壁内結露

2015.01.29.11:20

 床暖房は窓に結露しにくいと言われますが、寒い日に窓に結露することがあります。
 結露すると言っても窓の下など一部だけですし、日中は乾いてしまいます。
 わが家では窓の額縁に衝立を置いているので窓の下に低温の空気が溜まることから衝立が無いときに比べると窓に結露がしやすくなります。

 さて、家と結露の話になると壁の中で起きる壁内結露の話しが時々出てきます。
 壁内結露しないように気密をあげて水蒸気が壁の中に入らないようにするとか、室内で水蒸気の発生を抑えるなどいろいろ対策が考えられています。窓枠結露

 しかし、家が建ってしまうと壁の中がどうなっているのか調べるには壁を壊さないと見られないので住まい手としては室内の環境から壁の中を想像するしかありませんでした。
 建築士のご自宅では壁の中にセンサーを入れて継続して壁内の環境を測っています。

 ただ、露点温度は計算によって算出しているので測定値と窓枠に結露する様子を観察して確かめることにしました。
 窓の額縁に置いたセンサーで温湿度、アルミサッシ枠に貼り付けたセンサーで枠の温度を測ります。
 額縁の温湿度から露点温度を算出しアルミサッシ枠に結露する様子を観察しました。

 結果は算出した露点温度をアルミサッシ枠が下回った頃からうっすらと結露し始めたことで測定値と計算がだいたい合っていることが分かりました。
 建築士のご自宅で使われているセンサーと同じ物で観察したのでこの方法で壁内の環境を壁を剥がすこと無く継続して知ることができます。
結露と露点温度グラフ
 今回はアルミサッシ枠という金属表面での観察でしたが、耐力壁などは木材なので露点温度を下回ったらすぐに目に見える結露が発生するわけでは無いし、結露したとしても短時間であればすぐに乾いてしまいます。
 また、屋外は気象台が測っているデータが使えるし、室内の温湿度も測っているので壁の中の様子が分かることで屋外と壁内、室内における水蒸気の動きも分かります。

 冬は室内の水蒸気が屋外に向かうとか、夏は屋外の水蒸気が室内に入り込もうとすると言った話をデータを見ながら建築士が話してくれます。
 わが家では室内でたくさんの洗濯物を干しても室内湿度変化は小さく抑えられています。
 断熱材も調湿するものが使われているので屋外に急激な変化があっても壁の中の湿度変化は緩やかなものになっていました。

 私はちょっとやり過ぎですが、壁の中がどうなっているのか知ることができた今回の観察では結露以外のこともいろいろ学ぶことができました。
 百聞は一見にしかずと言われますが、これには続きがあって
 百見は一考にしかず
 百考は一行にしかず
 百行は一果にしかず
 聞くよりも見ること、見るよりも考えること、考えるよりも行動すること、行動して成果を出すことを説いた教えだと言われています。
 やってみることで得ることは失敗も含めていろいろあります。

 ご自宅を計測している建築士の話は他で見聞きするのとは説得力が違いますし、同じ作り方と暖房方法で生活している私たちには大きな安心があります。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: