皮膚の表面温度

2014.07.25.00:02

 人間の体温は36.5度ぐらいですが、暑くも寒くも感じない時の皮膚表面温度は33度~34度ぐらいだそうです。
 腕に熱電対を貼り付けて測ってみることにしました。皮膚表面温度

 熱電対を測定面から浮かないようにピタッと貼り付けるのですが、汗をかくので普通のテープではすぐに剥がれてしまいます。
 最近の絆創膏は良くできていて通気性を保ちながらしっかり貼り付いてくれます。

 1分毎に測ってみたところ暑くも寒くも感じない室温では皮膚表面温度は33度前半で推移していました。
 途中で扇風機で0.8m/s(弱)の風を当ててみたところ0.8度程度皮膚表面温度が下がりました。

 乾湿計は2本の棒温度計を使って湿ったガーゼを巻いた温度計と室温との温度差から湿度を測ります。
 温度差が大きいほど湿度は低くなります。
 また、風が無いと温度計の周りに蒸発したばかりの水蒸気がまとわりつくので弱い風を当てることで湿ったガーゼを巻いた温度計の温度は少し下がります。

 湿ったガーゼを私たちの体に例えると周囲の湿度が低いほど体感温度が下がっていきますし、風に当たることでさらに体感温度を下げることができます。
 梅雨時期の屋外では終日湿度が90%を超えることがありますが、もうすぐ梅雨が明けそうな7月下旬になってもわが家では室内湿度は60%を超えない範囲で収まっています。

 エアコンで室温を下げることも必要ですが、体が持っている体温調節機能をうまく活用する方法も使えそうです。
 室温33度で普通に生活できると言うと相当我慢しているように見えるかもしませんが、風に当たっていると33度はちょっと暑い程度です。

 先日、近所の人が1時間ほど室内で話した後リビングにある温度計を見て本当に32度なのと尋ねてきました。
 涼しくは無いけど暑くも無いのでもう少し室温が低いと感じていたようですが、標準温度計で測っても32度ですよと言うと意外な顔つきでした。

 私たちは気温を見て暑いと表現しますが、暑いと言う感覚は皮膚の表面温度に影響を受けているのかもしれません。
 測ることで蒸し暑い時期に湿度を下げてくれる木の家の効果は結構大きいことが分かってきました。

 蒸し暑い夏こそ木の家に入ってほしいと思いますし、室内で風に当たってどうして木の家が日本の夏に向いているのかご自身で体感していただきたいと思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: