床が鳴る

2010.12.23.00:20

 季節の変わり目になると床が鳴ります、床鳴りなんて絶対イヤだ!と思う人は多いと思います。
 床が鳴るといっても嫌な床鳴りと気にならない床鳴りがあります。IMG_0458.jpg

 嫌な床鳴りは同じところでキュキュと鳴りますが、気にならない床鳴りは家中どこでも鳴ります。

 天然乾燥した杉の床は調湿するので季節の変わり目になると動く量が大きくなって隣り合う板同士の接触面が変わりますから床を歩くと音が鳴ります。

 秋から冬にかけて乾燥して床に隙間が空いてくると音は目立ってきますが、春から夏に向かって湿度が上がってくる頃はほとんど音はしないみたいです。

 でも、同じところで二度、三度踏んでも音はしないので別に気になりませんし、床が鳴り出すことで季節の変わり目を感じられるようになります。

 言葉で床が鳴ると書くと誤解を招くかもしれませんが、杉の床は鳴る!と思い込む前に気にならない床鳴りもあることを知って欲しいと思います。
 隙間は空くし、傷もつきやすいし、床まで鳴ることがわかっていても杉の床はお勧めできます。

 そんなこと、どうでもよく思えるほど裸足の生活が気持ちいいからです。
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: