風の通り道

2012.06.28.11:23

 わが家では午後になると北北西の方角から風がふいてきます。
 卓越風と言われるもので、午後に2階の北西側と1階の東側の窓を開けると吹き抜けを通って家の中を風が流れていきます。

 幸い北西も東も午後は日差しが入らない窓なので重宝していますが、居住空間の窓は日常的に開け閉めするので風が入ってくる窓と出て行く窓は分かっていましたがロフトに付いている小さな窓は風が出て行くのか入ってくるのかはっきりしていませんでした。

 先日ロフトを掃除したときにホコリが小さな窓から出ていくのに気がついて注意深く見てみました。
 ロフトの窓はルーバー式なので網戸は室内側に付いています。
 網戸は室内側にホコリがたくさん付いていることから外に出て行く風が多いことが分かりました。

 窓に付いている黒っぽい小さな網目状のものは虫除けグッズです、家族が小さな虫が入ってくると言うのでつけてみましたが効果があるのかどうかは分かりません。
 ロフトの窓はよほど強い雨風で無い限り暑い時期は開けっ放しにしてありますが、熱い空気がこの窓から外へ逃げていることは確かなようです。

 高い位置に窓があっても手が届かなくては掃除に困りますがロフトにある窓なので手が届きやすいのも都合が良いです。
 家の中の風というと平面で考えがちですが高さに注目して高い位置から熱い空気を逃がす工夫も大事なように思います。

 屋根に月見窓を設けることも出来ますが雨が気になるし、屋根は単純な方が良いと思っています。
 わが家の場合けらば(切妻屋根の妻側の端部)は壁から1mぐらい出ているのと窓は屋根に近い部分に設けられているので少しぐらいの雨だったら室内に入ってくることはありません。

 おかげでずっと窓を開けておけるわけですが、今年はロフト窓を開けている部屋と開けていない部屋に温度センサーを置いていますので暑い時期にどうなるか見てみようと思っています。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: