静電気 2

2015.03.27.02:51

 空気が乾燥する時期は静電気で痛い思いをすることが多くなります。
 分かっていてもバチッとくるあの感触はイヤなものです。足裏センサー
 身近なところでは化学繊維の着衣の摩擦によって発生し、指先から火花放電することで痛みを感じるものや帯電によってホコリや塵を吸い寄せるためテレビやパソコンのコンセント周りなどにホコリが溜まりやすくなります。

 以前、木の家は掃除が楽だと書いたことがありました。
 木が調湿することでホコリも湿気を持ちにくいとか、帯電しにくい性質のおかげでクイックル・ワイパーで簡単に掃除ができます。
 その他に住まい手として気がついたことがあります。

 わが家ではあのバチッ!が無いのです。家族に聞いてみてもそういえば家の中では無いと言っていました。
 着衣を脱ぐ際にバチバチと音がすることはあっても指先で火花放電を感じることはありません。
 裸足の生活なので足が必ず床に接していることで火花放電するほど帯電する前に緩やかに足から逃げていくのでバチッ!が起きにくいのだろうと思っています。

 冬でも裸足の生活ができるのは早い吸湿と遅い熱伝導のバランスが良い杉床の特徴と床暖房のおかげですが、火花放電が起きにくいことに気がつきました。
 汚れや傷が付きにくい床は裸足では冷たいのでスリッパを使います。スリッパが絶縁体になって体に静電気が溜まっていきます。

 指先で金属など伝導体に触れると一気に放電してあのバチッ!となるわけですが、静電気がイヤだから裸足の生活をする人は少ないと思います。
 木の家で生活しているとこうした結果的に快適性の向上につながっていることはいろいろあります。
 冬でも洗濯物がよく乾く、掃除がしやすい、夏は扇風機の風が気持ちいいなどどれも日常の生活に関連することばかりです。

 ドアノブは鍵を一旦当ててから触れるなどいろいろ言われています。室内が乾くから加湿器を・・・ジメジメするから除湿機を・・・床に傷や汚れがつくからスリッパを・・・何か気になることがあってそれに対処することは当たり前のことです。
 逆に当たり前のことは気がつきにくく言われて初めてそういえば・・・ということが多いと思います。

 指先からの静電気放電は日常生活の中で木の家を感じ取られるきっかけになりました。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: