スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調湿剤

2018.04.26.07:33

 以前、洗濯物の室内干しについて観察したことがありました。
 木の家では洗濯物がよく乾くというと木が洗濯物の乾燥に関して一手に担っていると思われてしまいますが、洗濯物の乾燥は容積や温度も重要な要素なので木の家では必ず洗濯物がよく乾くという話ではありません。

 しかし、同じ部屋の大きさ(容積)、室温下で一般的な家と比べると木の家の方が早く洗濯物が乾くことは確かなようです。
 木には高い調湿性能があることはよく知られていますが、木の他にもシリカゲル(乾燥剤)や木炭、多孔質セラミックスなど調湿するものはたくさんあります。

 ところがシリカゲルにはA型・B型といった種類があり調湿の特性に大きな違いがあります。
 木炭も燃料以外に調湿剤として名前がよく出てきますが、木炭はある程度吸湿すると湿潤状態を保持してしまうこともあるので調湿する容積に対応できる量が大切だと言われています。

 エコカラットは多孔質セラミックスです。
 高い調湿性能を持つ建材として人気がありますが、こうした建材に人気があるということは家本体に調湿能力が乏しい裏返しですし、結構いいお値段がします。
 木の家では柱・梁・天井・床といった家本体の構造材に調湿もする木が表に見えるように使われています。

 また、一般的に調湿剤と言われている物のほとんどは無機質系と言われるものです。
 無機質系は多孔質の構造に膨大なミクロの孔があってそこに湿気や有害物質などが吸着するというものです。

 木も似たような仕組みなのですが、無機質系は湿気が吸着しても表面積がほとんど変化しないのに対して木は吸着する面積が大きく変化します。
 カラカラに乾いていた木に湿気がくっつくとくっついた分だけ面積が広がります。そしてまた別の湿気がくっつくとまた広がるということが起きています。

 含水率が30%ぐらいになるまで湿気がくっつくと面積は広がっていきます。
 無垢の床は隙間が空くといったことも施工時よりも乾いた室内環境に置かれた床材から水が抜けて縮んだためです。

 さらに杉は水が大好きなので水との相性がよく吸湿する速度がとても早い特徴があります。
 杉床の裸足が気持ちよいのは足から出ている水蒸気を床が素早く吸着することで得られる感覚です。

 洗濯物の室内干しを観察したときには室内の湿度計にはほとんど変化が見られなかったので湿度計の測定間隔を1時間から1分に変えてみたところ洗濯物を干し始めた時には湿度は上昇するがその後元に戻ってしまうので1時間間隔では変化を捉えられていなかったと言うこともありました。

 湿度計が元に戻ると言うことは洗濯物によって室内の水蒸気が急に増えると木が素早く吸湿してしまうということなんだろうと思います。毎日の細かく頻繁な湿度変化には素早く反応していますが、季節の変化にはゆっくりですが素直な反応をします。

 吸湿する速度が早いだけではありません。
 木の家では構造材が表に見えるように使われているので厚みがあります。
 漆喰や珪藻土も調湿性があるのですが壁の仕上げ材として使われていることが多く厚みは5ミリ以下の場合が多いと思います。

 漆喰や珪藻土の調湿性を活かすためには下地が大切だと言われています。
 仕上げは漆喰でも下地がプラスターボードでは漆喰の調湿性を十分に活かせていないかもしれません。

 木の家では構造材が表に見えるので木の含水率が家の中で30%になることはありませんし、30年や50年ぐらい経ったら調湿しなくなると言うこともありません。調湿のために何かメンテナンスや費用が必要になるわけでもありません。

スポンサーサイト

温度による変化

2018.04.22.20:55

 犬は季節によって毛が生え替わります。
 生え替わらない種類もいますがイヌ科の動物は本来、2種類の毛を持つ二重毛です。
 固くて太い上毛と綿毛のような下毛を使い分けることで季節による温度差が大きい地域に適応しています。

 近所の犬を見ていても夏はすっきりした姿なのに冬はモコモコですし、春から夏にかけて下毛がごっそり抜ける頃はちょっとかっこ悪い姿をしています。
 最近は家族と室内で過ごす犬が増えてきたため本来なら夏や冬の前に毛が生え替わるのに時期がずれてしまう犬が目立つようになったそうです。

 犬にしてみたら寒くないわけですから下毛が少なくても問題なさそうですが、生え替わるタイミングを計っている何かが季節の変化と合わなくなっていることが考えられます。

 桜(ソメイヨシノ)は2月1日から一日の平均気温累計が400度か一日の最高気温累計が600度に達すると開花すると言われています。
 実際の開花日を調べてみると2月1日からの平均気温累計が400度を超える年もあります。
 桜の開花は概ね400度や600度法則で予想ができますが、前年の夏にできて休眠状態にある花芽が休眠から覚めるための条件も必要です。(2度から12度の気温のもとで800時間過ごす)

 先ほどは2月1日から累積していましたが休眠状態から覚める休眠打破を2月1日と仮定しているので実際の開花が少しずれてしまうようです。
 わが家の近所にも桜並木があるので自宅の気象計データを使って調べてみると休眠打破から平均気温累計400度でぴったり開花しておりました。

 私達も冬と夏では同じ温度でも体感が大きく違います。
 夏に向かって暑熱純化することで暑い夏に体が備えようするわけですが、暑熱純化していない体では夏の暑さはきついと思います。
 また、気温が25度を超えてくると私たちは汗をかいて体温を調節します。

 汗を出している汗腺という器官は赤ちゃんと成人では数はほとんど同じですが生まれてから2度夏を過ごすと働く汗腺の数が決まってしまいます。
 幼い子供は大量の汗をかきます。体は小さいけど大人と同じ数の汗腺があるわけですから見ているとかわいそうになるくらいです。

 ところが働く汗腺の数が決まる重要な時期に汗をかくタイミングを邪魔するとその後の体温調節に影響が出てしまうかもしれません。
 私たちの体は汗で体温調節がうまくいかなくなると代謝を押さえて体温そのものを下げてしまいます。

 マウスで体温が下がることで影響を受けやすい臓器を調べたところ卵巣や精巣といった命をつなぐ臓器で影響が見られたそうです。マウスの実験で人での研究ではないのですが、昔から低体温は万病の元と言われていますから汗をかくことは私たちが思っている以上に重要なことなのかもしれません。


待つ価値

2018.04.06.10:38

 最近は家づくりを思い立ってから新居に入居するまでがとても早くなりました。
 知人は初めて住宅展示場に出向いてから112日後には新しい家に入居したと言っていたのでどうしたらそんなに早く家が出来上がるのかと不思議に思うくらいです。

 わが家の場合は設計事務所に出向いて建築士に「家づくりの相談をしたいのですがどうしたらいいのでしょうか」と最初の一言から入居までを数えると20ヶ月かかりました。
 入居までが長いとか短いといった時間だけを取り上げることにはあまり意味がないと思いますが、入居までの1年8ヶ月は今の私たち家族には貴重な時間だったと思っています。

 当初はどのような家にするのか決まったら建てるのに半年ぐらいかかるだろうから1年も見ておけばいいだろうと何の根拠もない予想をしていました。
 実際には建坪40坪ぐらいのわが家では基礎工事が始まってから95日ですから概ね3ヶ月で家が出来上がりました。
 では後の1年以上は何をしていたのでしょうか。

 間取りや設備機器の選定など決めなくてはいけないことは比較的早い段階で決まってしまいます。
 全部が一気に決まるわけではないので少しずつ決めていくわけですがそれでも施工前にかかる時間としては長い方だと思います。
 施工前にかかった時間で最も長い時間は待っている時間です。
 待つと言えば建築士や施工者が忙しくて順番を待っているのかと思いますが、それとは違うことのために時間が必要ということでした。

 一つ目はわが家は葉枯らし天然乾燥した木の家なので山に立っていた木を伐採して製材し家に使える材料にするまでには時間がかかります。
 時間をかけなくても人工乾燥すれば早く木から水が抜けて家に使えるような木材になるのですが天然乾燥は短いものでも3ヶ月、普通は半年以上屋外で木から自然に水が抜けていくまで待つ方法です。

 もう一つは木が木材として使えるまでの時間を利用して家について学ぶ、つまりほとんど何も知らない施主が建築士や林業家から木のこと、家のことについて話を聞くことで木の家についての理解が深まります。
 理解が深まると言っても言われてすぐに理解できるわけではないので分かった!と思えるようになるには時間が必要です。

 これから家を建てようとしている方に普通は半年もすれば家が出来上がるのに、木の家は倍以上の時間がかかると言えばそれだけで敬遠されるかもしれません。

 しかし、木の家に時間がかかることには施工者がサボっているとか忙しくて順番待ちといった施主から見て消極的な理由ではなくて私たち施主側の利益につながる積極的な訳があることを知ってほしいと思います。
 施主の利益には正しい知識、上手な家の使い方、これが最も大切だと思いますが家を長く使い続けようとする住まい手の意識などがあげられます。

 家づくりの最中にはこうしたことを考えたり気づいたりすることなく夢中で走り抜けた時間だったと思います。
 あれから11年経ってみると家が出来上がるまでに学んだことが私たちの家に対する思いの基本になっているように感じています。

 家が出来上がるまでの時間だけ比べれば倍以上かかったわけですが、今思えばたった1年ぐらいの違いしかありません。
 たった1年ぐらいの違いでしたが私たち家族は葉枯らし天然乾燥材の特徴でもある色艶が美しく安らぎを与えてくれる家で日常を送っています。

 天然乾燥の木の家なんて高価だろうとよく言われるのですが、林業家や建築士は「普通のサラリーマンが建てられない一部の金持ちの家では意味がない」と言いますし、普通のサラリーマンである私もそう思います。

 何かと忙しく慌ただしいご時世ですが木の家が建つまでの待ち時間には大きな価値があります。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。