気温ヒストグラム

2013.08.16.12:55

 今年は西側窓に偽装網を使って窓の外で日射遮蔽しています。
 ニュースで最高気温が6年ぶりに更新したなどと例年よりも暑い夏が強調されていますが、わが家ではまだエアコンを使っていません。日中
 我慢しているわけではなくエアコンを使うほど暑くないだけですが、何かあるかもと思って調べてみました。

 グラフは外気温を9時~20時、21時~8時の二つに分けて1時間ごとに何度が何回出現したか調べたものです。(富山県富山市)
 わが家では風があれば33℃でも普通に生活が出来ます。(風が無ければ扇風機を使う)
 日中の平均気温 30.6℃
 標準偏差 2.5
(夜間・早朝の平均気温 25.5℃、標準偏差 1.8)

 このことから期間中普通に生活できる気温が全体の8割あって残り2割についても2℃程度温度を下げることができればほとんど普通に生活できる範囲に収まることが分かります。夜間・早朝

 偽装網を使って窓の外で日射遮蔽することで2℃ほど障子の温度を下げることが出来ました。
 室内の温度上昇が抑えられることで普通に生活できる範囲に納まっていると考えられます。

 夏を過ごすのに何も標準偏差まで持ち出さなくても良さそうですが、今回たまたま日射遮蔽で下がった温度(2℃)と普通に生活できる範囲から外れている温度が同じぐらいだったことが分かったのでちょっとうれしいです。

 暑いなどという感覚は人によって捉え方が違います。私たち家族も住み始めた当初は建築士の言うことを聞き入れてエアコン無しの生活をしていました。
 ところがやっぱり暑いと言うことで数年後エアコンを設置しました。
 木の家に住み始めて7年、住み慣れてきて夏を乗り切る別の方法に気がついてほとんどエアコンを使わなくなってしまいました。

 エアコンがあるんだから使ったらいいのにと言われそうですが、使わなくても普通に過ごせるし、ちょっとぐらい暑い方が体調は良いです。
 建築士は木の家はエアコンいらずと言いますが、住まい手が木の家に慣れるのには少し時間がかかるのかもしれません。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: