プロの仕事

2013.03.26.11:05

 プロのウェブ・デザイナーにホームページは少し勉強すれば素人でも作られるのようになったことで影響がありますかと尋ねたことがあります。
 今考えれば随分失礼なことを聞いたと思いますが、にこやかにこんなことを話してくれました。

 「写真の世界にもプロカメラマンがいるけど、みなさんが撮影する写真とは少し違いますよね。」
 確かにプロカメラマンが撮影する写真は撮影している範囲だったり、光の捉え方だったり、撮影対象の選び方も違います。
 機材を揃えることで解決できることもあれば、技術や経験で対応している部分もあります。

 私たちが撮った一枚の写真だけ見ればプロカメラマンとの差は分かりにくいかもしれませんが、プロが撮った写真を私たちが真似をしようとすると簡単にはいきません。
 プロが作ったホームページには顧客の要望を取り入れるだけじゃ無く、顧客がまだ気がついていない潜在的なニーズまで考えて作っているそうです。

 出来上がったホームページを見て「そうそう、こんなのが欲しかったんだ!」と出来上がったものを見て自分が欲しかったものに気がついてくれればうれしいと話してくれました。
 また、技術や手法に酔って何でもかんでも最先端というのはホームページを見た方に理解が得られないこともあり、少し先!は大事なことなんだそうです。

 そして何年か毎に少し先を更新していくことで見る人に受け入れられる先端のホームページを提供していくという話もして下さいました。

 私は建築士に昔の家みたいに建具を外したら一室になるような開放的な家に住みたいと話しました。
 出来上がった家は単に開放的な間取りになっているだけじゃ無く、柱や梁、床の色が揃っていたり、梁の高さが揃っていたりします。

 建築士は私が思い描いていた家以上、想像もしていなかった家を設計してくれました。
 見た目だけじゃ無く、構造、温熱環境、町並みとの関わり合いなどどの切り口を見ても普段私が目にしているものとは一味違います。

 少し前に建築士の仕事を尋ねたときに「どこまで考えられるか。」と一言だけ話してくれたことがあります。
 東日本大震災以降、温熱環境について関心が高くなってきたように思います。
 わが家は築7年、設計から8年以上経っていますがこれから基準となる温熱環境をすでに満たしています。

 建築基準法の第一条には”この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り・・・・”と書かれています。最低の基準は法律で定めるけど、どのような建物にするかは技術者が判断することになっているそうです。

 仕様が高くなれば費用がかさむように感じてしまいますが、建築士は家全体のことを考えてくれるので思い込まずに相談してみることをお勧めします。
 新しい家が思い通りになったと満足するのもいいですが、住み始めてから分かる住み心地の良さを味わうのも楽しいです。


comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: