Q値と住み心地

2017.03.17.19:35

 前回、Q値やUa値、気密性能で使われるC値といった値も参考になりますが、人が生活していてどのように感じるかといった視点は値以上に住み心地には影響がありますと書きました。

 ハウスメーカーのパンフレットには当たり前のようにQ値やUa値などが載っていますし値が小さいことをアピールする会社もあります。
 建物から逃げていく熱量を知ることは光熱費の削減など実生活に恩恵がありますから是非知っておきたい値です。

 しかし、値が小さいほど住み心地が良くなるかというとそうでもなさそうです。
 室内に温度計を置いて室温を調節している方は多いと思います。
 普通は一台か二台の温度計で室温をみているわけですが、人間の体には手のひらだけでも15,000個を超えるセンサーがあって体中のセンサーから集まる大量のデータを総合的に判断してリアルタイムに環境を把握しています。

 室内にある温度計が適温になっていても足下が寒かったり頭だけ熱いなどといったことも普通に感じることができます。
 Q値やUa値が小さいと言うことは熱が逃げにくいと言うことですが、家全体から逃げていく熱量しか分かりません。

 室内には暖房機付近の暖かい場所もあれば壁や窓付近などまだ暖まっていない場所もあります。室内に温度差があると暖かい空気は上昇し代わりに冷たい空気が降りてくるといった対流が起きます。
 家全体から逃げていく熱量が同じでも室内に大きな温度差あると住まい手は常に冷たい空気にさらされて生活することになります。カタ温度計

 また、エアコンやファンヒーターなどの温風暖房では室内に気流ができます。エアコンから出ている風などたいしたことが無いと思っていましたが、測ってみるとエアコンから5メートルぐらい離れていても0.2m/sぐらいの気流がありました。

 普段の生活で人が感じることができる気流は0.3m/sぐらいからと言われていますが、気をつけていれば0.2m/sでも感じることができます。(写真はカタ温度計による気流測定の様子)

 1秒間に20㎝程度という微弱な風というか空気の動きでも肌にまとわりついている高湿度の空気には影響があるようです。
 私たちの体からは常に水蒸気が出ています。おなかと背中に温湿度センサーを貼り付け服を着て数時間観察してみると肌の表面付近温度は30度から32度ぐらいで湿度は室内よりも常に高くなっていました。

 暖房期間中わが家の平均的な気流は0.1m/s以下なのでじっとしていても気流を感じることが無く、湿度計が30%ぐらいでも乾燥しているようには感じません。
 一般に快適と言われる湿度は40%以上と言われていますが、室内の気流によってはもっと湿度が低くても体にまとわりついている湿度の高い空気によって感じ方が違ってくるようです。ガーゼを巻いた温度計

 棒温度計を二本用意して片方だけ濡れたガーゼを巻いて弱い風を当ててみるとガーゼを巻いていない温度計は風が当たっても温度は変化しませんが、ちょっとした風でも濡れたガーゼを巻いた温度計の値は変化することからも気流が小さいと肌周辺の高湿度の空気がはぎ取られにくくなるように思います。

 熱損失といったエネルギーの話と人が室内環境をどう感じるかと言ったことは分けて考えた方が良さそうです。

冷暖房費の捉え方

2017.03.05.11:16

 光熱費で話題に出るのは夏の電気料金が多く冬の暖房費は夏ほど話題が出ないように感じています。
 わが家で夏と冬の冷暖房費を比べてみると夏は1.2万円、冬は6万円ぐらいですから暖房費の方が負担が大きいのですが世の中はなぜか冷房費の話題が多いようです。

 大都市は太平洋側に多く冬は日射も期待できる比較的温暖な地域にお住まいの方が多いこと、冷房はほとんどエアコンが使われているのでエネルギーが電力に集中します。
 暖房は灯油や電気(ヒートポンプやストーブ)、薪ストーブなど暖房に必要なエネルギーが分散しています。

 また、電力会社によって電気料金が違うことも影響しているように思います。
 わが家では毎年1月の電気料金が最も大きくなります。試しに東京電力の料金メニューの中からわが家にお得なメニューを選んで電気料金がいくらになるのか調べてみました。

 北陸電力からの1月分の請求は27,276円(消費税や各種割引、燃料再調達価格、再生可能エネルギー固定価格買取制度などを含みます)、東京電力では42,253円になりました。
 北陸電力は電気料金が安いとは聞いていましたが実際に調べてみるとずいぶん違うことに驚きました。

 同じだけ消費しても東京電力と北陸電力では無視できないほど費用に差がありますからエアコンの費用面での捉え方も地域によって違うように思います。
 先ほどの27,276円の中には消費税や諸費用、給湯・照明や家電分も含んでいますから暖房分で計算してみると15,000円ぐらいになります。

 全室連続暖房で暖房費用が15,000円と言ってもなかなか信じてくれませんが、わが家では最も暖房費用が大きくなる1月でもこのくらいです。
 灯油が暖房の熱源だったころに1月に消費した量は500リットルぐらいだったので今は当時の半分以下の費用で当時よりも暖かい室内で生活しています。

 これをやれば一気に解決!では無くて建築士と一緒に細かいことや体で感じたことをコツコツ積み重ねてここまできました。
 私たちは寒い時期には暖かさを室内に取り入れることを考えます。
 暖かさを室内に取り入れるだけじゃ無くて室内から寒さを取り除く工夫も同時に進めることが費用負担軽減には有効だと分かってきました。

 夏はエアコンなどで暑さを取り除くことに注目されますが、夏は室内に暑さを取り入れない工夫も結構有効です。
 夏の暑さを室内に取り入れないとか冬の寒さを室内から取り除く視点はこれまであまり注目されてきませんでしたがこれから家を考えられる方は取り入れていただきたいことだと思います。

 取り入れろといわれても具体的にどうしたらいいのか分かりませんし、誰に相談したらいいのかも分かりません。
 家を建てるにはまず誰に相談するか決めなくてはいけません。その時に暑さ寒さを取り除く工夫について尋ねてみるのもいいかもしれません。

 わが家でもコールド・ドラフト気流、全室床暖房、間取りといったテーマでいくつもの工夫がされています。

 それぞれの工夫がバランス良く整うことで費用を抑えながら暖かい室内で快適に過ごすことができるようになりました。
 Q値やUa値、気密性能で使われるC値といった値も参考になりますが、人が生活していてどのように感じるかといった視点は値以上に住み心地には影響があります。

 家の仕様が決まる新築や改築時には是非、地域の環境も含めて理屈を理解した建築士に相談してほしいと思います。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: