が少なく、自分で暖房エネルギーを調達して室温を保っています。
 最近は富山でもエアコンを主暖房として使う家が増えてきましたが、薪ストーブや床暖房など輻射熱暖房を取り入れる方も増えてきたように思います。
 代わりに石油ファンヒーターや石油ストーブなど室内に燃焼ガスを放出する暖房機器が減っているようです。

 最近のエアコンは1KWの電力で6KWぐらいの熱を出すタイプもあって効率が高いのですが、フィルターの掃除や冷房にも使うので機器内部にカビが発生することがあります。
 薪ストーブは強力な輻射熱で広い範囲を暖められるし炎には言葉で表現しにくい癒やし効果もありますが、薪の調達や煙突掃除などの手間がかかりますし、室内がほこりっぽくなる傾向があります。
 床暖房にしても室内が暖まるまで時間がかかるし床材によって床暖房の使い方に違いがあるとか設置にお金がかかります。

 さて、富山の冬は雲で覆われる日が多いので日射が少ないわけですが、そもそもなぜ雲に覆われるのでしょうか。
 富山には標高3,000メートル級の立山連峰があるから・・・では答えにならないので少し調べてみました。
 世界最速のコンピュータは軍用か気象に使われると言われるくらい気象には難しいイメージがありますが、理屈は意外と単純です。

 大気は温度と圧力が均衡するように移動する。
 相対的に暖かい大気は密度が小さく軽くなることで上昇するし、冷えた大気は密度が大きくなるので重くなって下降してきます。
 上昇するときには温度が下がるので飽和した水蒸気が凝結して雲ができます。
 たくさん水蒸気があればちょっと温度が下がっただけですぐに飽和して雲ができますが、水蒸気が少なければなかなか雲ができません。

 冬には低気圧に向かって大陸から冷たいけど乾いた風が日本海で水蒸気を得ながら日本列島に吹き付けてきます。もともと冷たい空気なのですぐに飽和して雲ができますが低い雲が多いそうです。
 低い雲が高い山にぶつかってせき止められることで曇りの日が多くなり、雨や雪を降らせて水蒸気が減って乾いた空気が太平洋側へと流れていきます。

 地形や水蒸気量などいろいろな要素があるにしても同じ圧力下では暖かい大気は上昇し冷たい大気は下降する基本は変わりません。
 室内でも冷たい空気と暖かい空気があれば必ず別れようとします。

 私は今まで室内で発生する温度差については暖かい空気を下ろせばいいと思っていました。
 ところが暖かい空気を下げる気流を作ると同時に暖かい空気が上昇する気流も発生するので打ち消し合って吹き抜けなど高さがある場所では思ったほど効果が出ません。

 さらに、温度差が小さければわずかの気流で撹拌できますが温度差が大きいほど安定するので、より暖かい空気は上層に貼り付き、より冷たい空気は下層に貼り付いてしまいます。
 暖かい空気のことだけを考えて、天井にファンを取り付けたり扇風機を天井に向けたりするわけですが、少しはマシになる程度で気流による体感温度のことを考えるとあまりいい方法じゃ無いように思います。

 暖かい空気は暖房機器から出てきますし、冷たい空気は隙間風やまだ冷たい壁や天井、窓などで冷やされることで発生します。
 室内の上下に温度差がある限り生活している下層は冷たい空気の溜まり場になるのですから自然の摂理に逆らって上層の暖かい空気を無理矢理下げるよりも、下層に冷たい空気を作らないとか取り入れない工夫の方が良さそうに思います。

 暖房というと暖房機器や暖房方法の話しが多くなりますが、建物の中に寒さを持ち込まない工夫は暖かいという室内環境には大切なのかもしれません。
 熱が逃げにくい家で連続暖房していると与える熱は小さくて済むし、壁や天井もやがて暖まるので設定温度は室温に近い温度になり、高さによる温度差も小さくなっていきます。

 加えて私の場合は窓に衝立を置いて窓で冷やされた下降気流(コールド・ドラフト)が室内に流れ込まないようにしています。
 富山では日射という自然エネルギーには期待できませんが、自然の摂理を取り入れて室内から寒さを取り除くことはできると思います。

 寒さが取り除かれた室内では暖かいと言うより寒さを忘れてしまうほど自然な環境で生活ができます。
 それが熱ストレスが少ない快適性や室内を広く使える居住性の向上につながっているように思います。

温熱環境と床暖房

2015.03.11.10:55

 私が新築を考え始めた頃は無垢の床材と床暖房は相性が悪いと言われていました。
 床暖房と無垢の床材の組み合わせでは床に大きな隙間が空いてしまうと言うのが主な理由だったと思います。

 確かに無垢材、特に天然乾燥材は急激な温度差に弱い傾向があり起床時や帰宅時に床暖房のスイッチを入れて急激に床の温度を上げる使い方は不向きなように思います。
 35度ぐらいの比較的低温の温水で床を暖めるタイプであれば問題は起きにくいと思いますし、むしろ無垢の床と床暖房の相性は良いとさえ感じます。

 床暖房を導入するにしてもリビングだけとか寝室やトイレは設置しないなど室内の一部だけと言う方も多いと思います。
 私も建築士から全室床暖房の提案をもらったとき、そこまでしなくても・・・と思いましたが、全室設置するのも一部だけにするのも費用に大きな違いは無かったし、建築士が言うのだから他に何かあるのかもしれないと思って全室床暖房を設置することになりました。

 今はあの時、建築士の提案を断らなくて良かったとしみじみ思いますが、当時の私には暖房についての知識は乏しく寒い部屋を暖める暖房機器としてストーブ、エアコン、床暖房のうちどれを選択するかといった感じで捉えていたように思います。
 床暖房は輻射熱で日だまりのような暖かさだと説明されても輻射熱ってナニ?という始末で建築士には随分苦労をかけたと思います。

 自宅の温熱環境を測り続ける中で建築士が何を伝えたかったのか最近少し分かるようになってきました。
 エアコンやストーブは熱源で空気を暖め寒い室内に吹き出したり、温度差による対流を利用して部屋を暖めます。
 これらの方法は室内に暖かい空気の層とまだ暖まってない空気の層ができます。
 しかも、暖かい空気は密度が小さくなることで軽くなって上に昇ってしまいます。

 暖められた空気はまだ暖まっていない壁や天井に熱を奪われることで温度が下がっていきます。
 温度が下がると空気の密度が大きくなるので重くなって下に降りてきます。
 住まい手にとって悩ましいのはいつまでたっても暖かい空気は上層にあって冷えが空気が下層にあるということです。
 下層にある空気で寒くない温度にしようとすれば上層は40度を超えることも珍しくないそうです。

 それじゃ天井にファンをつけて空気を撹拌すればいいと思いますが、密度の違いによって別れている安定した空気層を撹拌するのは容易ではなくファンを止めてしまえばすぐに戻るし、強く撹拌すれば気流によって体感温度を下げてしまいます。

 床暖房も床を暖めて室内を暖めるのかと思っていましたが、床から放射される遠赤外線(光)が壁、天井、家具や人に当たって分子を振動させて熱を発することで壁や天井などが暖かくなりそれに接している空気が熱伝導によって暖まる仕組みだと分かってきました。

 床暖房が室内の上下間で温度差が小さいのも壁や天井が空気よりも先に暖まるので空気の対流が起きにくくなることが関係しているようです。
 でも、床暖房は部屋の温度が安定するまでに数日を要しますし、エアコンやストーブの場合、普通は外出時や寝ているときは暖房しません。

 連続暖房なんて無駄だと言われそうですが、最近の家は熱が逃げにくいので連続暖房しても起床時や在宅時だけ暖房しても費用に大きな差はなく、起床時や帰宅時に暖まるまで待つことを考えれば体の負担は随分小さくなります。
 全室連続暖房は比較的小さい熱を連続的に与えることで室温を保つ方法ですから熱源を意識すること無く寒いと言うことを忘れてしまいます。

 寒く感じない家では室内を開放的に使えるしトイレや浴室も室温と同じなので風呂の入り方まで変わってきます。
 私は単純に冬でも暖かい家にしてほしいと言いましたが、建築士は一歩進んで室内から寒さを取り除き、室温を保てる環境を考えてくれていたように思います。

 部屋を暖めるだけならストーブやエアコンで良いわけですが、暖房費や住まい手の居住性や快適性まで考えると床暖房による全室連続暖房は富山の冬に合った暖房だと思えるようになってきました。
 熱源にヒートポンプが使えるようなったり、床暖房設置費用が安くなってきたことも追い風になっているように思います。

 富山では11月から翌年4月下旬までの5ヶ月間暖房します。暖房期間の居住性や快適性は住み心地に大きく影響します。
 私にはこうした知識が無く全て建築士が考えてくれたこと今になってやっと少しだけ分かってきてこうしたことを書いているわけですが、無垢の床材と床暖房は相性が悪いと誰かが言った一言であきらめないで技術者の話にも耳を傾けてほしいと思います。

気流を測る

2015.02.14.23:27

 先日、湿度30%でも気流が小さければ乾燥が気にならないと書きました。
 室内の気流は0.5m/sec以下が基準になっていますが、0.3m/secぐらいの気流があると肌で感じますし、注意していれば0.2m/secでも感じます。
 室内でどのくらいの気流があるのか調べてみることにしました。カタ温度計

 測定にはカタ温度計を使いました。
 気流値を出すまでにお湯の用意とか周囲の温度や温度が下がってくる時間を何度も測ったり、計算など面倒なところもありますが、わずかな気流でも測れて費用も安い方法です。

 測定日 2015/2/14
 屋外気温 3.5度
 室内気温 21.5度
 気流
  リビング 0.09m/sec
  階段 0.2m/sec

 階段はコールドドラフトが発生しやすい場所なのでもう少し気流があると思っていましたが5回測ってもほぼ同じ値になりました。
 床暖房は空気が乾燥すると言われますが、わが家ではコールドドラフト対策や連続暖房によって気流が小さくなることで湿度30%でも不快に感じること無く普通に生活しています。
感覚温度図表
 今回気流のことを調べているときに感覚温度図表を見つけました。
 温度、湿度と気流から感覚温度が分かる便利な表です。

 気流についてはコールドドラフトなど冷たい空気の流れをイメージしていましたが、同じ温湿度の環境でもわずかな気流によって感じ方が変わることが分かりました。
 特に寒いか寒くないかの境界付近での気流の影響は結構大きく、わずか1度の違いでも連続暖房していると費用は随分違ってきます。

 ただ、気流を小さくするために24間換気している家で換気を止めれば別の問題が起きるそうです。
 木の家の住まい手としては余計な心配をしないで快適で暖房費用が抑えられるのであれば冬の室内では気流は小さい方がいいみたいです。

冬の乾燥

2015.02.05.23:46

 床暖房は室内が乾燥すると言われます。
 確かに床暖房は室内で灯油などの炭化水素を燃やさないので水蒸気は発生しません。

 わが家でも室内湿度が30%を下回ることもありますが、喉が乾くとか肌がカサカサになると言ったことも無く普通に生活しています。
 先日建築士がお客さまから事務所で30%を指している湿度計を見てこんな湿度だったら肌は乾燥するし目も乾くのに本当に30%なのかと言われたそうです。

 建築物環境衛生管理基準には相対湿度40%~70%が基準値になっています。
 この基準値は大勢の方が利用する建物についての衛生基準を示しているのですが、住宅においても広く使われています。
 相対湿度が30%は低すぎるんじゃ無いかと思っていましたが、わが家は何の不都合も無いし、建築士の事務所を訪れたお客さまもご自宅の感覚と違うとおっしゃるし、建築士のご家族も相対湿度30%で不都合を感じることは無いと話してくれました。

 測定値に関しては複数の湿度計を入れ替えてもそれぞれ同じ値を示しますし、私と建築士が使っている湿度計も同じ機種ですから測定器の個体差による値の違いは小さいと思われます。

 私の家族と建築士のご家族だけが偶然同じ体感だったというのは考えにくいのですが、どうしたらそれを調べられるか考えていました。
 ある日、エアコンの前で昼食を食べていた職場の同僚が「ここで食べると目が乾く」とぼやいていました。
 このシーンがきっかけになって室内の気流の影響を調べれば何か分かるかもしれないと思って調べてみることにしました。アスマン通風乾湿計

 アスマン通風乾湿計は2本ある温度計の片方に巻いてあるガーゼを濡らしてガーゼが乾く際に気化熱を奪うことで起こる温度差から湿度を求める湿度計です。
 普通は通風させて測るのですが今回は通風無しと通風させたときの様子を観察することにしました。

 室内の湿度計が32%の時、アスマン通風乾湿計は35%(通風あり)を示していましたが、通風無しの場合は45%になりました。
 つまり室内の気流が小さいと体感湿度は高くなることになります。

 床暖房は室内の高低差による温度差が小さく対流も起きにくい暖房ですし、わが家も建築士のご自宅もコールドドラフトを抑える工夫をしているので室内の気流は小さいと思います。
 体にまとわりついている高い湿度の空気が気流で剥がされにくい環境が相対湿度30%でも不快に感じない要因になっているように思います。

 さらに、高い調湿性がある木の家で全室連続暖房していると湿度計が壊れているのかと思うくらい湿度の変化が小さくなります。
 湿度が安定していることも体感に影響しているように思います。
 今回は一般に適度と言われている40%以上の相対湿度から低めに少し外れていても加湿器を使うこと無く普通に生活できる様子が観察できたと思います。

 ここ二日間富山には珍しく日差しが出ることが多く、屋外湿度も30%ぐらいでした。
 屋外の気温が7度で相対湿度が30%の空気を21度ある室内に取り込むと相対湿度は12%になってしまいます。
 閉め切って生活しているとはいえ室内は屋外の環境に影響を受けます。

 屋外の湿度が下がれば室内の湿度も下がります。洗濯物や生活からでる水蒸気で加湿することで室内は30%になっているわけですが、同じ湿度でも気流が小さい環境では湿度が高く感じられるようです。

洗濯物の室内干し

2015.01.26.00:00

 わが家では室内で洗濯物がよく乾きます。
 室内干しによるイヤな臭いもしないし、シーツなど大きな物でも半日ぐらいで乾いてくれるので助かっています。洗濯物干しスペース

 冬は室内が乾燥しやすくなるので浴室を使い終わったら換気扇を使わずに出入り口の戸を開けっ放しにしたり、室内で洗濯物を干すようにしています。
 以前、冬の室内湿度変化が小さいことが気になって測定間隔を1時間から1分にして湿度変化を調べたことがありました。

 測定間隔が1時間では見えなかった室内の湿度変化を捉えられて天然乾燥材の表面では早い速度で水蒸気のやり取りがあることが分かりました。
 前回は主に食事の用意などキッチン主体で湿度変化を観察したので、今回は洗濯物の室内干しによる湿度変化を調べてみることにしました。

 洗濯前に洗濯物の重さを測り、脱水後にもう一度測ると差分から水分量が分かります。
 湿度データといつどれだけ干したかを組み合わせてグラフにしてみました。
洗濯物とリビング湿度
 洗濯物を干せば湿度も上がっているように見えますが、相変わらず全体的な変化は小さいように思います。
 グラフでは朝までに洗濯物から1,800g程度放湿されているのですがリビングの湿度は4%ぐらいしか上昇していません。

 容積絶対湿度で見ると1立方メートルに水蒸気が0.8gしか増えていないことになります。
 洗濯物を干している場所は吹き抜けがあるリビングですが、他の部屋とはっきり別れていないので容積は300立方メートルぐらいです。
 室内に放湿したのが1,800gと分かっているのですから短時間でも湿度が50%を超えてもおかしくないのですが、湿度変化は小さく抑えられています。

 湿度上昇が抑えられた分全てを木が保持しているわけでは無いと思いますし、大きく気密が損なわれているわけでも無いと思いますが、調湿性の高い木の家で加湿器を使うのは効率が悪いようです。
 また、洗濯物が乾く際に気化熱を奪うので室温も下がるはずなのですが、干している場所の容積が大きいとほとんど変化しません。

 物干しスペースもあるのですが、干すのもたたむのも同じ場所でできる現在の場所に落ち着いています。
 物干しスペース(室内)ではシーツなど大きなものを干す場所として使っています。
 しかし、室内の湿度変化が小さいと言っても水蒸気はそれなりに出ているし、屋外は寒い時期なので壁内結露が心配になります。

 建築士のご自宅でも様々な計測が行われています。
 先日、壁内温度と湿度データを見せていただきました。
 私は室内の温湿度から露点温度を調べる程度ですが、建築士は壁の中の断熱材より屋外側、室内では最も温度が下がる場所の温湿度を測っています。

 同時に耐力壁の温度も測っているので、壁内の露点温度と耐力壁の温度をリアルタイムに測っていることになります。
 しかも測っている場所が家の中でも結露しやすい場所というこだわりぶりです。
 寒かった日のデータを見ても耐力壁は露点温度に達していませんでしたし、思っていたよりも余裕がありました。

 木の家では室内で洗濯物を干しても壁内結露の心配が無いというと林業家から注意されそうですが、わが家では壁内結露を心配すること無く毎日洗濯物を室内で干しています。
 今回は洗濯物と湿度変化に注目してみましたが、生活しているとキッチンや浴室、洗濯物や人の活動などいろいろ水蒸気の発生源はあります。
 壁内結露の話になると理屈ではこうなるはず・・・が多いのですが、壁の中はこんな環境ですとリアルタイムに見せていただけると安心します。

 家内に今回のデータを見せると室内で洗濯物を干すのは家には良くないと聞いていたので心配していたが、もっと干しても大丈夫みたいって言い出しました。
 だんだんリビングに洗濯物が増えて物干し場で生活することにならないか心配ですが、洗濯物が室内でよく乾くのはこの時期は特にありがたいです。

サーモ・テープ

2014.11.28.00:48

 屋内外の温度や湿度を継続して測っていると季節ごとにどんな温度分布になるかが分かってきます。
 特に冬季に関しては外気温・室温・床上5㎝の3カ所を測るといろいろ役に立ちます。サーモ・テープ

 だからといって家中に温度計や湿度計を何台も設置するのは費用もかかるし、日常生活で何台も計器を見ながら生活するのは一部のマニア?ぐらいです。

 継続してデータを取るには記録機器やデータの加工分析といった作業が必要になりますが、日常生活で明日は寒くなりそうだからちょっと設定温度を上げておこうとか、今日は暖かくなりそうだから設定温度は少し下げようかといったことは普通にやっていることだと思います。

 その際、目安があれば便利ですし外気温と室内環境の関係を掴んでしまえば明日の予想最低気温だけで室内がどれだけの温度になるか分かるようになります。
 私は何台も測定機器を使いましたが、もっと簡単に使える物が無いか探していたところサーモ・テープなるものを見つけました。
 液晶を使った温度計なのですが、これが結構正確で反応も早く、シール付きなので貼り付けて使うことができます。
 価格は6枚で2,000円ぐらいですから一枚340円ぐらいです。

 これを柱や床、壁などに貼り付けるとその部分の温度が分かります。
 わが家では床、床上5㎝の柱、外壁に面している壁、外壁に面していない壁、窓の下の壁、天井に貼り付けています。

 サーモ・テープのいいところは温度表示を見れば誰でも分かる手軽さです。
 床暖房の設定温度は温水温度で調節すると思いますが、床の温度が把握できると外気温によって変化する床温度の関係も掴みやすくなります。

 ところで家の温熱環境が分かったところでそれが何の役に立つのでしょう。
 好奇心も大切ですがそれだけでは長続きはしないと思います。
 一番は快適さを損なわずに費用が減ることです。

 快適性を損なわずに費用が減る仕組みは意外と単純で、寒い日に温度を上げたまま暖かくなってもそのままにしていたものが、測ることで暖かくなったら温度を下げられるようになります。
 言い換えれば寒くないのに暖房していた分を減らしたわけですから快適性も損なわずにすむというわけです。

 1台の温度計よりも高さや場所の違いによる温度変化を把握した方が快適な室内温度を見つけやすくなります。
 できるだけ費用を抑えて手軽に家の温熱環境を観察するツールとしてサーモ・テープは使えそうに思います。

暖房と採暖

2014.11.25.19:21

 今年も冬がやってきました。3年ほど前までは一冬に2,000リットルの灯油を暖房だけに使っていましたが、床暖房の熱源機をヒートポンプに替えたり温水もエコキュートに替えたので灯油は使わなくなりました。
 暖房費用は大きく減りましたが、減った金額を施設整備積立金に振り替えているので私のこづかいが増えたわけではありません。

 さて、一口に暖房と言っても暖房方法は様々です。エアコン、石油ストーブ、ファンヒーター、ホット・カーペット、こたつ、床暖房、薪ストーブ、太陽からの日射などを組み合わせながら使っていると思います。
 暖房する時間や場所についても全室連続暖房、必要な場所に必要な時間だけの間欠暖房など人それそれの使い方があります。

 言葉の使い分けとして暖房は房(建物)を暖める方法と個別に暖を採って寒さをしのぐ採暖に別れるようです。
 諸外国では発電所などで発生する大量の熱をパイプラインで建物に引き込んで建物全体を暖める方法やオンドルなど台所で発生した熱を床下に引き込んで床を暖める暖房が発達した地域もあります。

 最近はオンドルと言っても温水床暖房方式が多いし、発電所以外で熱を作って供給しているところもありますが、いずれも建物を暖める暖房が主流です。
 日本は日射を取り入れられる比較的温暖な地域で発達してきた歴史があるので建物全体ではなく必要な場所を暖める採暖が発展してきたようです。

 建物を暖めるには建物から熱が逃げないように工夫する必要がありますが、やり過ぎると夏に困ります。
 最近の家は断熱性能が高いし、客間や二間続きの座敷が無いとか、部屋を細かく仕切らないで小さな家を大きく使う家が増えているように思います。

 家が小さく、断熱性能が高ければ建物を暖める仕様には有利なのですが、家に誰もいないときや寝ているときまで暖房するのはちょっと・・・という気持ちもあってなかなか連続暖房している家は少ないようです。
 測ってみると連続暖房しても間欠暖房しても費用にそれほど大きな差は無いのですが人の気持ちは簡単には変わらないので、住まい手自身が気がついて行動するしかないように感じています。

 連続暖房は帰宅時や起床時に暖かいだけじゃ無く、暖房の質が大きく違います。
 間欠暖房では冷えた室内を短時間で暖めるため暖かい(熱い)空気で部屋を暖めようとします。空気は暖まりますが壁や天井、家具は室温よりも冷たいとか上下間で温度差ができるのが普通です。
 連続暖房では壁や天井、家具も室温に近い温度になっているので体から熱が奪われる冷放射が少なくなりますが、時間がかかります。

 体感では連続暖房している室内は”やわらかい”感じがします。
 暖房がやわらかいと言われてもイマイチ分かりにくいかもしれませんが、室温と壁などに温度差が少ない環境で生活していると他との違いがよく分かるようになります。

 地域によってはエアコンで連続暖房が可能なところもありますが、富山ではエアコンだけで家中は暖かくならないので床暖房を使っています。
 ヒートポンプなど高効率の設備のおかげで費用を抑えながらやわらかい暖房の中で生活できるようになったわけですが、私は最初からこうしたことを知っていて家を建てたわけではありません。

 暖房の歴史や連続、間欠暖房という言葉も最近になって知りました。
 住み始めて8年も経ってようやく暖房について少しだけ考えることができるようになりました。

 私たち家族は何がいいのか分からないけど、この家は他とはどこか違うという中で生活してきました。
 それはそれでうれしいことなのですが、どこが違うのかちょっとでも分かると心が豊かになります。

熱容量

2014.11.11.09:35

 熱容量から単位容積当たり蓄えられる熱量が分かります。
 ある物質の熱容量が100だからと言って100をパッと当ててすぐに全部蓄えてくれるわけではありませんし、100だけ与えたら無駄なく全部蓄えてくれるわけでもありません。
 蓄えるまでに時間はかかるしロスもあるけど100は蓄えることができるということです。

 温熱環境の話しの中には熱伝導率、熱容量といった言葉がよく出てきます。
 分かってしまえばなぁんだ!ということになるのですが、私には熱が伝わる速度と溜められる量の違いと言われてもすぐには理解できませんでした。

 熱容量のことを知るきっかけになったのはコンクリート・ブロックに温度センサーを貼り付けて一日の温度変化を測っていたときのことです。
 外壁の温度が50度を超えるお昼過ぎになってもコンクリート・ブロックは40度ぐらいです。金属屋根の表面温度は70度を超えていたので、コンクリート・ブロックには断熱効果があるんだと思いました。

 ところが日が沈んでセンサーをしまおうと思ったとき外壁や屋根の表面温度は外気温と同じ程度まで下がっているのにコンクリート・ブロックは相変わらず40度ぐらいを保っていました。
 コンクリート・ブロックは金属よりも暖まりにくくて冷めにくいことが分かります。

 暖まりにくくて冷めにくい代表格が水です。熱容量で見ても他の物質よりも大きい値を持っています。
 熱容量が大きいと言うことは多くの熱を蓄えられるわけですから深夜電力で水を温めておいて日中に暖房として使えそうだと思いましたが、水は100度以上の温度にはならないので少し熱容量が小さくても煉瓦などを使って500度以上の温度まで夜中に暖めておく蓄熱暖房機の仕組みを理解することにもつながりました。

 また、継続して温度を測っていたことで温度推移と時間を関連づけることができるようになりました。
 屋外の最低気温は日の出前が多く太陽が出ると急に気温が上昇してきます。それに併せて外壁の温度が上昇していくわけですが、熱容量が大きいコンクリート・ブロックは冷たいままで温度が上昇し出すまで時間がかかっていました。

 わが家の場合外壁面の温度変化が室内の壁に影響を与えるまで2時間ぐらいかかります。熱容量が大きい壁では時間差が大きくなります。
 夏は暖まった壁の温度を早く下げることが寝苦しさの軽減につながるわけですが、熱容量が大きいと冷めるまでの時間も長くなります。

 富山では新築住宅で土壁仕様の家はほとんど見なくなりましたが、今でも普通に土壁の新築住宅が建っている地域もあります。
 富山の冬は晴れる日が少なく熱容量の大きな土壁で日射エネルギーを蓄えることに期待できませんし、冬のことを考えて窓が小さいことから暑い時期には熱容量が大きいとなかなか冷めないので室温も下がりにくいように思います。

 逆に冬でも日射が期待できて窓を大きくできる地域では大きな熱容量を活かして冬に暖かく夏は窓を開けて室内に熱がこもらないような生活ができます。

 土壁には圧倒的な湿気容量を誇る調湿性や室内の空気を浄化する作用もありますし、木との相性が良いことから家に使われ続けているわけですが、家が建つ地域の気候風土によって土壁の捉え方は少しずつ違うのかもしれません。

地域の違い

2014.10.25.14:46

 地域にあった家造りをしましょうと言われますが何をどのようにしたら地域に合うのか今ひとつはっきりしないところです。
 富山で生活していると南の方はもう少し暖かくて、北は寒そうだぐらいに捉えている程度です。
 ところが違う地域で生活している方の話しを聞いてみると想像もしていなかった話しがたくさん出てきます。

 太平洋側の冬は晴れる日が多いし乾燥しているので布団や洗濯物が乾いていいなと思って話しを聞いてみたら、とんでもない!肌は乾いてピリピリするし乾いた風は寒いのでしっかり防寒しないと風邪を引いてしまうとか、沖縄の台風は一日中、時には日をまたいで四方から風雨が吹き荒れると話してくれた方もいらっしゃいました。
 富山にいて方向を変えながら一日中暴風雨が吹き荒れるなんて想像もできません。

 これまでは他の地域の話しを聞くことが多かったのですが、最近他の地域で生まれ育った方が富山で家を建てる話しを聞く機会がありました。
 富山で家を建てることになって富山の建築士に相談をしたのですが、要望は内断熱してさらに外断熱もやって欲しいというのでそこまでしなくても・・・と説明するのに苦労したそうです。

 お施主さんは北海道で生まれ育ち気密と断熱は家造りには大切だと捉えている方で、富山で十分な仕様でも生まれ育った地域の仕様に強く影響を受けている話しだと感じました。

 以前に建築士が開いている勉強会のお手伝いに行ったときの話です。
 受講生が設計した家の図面から家から逃げていく熱量計算する場面で富山の受講生の皆さんはだいたい同じ値になるのに、寒い地域から参加した方は小さい値になっていました。
 設計段階で計算していなくても地域にあった家造りをしている方の計算結果を見て地域差を感じることができました。

 窓の大きさにも地域によって違いがあるようです。
 暖かい地域の窓は大きくて晴れていれば窓が開いている家が多いように感じます。
 少し前にわが家では夏の高温多湿時でも室内湿度が60%ぐらいだと書いたことがありました。木の家だったらどんな地域でどのような使い方をしても室内湿度が60%!では無くて雨天時や長雨の後など窓を閉めた状態で測った室内湿度が60%ぐらいという話しです。
 窓を開ければ屋外の影響を受けるし、窓を開けて生活する地域の方に窓を閉めたら・・・と言う話をしてもうまく伝わらないかもしれません。

 生活しながら地域の特徴を捉えることはとても難しいことですが、地域の特徴を掴んだ建築士が考えてくれた家は他とは一味違います。
 最近の設備は優秀だから・・・と設備で地域差を小さくするのもいいですが、せっかく家を建てるなら地域にあった住み心地のよい木の家が増えてくれたらいいと思います。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: