クマバチの巣

2012.10.13.11:30

 クマバチはハナバチとも呼ばれ雄には針が無く、雌を手で掴むなどしなければ刺されるようなことはありません。
 また、見た目や羽音も大きいのでどう猛な蜂と誤解されることが多いそうですが、単独で生活するとてもおとなしい蜂です。
クマバチの巣 クマバチは木に穴を開けて巣作りをしますが、英名をCarpenter beeといい直訳すると大工バチと言うことになります。雌が木をかじって穴を開けるので、木の家をかじられるとガリガリとかじる音がはっきり分かります。

 クマバチだと分からなければ何の音かとても気になると思います。
 開けた巣穴で子供と一緒に越冬するので何世代にもわたって同じ巣穴を使う習性もあるそうです。

 先日富山県民会館分館の内山邸に行ってきたのですが築150年の家の外を見ていてクマバチの巣穴を見つけました。
 クマバチは単独行動なので集団でやってきて軒先を穴だらけにすることはありませんが築150年にもなると結構巣穴があります。

 もちろん文化財なので巣穴はパテで埋めてありますが数にすると50カ所以上はあると思います。
 ところが奇妙なことに2段ある屋根の下側の軒先だけにしか巣穴がありません。

 また、内山邸は敷地3,759坪、建物だけで440坪ある大きなお屋敷なのですが巣があるのは一カ所に集中しています。
 どんな要因で一カ所に集中してしかも二段屋根の下側にしか巣を作らないのかは分かりませんが、クマバチにとって巣作りの条件が揃っている場所なんだろうと思います。

 クマバチは何世代も同じ巣穴を使うので150年前に最初に巣作りをした蜂の子孫が巣穴を埋められてもまた近くに巣作りをしてきた跡かもと勝手に思いが巡ります。

 職員の方は毎年1つか2つ穴を開けられるので困っていると話してくれましたが、わが家では7年経っても巣穴が1つ、かじり跡が1つで済んでいます。

comment

Secret

コメントありがとうございます。

2015.08.05.08:34

 紅玉国光さんコメントありがとうございます。
 クマバチとクマンバチ(スズメバチ)は名前が似ているので誤解されやすいようです。
 クマバチを初めて見る方は姿や羽音が大きいので怖くなったり、家に穴まで開けていることを知れば即駆除になってしまうようです。
 クマバチの他にはツチバチも家に巣を作りますが、アシナガバチやスズメバチの巣とは見た目が違うのでハチの巣だと分かりにくいかもしれません。ツバメも家に巣作りしますがこちらは糞で玄関などを汚したりしますが、ツバメの巣だからということでクマバチなどよりも寛大に扱われているように感じています。
 クマバチのことを知っている木の家の住まい手に話しを聞くと「あぁ、アレね。」と軽く受け流されます。
 また、クマバチが巣作りできる本物の木の家であることを自慢する人もいます。
 知らなければ怖いので駆除してしまう気持ちも分かりますが、危害を加えないことを知っている方の多くは放置しているようです。
 内山邸ではクマバチの巣は近くに固まってみられますが、金岡邸には家のあちらこちらに散見してみられます。
 家や周囲の環境が違うとクマバチの巣の作り方も変わるのかもしれません。

内山邸で熊蜂の生態観察ですか!!

2015.08.03.01:15

春から初夏に掛けて、木造家屋の軒先(垂木等が好まれるそうです)に巣を作ったり、雄蜂が縄張飛翔で空中停止(ホバーリング)している姿を見掛けたり……。
熊蜂(クマンバチと云うと胡蜂類の異名になるので注意;木材で巣を作る所は同じですが……)は古くから、我が国の人里の環境を上手く利用して生きて来た昆虫の一つだと思います。
不当に怖がられる(異名のせいで胡蜂と混同され、攻撃的で危険な蜂だと誤解されている)事もありますが、南瓜等の受粉に役立っている(躑躅等の深い花からは孔を開けて盗蜜するので嫌われる事もある:英名の大工蜂の通り、木を齧る為の大顎が発達していて、顔が幅広く、逆に舌は短いので、浅くて間口の広い花からしか吸蜜出来ないのです)益虫ですし、
世間ではもっと、木造家屋の同居人(?)として、寛容に扱って下さいとお願いしたいところです(苦笑)。
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: