手刻みの魅力

2015.02.28.12:07

 最近の柱や梁は数値制御工作機で加工することが多いそうです。
 わが家は大工さんが手刻みしてくれた家ですが、手刻みのどこがいいのか尋ねられると困ることがあります。
 職人さんの手仕事だから、ぬくもりがあるからなどと言われることもありますが、今ひとつ分かりにくい話です。
番付する大工さん
 私も最初は建築士が手刻みすると言うから手刻みになったということで、私が手刻みして欲しいと言ったわけではありません。
 もちろん当時の私に手刻みの魅力など分かるはずもないし、時々建築士に手刻みについて尋ねることはありましたが、うーん何となく分かったような・・・といった感じでした。

 手刻みでは大工さんがどの材料をどこにどの向きで使うか決めて印(番付)をつけていきます。
 番付された材料を大工さんが加工するので時間も手間もかかります。
 建築士は私たち施主を番付に参加させてくれます。

 何も書いてない何本もある大きな梁をどこに使おうかどっちの向きで使おうかなど相談しながら決めてくれます。
 私に決めろと言われても困ってしまいますが、こっちがお腹でこっちが背だから・・・などと説明を聞きながら決めていきます。

 初めて見る番付なので決めると言うよりは舞い上がっておぉ~そういうことかなどと感心しっぱなしなのですが、何とか数本の梁が決まります。
 私たちは初めて見た番付に感動して上棟日を待ちわびるわけですが、大工さんはこの後が大変です。
 わが家でも柱だけで100本ぐらいありますし、他の梁も含めて全部の材料について番付しないといけません。

 写真は大工さんが柱の位置を書いた図面を見ながら目の前にあるたくさんの柱をこれから番付しようとしているところです。
 場所によって柱の長さも違うし、周囲から良く見える場所もあれば押し入れに使われる柱もあります。
 一本ずつ柱や梁を見ながらどこにどの向きで使うかこの作業で決まります。

 完成見学会でリビングのフシが少ない綺麗な柱に目がとまったお客さまに大工さんが説明する場面がありました。
 「この柱はたまたま見つけたのでこの場所にしました。」
・・・説明終了・・・

 思わずもうちょっと番付の話しもしてほしいと思いましたが、建築士も大工さんも細かい話しはしないので私たちは本当にたまたま偶然見つけたと思ってしまいます。
 偶然じゃ無くて全部見てこの場所がふさわしいと選んだことを説明して欲しいのですが、大工さんが言うとたまたま見つけたになってしまいます。

 真壁仕様の場合柱や梁は表に見えます。見えるから選ぶわけですし、時間が経って施主が手刻みの魅力について少し分かってきた頃、押し入れや収納に隠れている柱や梁を見るとちゃんと使い分けられていることが分かるようになります。
 私は木の良し悪しはフシの有る無し、大きさによると思っていましたが、同じ等級であってもフシの大小、一本の柱にあるフシの数などいろいろです。

 バラツキが少ない均一の材料としてや強度など数字だけで捉えればやり方も変わってくるのかもしれませんが、木材を適材適所に使い分けるために番付は大切だと思いますし、手刻みしないとやがて番付はできなくなってしまいます。
 柱や梁を壁で覆ってしまう大壁仕様ではこうしたことはどうでも良い話しかもしれません。

 しかし、天然乾燥材は色艶が時間と共に深まる大きな特徴があります。
 最近、いい色になってきた・・・30年経つ林業家のご自宅のことですが杉を知り尽くした林業家でさえ目にとまる色艶は一部のお金持ちだけのものではありません。
 手刻みについては仕口・継ぎ手の種類や大きさなどいろいろあるようですが、住まい手としては見えるところには気を使ってほしいところです。

 私は最初、天然乾燥材を手刻みするなんて高価で手が出ないと思いました。
 家造りでは建築設計事務所で家造りをすると設計料がかかるので費用が高くなるとか、天然乾燥材を手刻みするなんて高くて手が出ないなど今にしてみれば勝手な思い込みによる誤解だったことがいろいろあります。

 住み始めて8年半が経ち少しずつ色艶が変わってきたわが家を眺めながら、手刻みは手間と時間がかかりますが天然乾燥材の特徴を活かせる最善の方法だと思えるようになりました。

お天気情報

2015.02.25.19:37

 天気は毎日の生活に欠かすことができない情報で、天気情報に触れない日はほとんどありません。
 ところが報道される天気情報は大まかな情報です。
 一時雨や時々雨といわれてもいつ雨が降るのか、いつやむのか、ところによってと言われてもどこで雨が降るのかなど事前に分かれば負担は大きく減ります。

 これまではこうした情報を得るには気象会社にお金を払わないと得ることができませんでしたが、最近少し変わってきました。
 私が使っている方法を少し紹介します。

 週間天気予報の信頼度
 1 気象庁のホームページへ行きます。
 2 天気予報を選び、知りたい地域を選択すると、今日、明日、明後日までの天気予報が表示されます。
 3 同じ画面にある 地域時系列予報へ を選択すれば3時間ごとの気温や風、天気の移り変わりなどを見ることができます。
 4 一つ前に戻って今日、明日、明後日までの天気予報画面で 週間天気予報へ を選択すれば週間天気予報が出てきます。

 週間天気予報には3段階の信頼度があって信頼度Aであれば明日の予報並みと信頼できますが、信頼度Cは翌日には予報が変わるかもしれない情報ですから翌日もチェックした方が良さそうです。

 解析雨量・降水短時間予報
 アメダスでは雨の量は分かりますが、観測地点には距離があるので観測点に隙間ができます。
 また、レーダーでは雨粒を捉えているので雨が降っている場所を面で捉えられますがアメダスのように測っているわけでは無いので精度が落ちます。

 この両者のいいとこ取りをしたのが解析雨量・降水短時間予報です。
 降水短時間予報では今後6時間の1時間ごとの降水量分布予報が見られます。
(見たい場所あたりをクリックすれば地図が拡大します)

 高解像度降水ナウキャスト
 降水短時間予報は降水量分布を1km四方で解析したものですが、高解像度降水ナウキャストは250m解像度で降水の短時間予報が見られます。
 予報は1時間後までと短いのですが、予報間隔が5分と短く解像度も高いので降水短時間予報(6時間)と組み合わせれば知りたい場所でいつどのくらいの雨がいつまで続くのかが分かります。
 Yahoo!地図が高解像度降水ナウキャストに対応しているので、Yahoo!地図で見た方が見やすいかもしれません。

 XバンドMPレーダ雨量情報
 ここは気象庁では無くて国土交通省が提供している情報ですが、更新間隔は1分です。 XバンドMPレーダ雨量情報を見ながら外の様子を見ていると雨の強弱、降り始めや止むタイミングが合っていてなかなかおもしろいです。

 天気が気になる日が近づいてきたらまず週間予報で信頼度をチェック、雨が降りそうだったら事前に準備します。
 当日に降水短時間予報を見ることで6時間後までの様子を掴みます。
 雨が強くなってきたら一時的かこのまま続くのかを高解像度降水ナウキャストやXバンドMPレーダなどをチェックします。

 こうした情報は屋外イベントの中止判断にも使えそうです。
 また、狭い場所で強い雨が何時間も続く場合、何か起きる前に水と電池ぐらいの買い物だったらできそうです。

 少し前まではこうした細かい情報はお金を払わないと知ることができませんでしたが、紹介した情報は全部タダです。
 結構使える情報がタダで提供されているので必要なとき使ってみると便利かもしれません。

気流を測る

2015.02.14.23:27

 先日、湿度30%でも気流が小さければ乾燥が気にならないと書きました。
 室内の気流は0.5m/sec以下が基準になっていますが、0.3m/secぐらいの気流があると肌で感じますし、注意していれば0.2m/secでも感じます。
 室内でどのくらいの気流があるのか調べてみることにしました。カタ温度計

 測定にはカタ温度計を使いました。
 気流値を出すまでにお湯の用意とか周囲の温度や温度が下がってくる時間を何度も測ったり、計算など面倒なところもありますが、わずかな気流でも測れて費用も安い方法です。

 測定日 2015/2/14
 屋外気温 3.5度
 室内気温 21.5度
 気流
  リビング 0.09m/sec
  階段 0.2m/sec

 階段はコールドドラフトが発生しやすい場所なのでもう少し気流があると思っていましたが5回測ってもほぼ同じ値になりました。
 床暖房は空気が乾燥すると言われますが、わが家ではコールドドラフト対策や連続暖房によって気流が小さくなることで湿度30%でも不快に感じること無く普通に生活しています。
感覚温度図表
 今回気流のことを調べているときに感覚温度図表を見つけました。
 温度、湿度と気流から感覚温度が分かる便利な表です。

 気流についてはコールドドラフトなど冷たい空気の流れをイメージしていましたが、同じ温湿度の環境でもわずかな気流によって感じ方が変わることが分かりました。
 特に寒いか寒くないかの境界付近での気流の影響は結構大きく、わずか1度の違いでも連続暖房していると費用は随分違ってきます。

 ただ、気流を小さくするために24間換気している家で換気を止めれば別の問題が起きるそうです。
 木の家の住まい手としては余計な心配をしないで快適で暖房費用が抑えられるのであれば冬の室内では気流は小さい方がいいみたいです。

節水

2015.02.08.03:33

 水道料金と言えば使った水の量に対してかかる料金ですが、下水道に接続していると下水道料金もかかってきます。
 富山市では上下水道料金の請求は二ヶ月に一度です。
 わが家も下水道に接続しているので水道と下水道の料金がかかってくるわけですが、4万円(二ヶ月分)を超えてくるときもあって負担になっていました。
節水シャワー
 下水道料金は水道使用量によって決まるので水道使用量を抑えればいいのは分かっているのですが、何にどれだけ使っているのか分からないし、余計なことを言えば夫婦げんかになるだけです。

 洗濯で節水すると汚れ落ちが悪くなるし、キッチンで水を使いすぎているのでは・・・といえばその影響は何倍にもなって私に跳ね返ってきそうです。
 トイレの水を節水しようと貯水タンクに物を沈めて節水する方法もあるみたいですが、ある程度の水を流さないとトイレが詰まる原因になるそうです。
 有効な対策が見つからないまま水道料金を払い続けていました。

 そんなある日、建築士から浴室シャワーヘッドに節水効果が期待できるものがあると教えてもらいました。
 シャワーヘッドを交換しただけで・・・と思いましたが、建築士が言うので期待できるかもと軽い気持ちで交換しました。
 節水シャワーヘッドの紹介と書きましたが、建築士はわが家のシャワーヘッドと交換出来る製品型番まで教えてくれました。

 値段は3,000円ぐらいだったと思います。
 節水と言うことは出湯量が減るわけですから家族から使用感が変わることで何か文句を言ってくるかと心配しましたが、交換前と使用感の違いは感じなかったようです。
 シャワーを撮影してみると空気が混じった水流がシャワー口を出てすぐに水玉になっている様子が分かります。

 シャワーヘッド交換から2ヶ月経って請求を見ると使用量は減っていましたが、季節要因やたまたまということもあるのでもう少し様子を見ることにしました。
 半年経って比べてみると確かに水道使用量は減っています。
 お湯の使用量(ほとんどシャワー分)は分かっているのでシャワーヘッド交換によってどれだけ節水したのか調べてみると30%節水していることが分かりました。

 全体の水道使用量 100立方メートル
 浴室でのお湯の使用量 45立方メートル
 45立方メートルを30%削減 32立法メートル
 節水シャワー交換後の水道使用量 87立方メートル(100-45+32=87)

 水道料金は使用量が多くなるほど単価が高くなる設定なので単価が変わるあたりで使用量を減らすと料金は随分違ってきます。
 そういえば設備屋さんが女性、とくに年頃の女性がいる家ではお湯の使用量が多いと話してくれたことがありました。
 シャワーヘッド交換による30%の節水によってわが家では年間4万円ぐらい水道料金が減りそうです。
 水道使用量は家々でバラバラなのでシャワーヘッド交換による水道料金削減額もそれぞれ違うと思います。

 私の持論みたいな話しですが、こうした費用削減策によって減った費用は家計から切り離すことが大切だと思っています。
 私はサラリーマンなので急に大きな出費を求められてもすぐには対応ができません。
 これまで何とか払ってきた費用が減ったわけですからその分を積立に振り替え、時間を味方につけて少しずつ準備するやり方で急な出費に備えようとしています。

 建築士は「メンテナンスフリーの家など存在しない」と言います。
 やがて必ず必要になるのが分かっている費用だったら早めに積立を始めた方が負担は小さくなります。
 節水で減った金額は家のメンテナンス費用になりそうです。

冬の乾燥

2015.02.05.23:46

 床暖房は室内が乾燥すると言われます。
 確かに床暖房は室内で灯油などの炭化水素を燃やさないので水蒸気は発生しません。

 わが家でも室内湿度が30%を下回ることもありますが、喉が乾くとか肌がカサカサになると言ったことも無く普通に生活しています。
 先日建築士がお客さまから事務所で30%を指している湿度計を見てこんな湿度だったら肌は乾燥するし目も乾くのに本当に30%なのかと言われたそうです。

 建築物環境衛生管理基準には相対湿度40%~70%が基準値になっています。
 この基準値は大勢の方が利用する建物についての衛生基準を示しているのですが、住宅においても広く使われています。
 相対湿度が30%は低すぎるんじゃ無いかと思っていましたが、わが家は何の不都合も無いし、建築士の事務所を訪れたお客さまもご自宅の感覚と違うとおっしゃるし、建築士のご家族も相対湿度30%で不都合を感じることは無いと話してくれました。

 測定値に関しては複数の湿度計を入れ替えてもそれぞれ同じ値を示しますし、私と建築士が使っている湿度計も同じ機種ですから測定器の個体差による値の違いは小さいと思われます。

 私の家族と建築士のご家族だけが偶然同じ体感だったというのは考えにくいのですが、どうしたらそれを調べられるか考えていました。
 ある日、エアコンの前で昼食を食べていた職場の同僚が「ここで食べると目が乾く」とぼやいていました。
 このシーンがきっかけになって室内の気流の影響を調べれば何か分かるかもしれないと思って調べてみることにしました。アスマン通風乾湿計

 アスマン通風乾湿計は2本ある温度計の片方に巻いてあるガーゼを濡らしてガーゼが乾く際に気化熱を奪うことで起こる温度差から湿度を求める湿度計です。
 普通は通風させて測るのですが今回は通風無しと通風させたときの様子を観察することにしました。

 室内の湿度計が32%の時、アスマン通風乾湿計は35%(通風あり)を示していましたが、通風無しの場合は45%になりました。
 つまり室内の気流が小さいと体感湿度は高くなることになります。

 床暖房は室内の高低差による温度差が小さく対流も起きにくい暖房ですし、わが家も建築士のご自宅もコールドドラフトを抑える工夫をしているので室内の気流は小さいと思います。
 体にまとわりついている高い湿度の空気が気流で剥がされにくい環境が相対湿度30%でも不快に感じない要因になっているように思います。

 さらに、高い調湿性がある木の家で全室連続暖房していると湿度計が壊れているのかと思うくらい湿度の変化が小さくなります。
 湿度が安定していることも体感に影響しているように思います。
 今回は一般に適度と言われている40%以上の相対湿度から低めに少し外れていても加湿器を使うこと無く普通に生活できる様子が観察できたと思います。

 ここ二日間富山には珍しく日差しが出ることが多く、屋外湿度も30%ぐらいでした。
 屋外の気温が7度で相対湿度が30%の空気を21度ある室内に取り込むと相対湿度は12%になってしまいます。
 閉め切って生活しているとはいえ室内は屋外の環境に影響を受けます。

 屋外の湿度が下がれば室内の湿度も下がります。洗濯物や生活からでる水蒸気で加湿することで室内は30%になっているわけですが、同じ湿度でも気流が小さい環境では湿度が高く感じられるようです。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: