サーモ・テープ

2014.11.28.00:48

 屋内外の温度や湿度を継続して測っていると季節ごとにどんな温度分布になるかが分かってきます。
 特に冬季に関しては外気温・室温・床上5㎝の3カ所を測るといろいろ役に立ちます。サーモ・テープ

 だからといって家中に温度計や湿度計を何台も設置するのは費用もかかるし、日常生活で何台も計器を見ながら生活するのは一部のマニア?ぐらいです。

 継続してデータを取るには記録機器やデータの加工分析といった作業が必要になりますが、日常生活で明日は寒くなりそうだからちょっと設定温度を上げておこうとか、今日は暖かくなりそうだから設定温度は少し下げようかといったことは普通にやっていることだと思います。

 その際、目安があれば便利ですし外気温と室内環境の関係を掴んでしまえば明日の予想最低気温だけで室内がどれだけの温度になるか分かるようになります。
 私は何台も測定機器を使いましたが、もっと簡単に使える物が無いか探していたところサーモ・テープなるものを見つけました。
 液晶を使った温度計なのですが、これが結構正確で反応も早く、シール付きなので貼り付けて使うことができます。
 価格は6枚で2,000円ぐらいですから一枚340円ぐらいです。

 これを柱や床、壁などに貼り付けるとその部分の温度が分かります。
 わが家では床、床上5㎝の柱、外壁に面している壁、外壁に面していない壁、窓の下の壁、天井に貼り付けています。

 サーモ・テープのいいところは温度表示を見れば誰でも分かる手軽さです。
 床暖房の設定温度は温水温度で調節すると思いますが、床の温度が把握できると外気温によって変化する床温度の関係も掴みやすくなります。

 ところで家の温熱環境が分かったところでそれが何の役に立つのでしょう。
 好奇心も大切ですがそれだけでは長続きはしないと思います。
 一番は快適さを損なわずに費用が減ることです。

 快適性を損なわずに費用が減る仕組みは意外と単純で、寒い日に温度を上げたまま暖かくなってもそのままにしていたものが、測ることで暖かくなったら温度を下げられるようになります。
 言い換えれば寒くないのに暖房していた分を減らしたわけですから快適性も損なわずにすむというわけです。

 1台の温度計よりも高さや場所の違いによる温度変化を把握した方が快適な室内温度を見つけやすくなります。
 できるだけ費用を抑えて手軽に家の温熱環境を観察するツールとしてサーモ・テープは使えそうに思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: