節水

2015.02.08.03:33

 水道料金と言えば使った水の量に対してかかる料金ですが、下水道に接続していると下水道料金もかかってきます。
 富山市では上下水道料金の請求は二ヶ月に一度です。
 わが家も下水道に接続しているので水道と下水道の料金がかかってくるわけですが、4万円(二ヶ月分)を超えてくるときもあって負担になっていました。
節水シャワー
 下水道料金は水道使用量によって決まるので水道使用量を抑えればいいのは分かっているのですが、何にどれだけ使っているのか分からないし、余計なことを言えば夫婦げんかになるだけです。

 洗濯で節水すると汚れ落ちが悪くなるし、キッチンで水を使いすぎているのでは・・・といえばその影響は何倍にもなって私に跳ね返ってきそうです。
 トイレの水を節水しようと貯水タンクに物を沈めて節水する方法もあるみたいですが、ある程度の水を流さないとトイレが詰まる原因になるそうです。
 有効な対策が見つからないまま水道料金を払い続けていました。

 そんなある日、建築士から浴室シャワーヘッドに節水効果が期待できるものがあると教えてもらいました。
 シャワーヘッドを交換しただけで・・・と思いましたが、建築士が言うので期待できるかもと軽い気持ちで交換しました。
 節水シャワーヘッドの紹介と書きましたが、建築士はわが家のシャワーヘッドと交換出来る製品型番まで教えてくれました。

 値段は3,000円ぐらいだったと思います。
 節水と言うことは出湯量が減るわけですから家族から使用感が変わることで何か文句を言ってくるかと心配しましたが、交換前と使用感の違いは感じなかったようです。
 シャワーを撮影してみると空気が混じった水流がシャワー口を出てすぐに水玉になっている様子が分かります。

 シャワーヘッド交換から2ヶ月経って請求を見ると使用量は減っていましたが、季節要因やたまたまということもあるのでもう少し様子を見ることにしました。
 半年経って比べてみると確かに水道使用量は減っています。
 お湯の使用量(ほとんどシャワー分)は分かっているのでシャワーヘッド交換によってどれだけ節水したのか調べてみると30%節水していることが分かりました。

 全体の水道使用量 100立方メートル
 浴室でのお湯の使用量 45立方メートル
 45立方メートルを30%削減 32立法メートル
 節水シャワー交換後の水道使用量 87立方メートル(100-45+32=87)

 水道料金は使用量が多くなるほど単価が高くなる設定なので単価が変わるあたりで使用量を減らすと料金は随分違ってきます。
 そういえば設備屋さんが女性、とくに年頃の女性がいる家ではお湯の使用量が多いと話してくれたことがありました。
 シャワーヘッド交換による30%の節水によってわが家では年間4万円ぐらい水道料金が減りそうです。
 水道使用量は家々でバラバラなのでシャワーヘッド交換による水道料金削減額もそれぞれ違うと思います。

 私の持論みたいな話しですが、こうした費用削減策によって減った費用は家計から切り離すことが大切だと思っています。
 私はサラリーマンなので急に大きな出費を求められてもすぐには対応ができません。
 これまで何とか払ってきた費用が減ったわけですからその分を積立に振り替え、時間を味方につけて少しずつ準備するやり方で急な出費に備えようとしています。

 建築士は「メンテナンスフリーの家など存在しない」と言います。
 やがて必ず必要になるのが分かっている費用だったら早めに積立を始めた方が負担は小さくなります。
 節水で減った金額は家のメンテナンス費用になりそうです。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: