コールド・ドラフト対策

2015.10.14.10:45

窓の温度分布 コールド・ドラフトは窓などで冷やされた空気が室内に流れ込んでくる下降気流などを指します。
 室温は適温なのに足もとが寒いときはコールド・ドラフトが発生しているかもしれません
 これまでの観察や測定からコールド・ドラフト対策には窓に衝立を置くことが有効だと分かってきました。

 やってみると効果が実感できるのですが知人に話しても”ふぅ~ん”でおしまいです。
 費用対効果も高い衝立ですが今ひとつ反応が鈍いので何人かに聞いてみたところ、窓全体を覆うわけじゃ無いから冷たい空気は部屋に流れてくるという意見が多く聞かれました。
 なるほど私もコールド・ドラフトを観察するまでは同じことを考えていました。
コールド・ドラフト模式図
 しかし、測ってみると様子は少し違っていました。
 まず、窓は一様に温度が低いわけでは無く窓の上部は室温とさほど変わらない。
 窓の下に行くほど温度が低くなって最も冷たい空気が室内に流れ込んでいる。
 コールド・ドラフトは温度差があるほど強くなるので窓から流れ込んでくる下降気流の温度を上げてやることでコールド・ドラフトを軽減できることも分かってきました。

 これらのことから衝立で最も冷たい空気が部屋に流れてこないようにすることでコールド・ドラフトは緩和できると思うようになりました。
 屋外が0.3度、室温が19.5度の時の様子を模式図にしてみました。

 衝立を置かない場合7.5度の冷たい空気が部屋に下降気流として流れ込んできますが、衝立によって13.5度になっています。
 13.5度でも十分冷たい空気ですがコールド・ドラフトは温度差が小さくなると影響も小さいのですぐに室温近くになってしまい床上5㎝の温度を測っても室温とほとんど変わらなくなります。衝立を置いた窓

 コールド・ドラフトは窓だけじゃ無く階段から2階の冷たい空気が降りてくるとか玄関から冷たい空気が流れ込んでくるなどいろいろあります。
 わが家では窓にコールド・ドラフト対策をすることで室内で高さによる温度差がほとんど無く2階からの冷たい空気や玄関からの冷たい空気の流れ込みがほとんど気になりません。
 全室床暖房とか玄関ホールと居住室との境目など家の造り方に様々な工夫があることはずっと後から知りました。

 日射に期待できない富山の冬は暖房機器に頼ることになります。
 ほんの少し前までは作り手は冷暖房については断熱材は入れてあげるけど後は住まい手が機器を選んで下さいといった雰囲気でした。
 新築の家でも補助暖房として室内に大量の水蒸気を放出する石油ファンヒータを使っている家は意外に多いように思います。
 室温を上げれば窓際との温度差がさらに開いて強いコールド・ドラフトが室内に流れ込んで頭が温かいのに足は寒いことになってしまいます。

 住まい手が窓に衝立を置くことで必ず室内から寒さが取り除かれるわけではありませんが、温熱環境まで考えてある家では窓に衝立を置くだけで体感は大きく改善します。
 せっかく建てた家で寒い思いをしないためにも温熱環境まで考えてくれる建築士に家造りの相談をすることは大切なことだと思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: