スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消える節

2015.04.20.10:43

 大工さんの番付を見てきました。
 わが家の番付から10年経ちましたが、何度も見せてもらうと見方も変わってきます。
 大きな梁を寸法に合わせて両端を切り落とすための線が書かれています。ところが片方は端からギリギリなのにもう片方は余裕があるように見えました。切り落とす部分

 どうしてこんな墨付けをするのかしばらく見ていると、あっ、節だ!と気がつきました。
 緑の矢印は節の位置で、赤い線のところで切り落とします。
 もともとこの梁には2カ所しか節が無かったのですが、手前の節を切り落としてももう一つ残ります。

 2枚目の写真では節の辺りに墨付けされていますが、この部分には仕口が刻まれるのでこの節も見えなくなります。
 大工さんは大きな節には大きな力がかからないように配慮をしながら仕口と節が重なるように切り落とす場所を決めていたわけです。
仕口で隠れる節
 たくさんある柱のどれをどこにどの向きで使うか決める番付も見ることができました。
 節が少ない面を見栄えのする場所に向けているのかと思ったのですが、わが家で観察してみるとどうやら大工さんは乾燥割れが入りそうな面が室内に出ないように見ているように思います。

 真壁仕様では柱が表に出ているので、室内には柱の1面以上は見えていることになります。
 わが家に使われている芯持ちの柱には背割りはしていないので必ずどこかが割れているはずなのですが、室内に割れている面が見える柱が少ないのです。

 番付の時に割れやすい面を避けてくれなければ使われている4分の1の柱が割れている面を室内に向けていてもおかしくないのですが、わが家では少ないです。
 大工さんの番付では節を消したり、乾燥割れが表に出ないようになどいろいろ考えてくれていることが少し分かってきました。
柱を見る大工さん
 私が家を建てる時も建築士や大工さんは番付を見せてくれたし説明もしてくれましたが、初めて見る私は舞い上がって見ただけ・・・だったと思います。
 しかし、あの時見せてくれたおかげでこうして何度も番付を見ることで少しずつ大工さんの仕事が見えるようになってきました。
 番付は見栄えだけじゃなく適材を適所に使うとか仕口・継手加工などいろいろ目的があります。

 天然乾燥材を手刻みするなんて高価で手が出ないと私も思いました。
 建築士や林業家は「一部のお金持ちだけが建てられる木の家では意味が無い」と言います。
 天然乾燥材をうまく説明できない方や手刻みを面倒だと考えている作り手のやりたくない値段を見ると高価だと思ってしまいますが、それができる作り手は普通のサラリーマンでも手にできる家を建ててくれます。

 2枚目の写真をよく見ると節本体は仕口加工で見えなくなりますが、木目の流れから節があることが分かります。
 10年前、わが家の梁の節について何か聞いた覚えがあったのですが、家が建ってしまうと分からない部分なので今まで気にしていませんでした。

 わが家でも木目の流れからたぶんこの先にフシがあるはずが隠れて見えなくなっている部分が見つかりました。
 今までこの梁は節が少なくて綺麗だと思っていましたが、大工さんが節を消してくれたことに10年経ってようやく気がつきました。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。