湿度が高い日

2014.08.30.09:05

 8月も下旬に入ったのに梅雨のような天気が多いように思います。
 木の家は高い調湿性のおかげで屋外の激しい湿度変化を緩やかにしてくれます。高い湿度が続いた日
 屋外湿度を測っていると日中に30%台まで下がることがあっても、夜には90%ぐらいになることは珍しくなく昼と夜の湿度変化が激しいことが分かります。

 8月25、26日は一日を通して湿度が高い日が続きました。
 屋外では二日間を通して日中でも80%以上の時間が長くジメジメしていましたが、木の家の室内では相変わらず家族5人分の洗濯物はよく乾くし、シーツや座布団もジメジメせず気持ちよく生活していました。

 屋外の湿度が高い日が続くと室内はどのような湿度変化をしているのか調べてみました。
 窓は閉めていますが、エアコンや除湿機などは使っていません。
 洗濯物は日常の5人分の他にシーツ2枚を室内で干していました。
 窓を閉めていれば洗濯物を室内で干しても湿度はそれほど変化していないのが分かると思います。

 わが家では窓を閉めて湿度60%ぐらいは一年で最も高い値です。
 注意深くグラフを見ると湿度が高い時間が長いと室内も影響を受けてジリジリ高くなりますが何日も湿度80%以上が続くわけではありませんし、一日の変化量が7%程度では体で感じることはできません。
 湿度は60%ぐらいをピークに秋に向かって少しずつ下がっていきます。

 湿度は70%以下になるようにしましょうと言われますが、わが家では屋外湿度が80%越が続いても室内湿度が70%になることはほとんどありません。
 湿度については気密や木の乾燥方法、表に出ている木の量、さらには室内空間の使い方などいろいろあるようなのですが、エアコンや除湿機に頼らなくても普通に生活していれば湿度がちょうど良いところで落ち着いてくれるところは木の家のすばらしいところだと思います。

 ジメジメした日でも洗濯物がよく乾いたり、シーツがサラサラなのはありがたいです。

comment

Secret

コメントありがとうございます。

2014.09.02.09:50

シノキさん、コメントありがとうございます。
室温はエアコンなどを使えば簡単に下げることができますが、湿度は温度だけを下げると上昇してしまいますし、エアコンは一旦温度を下げて除湿するので適度な湿度を得ようとすると室温が下がりすぎたりしてコントロールが難しいと聞いたことがあります。
一口に木と言っても樹種や人工乾燥と天然乾燥と言った乾燥方法でも調湿能力の差は結構大きいそうです。
昔から大切な書類や衣服は木の箱で保存してきましたし、家にも高い調湿能力を活かした使い方をしてきました。
家には湿度の他にも様々なことが求められますし、地域によっても過ごし方は違います。
こっちが良ければあっちが犠牲になるとか、地域に合わないなどいろいろある中で何をどのように組み合わせるかはとても大切なことだと思っています。
私は建築士や大工さん、職人さんが造ってくれた家を測って後追いしているのですが、造ってくれた御礼とこれから家を建てようとしている方の参考になればと思っています。

No title

2014.09.01.12:00

はじめまして!
いつもブログを拝見させていただき勉強させてもらっています。
この時期の雨の日でも家の中の湿度が60%ぐらいというのはすごいですね。
我が家は高い時だと75%くらいまで上がってしまいます。
除湿機やエアコンなどを使っても湿度を下げるのは結構大変なんですよね。
やはり木の調湿作用ですごいんですねぇ。
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: