白熱電球の熱利用

2013.02.25.19:21

 白熱電球は寿命が短くて消費電力も大きいので販売禁止になっている国も出てきました。身の回りでも新築や増改築した家でLED照明を見る機会は増えてきたように思います。
 白熱電球を照明機能だけに絞ってLEDと比較するとLEDの方が優れていると思います。

 白熱電球はもともと電気を一旦熱に変換してその一部を光として使っているので消費する電力の9割以上は熱になります。
 LEDは光を発する仕組みが白熱電球と全く違うので光を取り出すのであればLEDの方が優れていると言うことになっているみたいです。

 法律で白熱電球を制限する国までありますが、わが家は白熱電球を使い続けています。 白熱電球の光には可視光がバランスよく含まれていて色が綺麗に見える特徴があります。演色評価数で言うと白熱電球はRa100で最も太陽光に近く自然な光に近い人工光と言うことになります。

 白熱電球には可視光線がバランスよく含まれていますが、太陽光と同じ見え方になるわけではありません。
 色温度で言うと太陽光は5,500K(ケルビン)、白熱電球は2,800Kぐらいです。
 色温度が高いと白っぽく、低いと赤く見える傾向があります。

 デジタルカメラで色温度の設定を間違えると写真が青っぽくなったりすることがあります。
 人間は色順応と言って色を感じる細胞が色温度による見え方の違いを調節してるのでどの光でも同じような色に見えます。
 太陽光に近い見え方をする人工の光には色評価用の蛍光灯があります。(色温度5,500K、演色評価数Ra99)

 さて、白熱電球には可視光が自然の光に近いバランスで含まれていることで演色性が高いことは分かりましたがもう一つ見逃せないものがあります。
 欧州では白熱電球を暖房機器として販売するところがあるそうです。

 白熱電球は消費する電力の9割以上が熱に変わるので、白熱電球を照明として使うことを制限されている国では暖房器具という苦しい言い訳のようなことまでやってみるみたいです。
 電球メーカーが暖房器具として売り出すことにはいろいろ意見があると思いますが、確かに暖房効果があります。

 60Wのミニ・クリプトン球が6個ある部屋では300Wの電気ストーブと同じ程度の熱を発していることになります。
 6畳の部屋に300Wの電気ストーブは小さすぎますが室温を2,3℃上げる程度だったら十分です。
 もともと18℃ぐらいある部屋で白熱電球を使うと20~21℃になるので常時20℃に保つよりも在室中だけ温度を上げられるという点では都合が良いわけです。

 ここ数日寒い日が続いて室温が17℃台になることがありました。
 床暖房の温水温度は35℃のままなので室温が下がったわけですが、在室している部屋の温度は20℃以上を保っていたので調べてみたら白熱電球が熱源になっていたと言うことです。

 わが家では白熱電球自体の消費電力は大きいが暖房費を抑える効果が期待できること、天然乾燥材の一番の特徴である色艶が綺麗に見えるなどと言ったことも白熱電球を使い続ける要因になっています。

 夏は暑いのではと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、夏のくらし方は冬とは違うので白熱電球が問題になることはありません。
 ただ寿命は短いのでミニ・クリプトン球の買い置きは必要だと思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: