積立貯金

2014.05.29.10:49

 5月にエコ・キュートを入れました。
 エコ・キュートはヒートポンプを熱源にした給湯器です。電気温水器と言えば夜間・深夜電力を利用した給湯器ですが、ヒートポンプを使うので電気温水器よりも使う電力は三分の一ぐらいになります。

 また、電気料金についても今まで24時間同じ料金単価だったのが夜間帯が三分の一になるので暖房期間中は特に助かります。
 今回の設備更新によってわが家から灯油タンクが無くなりました。
 8年ぐらい前までは灯油やボイラーが安かったので給湯や暖房機の熱源に灯油を使っていたわけですが、これだけ灯油の値段が上がってくるとさすがに堪えます。

 設備更新は一度にはできないので最初は暖房の熱源機の交換、2年ほど間をおいて給湯器を替えました。
 ヒートポンプを使えば灯油よりも暖房費を大きく落とせるのは分かっていても、ヒートポンプを導入する費用が問題になりますし、増して給湯器まで更新するなんて難しいと言われそうです。

 私は普通のサラリーマンですし子供にもお金がかかるので、生活に余裕があるわけではありません。
 費用は設備整備積立金を取り崩しました。
 住み始めた当初、建築士からメンテナンスフリーの家なんて存在せず手入れは必要だと言われていました。
 いつか資金が必要になるのが分かっているのであれば早いほうが積立額は小さくて済みます。

 1万円の積立などできるわけも無く最初はもっと小さい金額から始めました。
 窓に置いた衝立の工夫によって費用が減った分を増額したりしながらコツコツ続けていたわけです。
 給与が振り込まれる口座からの自動積立はとても便利な商品だと思います。

 最初は少なかった積立金ですが5年も続けているとそこそこの金額になります。
 これに灯油削減策効果で2年間で10万円加わりました。
 この積立金を使って暖房の熱源機をヒートポンプに替えたところ、今度は年間10万円ほど暖房費が減ったのでこれも設備整備積立金に振り向けました。

 今回エコ・キュートへの設備更新によって大きく費用が減るのでその分はまた積立金を増額することになりそうです。
 住み始めた当初は新規の積立など難しい状況だったのですが、建築士が手入れは必要になるというので早いほうがいいと思って少ない金額でしたがとりあえず設備整備積立金という名目で積立を始めました。

 振り返って見ると金額は別にして積立を始めたことが大きかったように思います。
 灯油使用量や室温を継続して測っていたことでいくら費用が減ったのか分かっていたので減った分を積立金増額という形で家計から切り離していたことも役に立ちました。

 私は特別のことをしたわけでは無く整備更新時に備えて時間を味方につけてコツコツ積立を続けていただけです。
 最初は小さかった積立金ですが建築士に相談しながら費用対効果の高い設備更新ができたことでだんだん積立金が増えていきました。
 給湯・暖房費は減りましたが我慢や節約で減らしたわけでは無く、設備導入資金も生活費から捻り出したわけではありません。

 きっかけは建築士が話してくれた「メンテナンスフリーの家など存在しない」という一言だったように思います。
 新築であれば最新の設備機器が導入できますが、まだまだ灯油を使っている家は多いと思います。
 建築士は新築や増改築の専門家のように捉えられていますが、技術を持った建築士であれば温熱環境についても話しを聞いてくれるし、それによる費用削減効果は意外に大きいように感じています。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: