2016 TS伐採ツアー

2016.11.23.19:46

 TSウッドハウス秋の伐採ツアーに行ってきました。
 何度か参加している伐採ツアーですが毎回新しい発見や気づきがある見所満載のツアーです。森の断面
 伐採というと森の中というイメージですが、今回の現場は山が開けた見晴らしのよい場所での体験でした。
 現場に着くと伐採する木を残して周囲の他の木はすでに片付けられていたので森の断面を見ることができました。
 枝が光を受けられる谷側に伸びている様子がよく分かります。

 何度も見ている伐採シーンですが今回は特別なことがありました。
 私は木が倒れていく様子をなるべく広い視野で見たいので少し高いところに行きます。
 山は傾斜しているので高いところに行くと近くの見るのとは少し違った様子で見ることができます。

 伐採が始まり木が傾いていくときに参加者の「お、おっ、お、お、お・・・」が倒れた瞬間のドシン!という音と振動の直後に「おぉおおおおぉ~」と喚声に変わっていきました。
 たまたま私は向いの山もきれいに見える開けた場所に立っていたのでドシンと言う音の後に何かが顔に当たるように感じました。

 ”こだま”です。
 こだまというとヤッホーなどかけ声をイメージしますが、今回のは木が倒れたときのドシンと言う重低音が向かいの山から私に跳ね返ってきました。
 伐採シーンは何度も見ていますが伐採時のこだまは初めて体験しました。
 毎回大きな木を選んで迫力のある伐採を体験させてくれるTS伐採ツアーならではの出来事でした。

 さて、伐採ツアーには必ずモデルハウスや製材所の見学が入っています。順番は最初にモデルハウス、次に木の家に多く使われる板の製材所、その次に構造材を製材している製材所を見学して翌日伐採を体験します。
 この順番は私たちの家ができる順番をさかのぼるように並んでいます。

 モデルハウスでは木の使い方などを説明してくれますし、製材所ではそれがどうやって作られているのかを見ることができます。
 そして山に行って木が木材に変わる場面を見学します。
 林業家に見学の順番について尋ねたわけではありませんが、見学する順番にも私たちに伝えたい意味があるように感じています。
林業家とお施主さん
 TS伐採ツアーには毎回これから家を建てる方が自分たちの家に使われる木を見に来られます。
 今回も林業家が「この木が棟木で・・・」と天然乾燥中の木を紹介する場面がありました。

 屋外で乾燥させるので木の表面がねずみ色に変色していますがちゃんと製材してきれいな木が届くことなど自分たちの家になる木を前にして木の説明をしてくれます。
 この間私たちはギャラリーとしてその場面を見ているのですが何ともうらやましいシーンです。

 ツアーで伐採するのは80年から100年ぐらい経った大きくて林業家が世代を超えて育ててきた大切な木です。
 時間がかかることについては木はすぐには大きくならないからという程度にしか考えていませんでしたが、もっと大切な意味があるように思います。

 リサイクルと言うとペットボトルなど何かを回収して再生するというイメージが強いと思います。
 私たちが消費する資源は地球上にある物を使っているので使えば減っていきます。
 リサイクルすることで減る速度は遅くなりますが、資源は減っていきます。

 ところが木は水素や酸素(水)、炭素(二酸化炭素)を原料に太陽という地球外のエネルギーを使ってできています。
 木が使われなくなって燃やされたり腐ったりしても水素や酸素、炭素は消えることは無く太陽エネルギーを使って木に戻すことができるので、使うバランスと育てるバランスが崩れない限り再生可能でいくら使っても減らない資源です。

 地球上にある資源を減りにくくするサイクルを小さな循環、太陽エネルギーを使って木材という資源を消費しながら空いた場所に植林して新たに生み出すサイクルを大きな循環と言うそうです。
 伐採ツアーでは大きな循環の中で長い時間を経て再生した木材資源を私たちが消費する転換点を見ているのかもしれません。

 木は再生可能な唯一の生物資源ですが再生するまで時間がかかります。
 山の木を使ったらまた植えることやそれが使えるまで時間がかかるので長く家を使い続けることはどちらも大きな循環を支える大切なことだと思います。

 木の家の特徴については五感に優しいとか調湿性があるなどいろいろ言われますが、木の家の中はベタベタしなくて冷たくないというのが私の感想です。
 床が冷たければスリッパ、ベタつくのであれば除湿器でもいいのですが、何もしなくてもよい木の家は生き物である私たちと相性はよいと思います。
 相性がよいから長く使い続けられるのかなと思っています。

暖かい部屋

2016.11.06.16:16

 11月に入って朝晩寒い日が増えてきました。
 わが家でもすでに暖房しています。
 わが家の暖房は全室連続暖房なので来年の4月下旬まで暖房を止めることはありません。

 外出時や寝ているときまで暖房するのは無駄では無いかと言われたこともありますが、3年以上室内外の温熱環境や灯油や電力量を調べる中で全室連続暖房がわが家に合った暖房方法と言うことで続けています。

 最初の頃は間欠暖房では冷えた室内を暖めるために大きなエネルギーが必要なので連続暖房の方が費用が安いと考えていました。
 調べてみると連続、間欠どちらでも同じ程度のエネルギーを消費することが分かって費用が同じであれば帰宅時や起床時に部屋が寒くない方が快適だろうと思うようになりました。

 主暖房にはエアコンやファンヒーターを使う温風暖房と床暖房や薪ストーブなどの輻射熱暖房が多く使われています。
 温風、輻射熱どちらの暖房方法でも室温が適温なら快適だろうと思っていましたが、観察を続ける中で両者には暖かさの感じ方に大きな違いがあることに気がつきました。
 人の皮膚には痛みや圧力、温感を感じる感覚器官が手だけでも15,000を超えるほどたくさんあってそれらの情報を瞬時に総合的に判断して様々な感覚を得ています。

 また、皮膚にはセンサー以外にも汗を出す器官もあって汗が乾く時に気化熱が奪われる仕組みや、湿度が高い方が暖かく感じるなどと言ったことも利用しています。
 こうしたことが分かってくると私たちが暖かいとか寒いと感じるのは温度も重要だけど皮膚表面の環境が影響しているように思います。

 そこでまず、同じ室温でも気流の強弱で感じ方が違うのでは無いかと言うことに注目しました。
 皮膚表面の湿度は室内よりも高いので風があると肌にまとわりついている高い湿度層がはぎ取られてしまいます。
 片方に濡らしたガーゼを巻いた2本の棒温度計で実験してみると風が無い状態では温度計の値に大きな開きはありませんが、エアコンの風が当たる所で測ると濡れたガーゼを巻いた温度計だけ温度が下がっていきます。
 夏の暑さを和らげるには効果的ですが、冬の室内は気流が小さい方がよいみたいです。

 さらに、室温は場所や高さによって同じ室内でも違いがあります。
 特に高さによる違いが大きく足下が寒くなりがちです。石油ファンヒータを使っている部屋の温度を測ったときには室温が24度の時、天井から1センチぐらいの層が42度もあり、だからネズミは天井にいるんだと感心したこともありました。

 床暖房では床の温度が一番高くなりますが高さによる温度の違いが小さいこと、放射によって空気よりも先に壁や天井が暖まるので室温の割に体感温度が高くなる傾向があります。

 細かい話では連続暖房すると壁の中も温度が下がりにくくなるとか、真壁のわが家では柱や梁といった構造材が表に出ているので柱・梁が壁の中にある大壁仕様よりも木の表面温度が高くなることで調湿効果が活性化すると言った家本体や室内環境にも貢献していることも分かってきました。

 住み始めた当初からわが家では全室連続暖房をしています。
 暖房方法に違いはありませんが、使い方はずいぶん変わったと思います。
 今では住み始めた当初に支払っていた暖房費用の半分以下で当時よりも高い室温の中で生活しています。
 太陽光発電など自給するエネルギーは無く、必要なエネルギーは買っていますがそれでも大きく費用を減らすことができました。

 もちろん私一人でここまでできるはずも無く建築士が頻繁に相談に乗ってくれたのが大きいのですが、自宅を継続して測ったり観察を続けることは費用削減もさることながら暖かい家で快適に過ごす方法を学ぶ上でも役に立っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: