室温2度の攻防

2014.10.30.09:28

 以前、肌に熱電対を貼り付けて風に当たったときの温度を測ったことがありました。
 風に当たると0.8度肌の表面温度が下がりました。風に当たり多くの気化熱が奪われたことで温度が下がったわけですが、1度以下でも体ははっきり温度差を感じることができます。

 わが家では室温32度だったらエアコンは使おうとも思いませんが、33度を超えてくるとエアコンを使います。
 室温が33度を超えてくる時は外気温は最高気温35度以上の猛暑日なので富山では年間8日間ぐらいあります。

 これまで継続して室内外の温湿度を測る中で室内が暑くなるのは大きなエネルギー(3.6MJ/m2)をもった日射が窓から室内に入ることでカーテンや床などが暖められてそれによって室温上昇が起きていることが分かってきました。
 室温上昇は壁や屋根の影響もありますが、窓から入ってくる日射エネルギーを減らせば室温上昇を抑えることができるようです。

 幸い南側は軒が長く出ているのでお盆頃の暑い時期でも直射日光が部屋に入る面積は小さく障子の効果もあって何の対策もしていません。
 西側についてはお昼過ぎに室温や壁が暖まってから日射が当たるので外壁は65度ぐらいまで上昇します。周囲が暖まってから日射が当たるので日射遮蔽と風通しの両立ができるカモフラージュ・ネット(偽装網)を使って室内に入る日射を減らしています。

 西日対策をすることでわが家では2度室温上昇を抑えることができます。
 つまり、今まで35度あった室温が33度程度になるわけですからエアコンを使う日も減ったというわけです。

 エアコンを使うことは悪いことでは無いし、必要なときは使えばいいと思います。
 しかし、エアコンはフィルター掃除や機器内部に発生するカビなど電気料金以外の話しもいろいろ出てきます。
 エアコンを使わないで生活できれば余計な心配をしなくて済むので、どんなときに使ってどこまでだったら使わなくて済むのかを探していたわけです。

 こうした取組は私一人でやっていたのではうまく行かなかったと思いますが、測定データや家族の反応などを見聞きしてくれる建築士がいることは大きいと思います。
 私は外気温35度までの対応ですが、建築士はそれ以上に気温が上昇したときの対応も実測値と共に話してくれます。

 屋外から熱の侵入を抑えることは室温上昇対策にはとても大切なことですが、体が感じる体感温度は湿度に大きく影響を受けます。
 同じ温度でも湿度が低い木の家では体感温度が低いので32度でも普通に生活することができます。

 住まい手ができることは限られていますが、温熱環境の技術を持った建築士が考えてくれた家では住まい手がちょっと工夫すれば室温を1、2度抑えることができます。
 わずかの温度差ですが暑く感じる境界面での温度差は生活費や健康に少なからず影響があるように感じています。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: