設計料の誤解

2015.06.30.09:55

 設計事務所で家造りをすると設計料がかかる。
 これは確かです。私も建築士に設計料を払いました。
 設計事務所は設計料がかかるので費用負担が大きくなると言われていますが、この話しには誤解があるように思います。

 一般的に価格には原価、人件費、管理費や利益などが含まれています。
 家を建てるには材料が必要ですし、大工さんや職人さんの人件費も必要です。
 設計事務所に支払う設計料も原価や人件費の中に入ります。

 管理費には直接家を建てるには関わらないが必要とされる費用、例えば営業や経理、住宅展示場の建設維持費用などが入ります。
 最後に会社の利益が入って私たちが支払う価格になります。

 最近はネットでハウスメーカーの決算を見ることができるようになり、おおよその原価、管理費、利益額を調べることができます。
 私の場合は複数社の入札をへて施工者が決まりました。
 入札の際は図面の家を施工するのにいくらで請け負うか競うことになります。

 各社の見積もりを見ると家本体にかかる費用はだいたい同じでした。
 同じ図面なわけですから材料費や人件費が大きく違うことは考えにくいことです。
 入札額の違いは管理費や利益といった家本体以外にかかる費用の違いのように思います。

 大手ハウスメーカーの決算書を見てみるとおおむね管理費と利益の占める割合は価格の25%ぐらいでした。
 家本体が2,000万円だとするとこの家の価格は2,500万円ぐらいになります。
 おおよその仕組みが分かってくると値引きの捉え方も少し変わってきます。

 管理費や利益を省くことはできないし、材料費は別の物に置き換えることはできますが値引きが難しい物です。
 残るは家本体と言うことになりますが、同じ図面を誰が施工しても同じような費用がかかる部分は大工さんや職人さんの人件費に関わるところですから施主にしてみれば最も落としたくない部分が値引きの対象になりやすいことになってしまいます。

 大工さんや職人さんは施主のために精一杯できることをしようとしてくれます。
 罪は無いにしても施主の価格を抑えようとする意識が大工さんや職人さんのやる気をそいでいることになっているとしたら残念なことです。

 ハウスメーカーは管理費や利益を得ることで便利で安心して家が建てられるようにしてくれます。
 一方、設計事務所ではハウスメーカーと同じ価格であれば家本体に使える金額が増えることに期待ができます。

 以前にハウスメーカー幹部の方と話す機会がありました。
 天然乾燥材や手刻みの特徴、調湿のこともよくご存じでしたが、値段設定の問題があると話してくれたことがありました。
 価格設定を2,500万円にするには家を2,000万円で作る必要があるわけですし、施主からクレームが出にくい作り方などメーカーとしての苦労話を聞くことができました。

 私はハウスメーカーや工務店、設計事務所のどれがいいとか悪いとかという話では無く施主がそれぞれの特徴を知って選べばそれで良いと思っています。
 設計事務所で家造りをすると設計料がかかるという言葉だけで判断しないで設計事務所では何をしているのか、ハウスメーカーと何が違うのかについても関心を持ってほしいと思います。

暑熱順化

2015.06.17.05:19

 暑熱順化とは少しずつ体を暑さに順応させることを言います。
 冬の20度と夏の20度では同じ気温でも体感は大きく違いますし、暑さに慣れた体とそうで無い体では体感も違います。

 木の家に住み始めて9年、最初の数年は建築士が木の家はエアコンいらずというのでエアコンは設置していませんでした。
 ところがやっぱり暑いと言うことでエアコンを設置したのですが、2年ほど使って後は年に数回使う程度でほとんど使わなくなってしまいました。
 節約のために無理をしてエアコンを控えているわけでは無く、扇風機で十分に過ごせるからエアコンの使用頻度が減っていきました。

 ところが知人にわが家の話しをするとこんな暑いときにエアコンを使わないなんて・・・そこまでして節電しなくてもいいんじゃないと言われてしまいます。
 暑さに順応した人がまだ順応していない人に体感温度について話をしてもうまく伝わらないように思います。

 ブログでは木の家の高い調湿性能や湿度と体感温度などについて書いてきました。
 高い調湿性能がある木の家では湿度が下がることで体感温度も低くなるとか、室内に風が通ることで体にまとわりついている水蒸気が振り払われることで体感温度が下がること。また、1㎡当たり1,000ワットのエネルギーがある夏の日射を室内に取り入れないことも室温上昇を抑えるには有効と言ったことなど実験や観察を通じて分かってきました。

 しかし、夏の暑さを乗り切る最も有効な方法は体が暑さに慣れることで湿度が下がるとか風が通るとか日射を取り込まないなどと言った方法は補助的なものに過ぎません。
 暑さに慣れろというと我慢と気合いで夏を乗り切れと聞こえるかもしれませんが、私たちの体にははじめから暑さに慣れる仕組みが備わっていますし、動物が夏毛に生え替わるように何もしなくても時期が来たら自然に暑熱順化が起きて夏の暑さに体が慣れようとしてくれます。

 暑い夏にはエアコンは当たり前だと思っていた私ですが、木の家で9年生活してみて暑熱順化した体と湿度が下がる木の家の高い調湿効果や窓の外での日射遮蔽と風通しを組み合わせることで暑い夏が勝手に過ぎていくように感じています。
 すばらしいの住まい手が何年もかかって気がつく前にわが家にははじめから暑い夏を乗り切るための仕組みが備わっていて、住まい手の暑熱順化を妨げていなかったことだと思っています。

 夏を涼しく過ごす話しはいろいろ言われますが、暑熱順化した体で暑い夏を迎えることは夏を健康に過ごす有効な手段だと思います。

そらまめ君

2015.06.07.11:23

 そらまめ君は環境省大気汚染物質広域監視システムのことで全国の大気汚染状況について24時間情報提供しているところです。そらまめ君
 PM2.5(微小粒子状物質)や光化学オキシダントなど7種類を風向風速、気温などと一緒に各地のデータが提供されています。
 富山でPM2.5についての注意喚起されることは少ないのですが、地域によってはPM2.5の値が高くなっていることもあります。

 中国の観測点を見てみると信じられない数字が年間を通じて出ています。
北京のPM2.5
 中国の大気汚染についてニュースを見ることはありますが、データを周囲と比較してみると深刻さが伝わってきます。

 富山のデータを見ていると年間を通じて低い値で推移しているのですが、高い値が出るときは季節や天気に関係しているように思います。
黄砂データ
 また、黄砂についても環境省から情報提供があります。
 黄砂と聞いて洗濯物や自家用車が汚れる程度にしか捉えていませんでしたが、小さな砂にいろいろな物がペタペタくっついているので汚染物質として捉えられているようです。

 ちょっと前まではこうした情報を見ても「へぇ~昨日は値が高かったんだぁ」ぐらいでしたが、最近は明日は値が高くなりそうだと何となく感じられるようになってきました。何となく感じたことをそらまめ君を見て確かめるといったことを繰り返すことでニュースに頼らなくても自ら感じられるようになってきたように思います。

 空気清浄機を連続運転するよりも汚染物質が高いときだけ窓を閉める生活の方が手軽だと思うのですが、盛り上がるのは機械の性能や使い方の話しです。
 測定値だけ見ていても生活は変わりませんが、日常生活と関連づけてデータを見ていれば生活が変わってきます。

 富山では西にすじ雲が流れていれば天気は下り坂傾向だと言われています。
 目に見えない汚染物質もそらまめ君などを使って観察を続ければ、明日の空気は汚れているかもなどと予想ができます。

 明日の空気は汚そうだと言った翌日、家内が出かける前の子供たちにマスクを手渡す場面がありました。
 中国の汚染に比べれば富山はずっと綺麗な方なのですが、空気が汚いという言葉に反応した母親の行動でした。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: