スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度計

2012.08.29.22:07

 温度計を置いている家は多いと思います。
 特に暑くなる夏や冬の朝などは温度計を見る機会は増えると思います。
温度計
 これから温度計を置こうと思う方には室内と室外の両方表示できるものをお勧めします。
 私はA&D社のデジタル温度計 AD-5661を使っていますが、屋外センサーと表示部はワイヤレスなので配線の必要はありません。

 屋外センサーは雨がかからず直射日光が当たらない場所に設置します。
 わが家では屋外センサーから2階表示部までの距離が20メートルぐらいありますが電波は途切れること無く届いていますし、電池は半年以上持ちます。
 値段は7,000円ぐらいです。

 温度計をリビングや寝室に置いておくと朝起きたときや出かける前にちらっと目が行きます。
 最初はただ見るだけですがそのうち行動が伴うようになって来ます。

 室内に入れる風は温度が低い方がいいのですが、どっちが低いかなど温度計が無いと分かりません。
 暑い日が続くとエアコンを使うことが多くなりますが、日が暮れて外の温度が下がればエアコンを止めて窓を開けるといったことも出来るようになります。

 電気代を削減するための節約行動みたいですが、閉め切っているよりも風が通った方が気持ちがいいので自然に窓を開けられるようになります。

 温度差が分かるようになると1階と2階の温度差などいろいろ知りたくなりますが、調べ出すと温度計が増えていきますのでご注意下さい。
 何台あっても家族も含めて一番目にするのは内外温度計です。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。