柱の割れ目

2011.08.11.00:21

 我が家の柱や梁には背割り加工がしてありませんから乾燥割れが入っています。
 どうして柱が割れるのかについては以前書きましたが、今回は割れ目について別の見方で書いてみます。

 先日見せてもらった柱に乾燥割れが入っていたのですが、この割れ目が斜めに入っていたので林業家にどうして斜めに乾燥割れが入るのか尋ねてみました。

 木は畑のような平坦地に生えているわけではなく山の斜面に何十年も立っています。
 すると木が倒れないように抵抗する力が一方向に偏ることになります。

 柱にするときは丸太を立方体に製材するわけですが30メートルもある木が倒れないように湾曲していることが多く見た目に真っ直ぐでも乾燥割れの時点で真っ直ぐに割れないことも多いそうです。

 でも我が家の柱は全部真っ直ぐに割れているけど・・・って言ったら
 そういう木を選んでるからって答えてくれました。

 斜めに割れるような木は梁として使うことが多いそうです。
 確かに柱は真っ直ぐに割れていますが、梁は湾曲して割れていますしアーチが上を向くように使われています。

 大黒柱として使える真っ直ぐな木となると2,000本伐採して10本あるかないかぐらいだそうです。
 割合は0.5%以下・・・。

 こんな話を聞いて我が家の大黒柱に一直線に入っている割れ目を見ると別の意味で割れ目が気になります。

 天然乾燥された柱や梁は大きな割れ目があってもそんなことはどうでもよく思えるほど色艶が美しいと何度か書いていますが、天然乾燥材に真っ直ぐ入っている割れ目そのものに林業家のプロの選別が見えていることがうれしく思います。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: