続・消費電力を測る

2015.11.14.02:48

 電力量など測っても実益が少ないと言われることがあります。
 測定器を購入して電力量が分かったところで電気料金が目に見えて安くなるわけでは無いし、単に使っている電力量が分かっただけでおしまいというわけです。
電力量計測機器
 デスクトップパソコンはモニターの電源をOFFにするだけで消費電力が半分ぐらいになることもあるし、トイレの蓋を閉めるとか、冷蔵庫の扉を開閉に注意するなど測ってみると確かに効果はあります。

 ところが、電気料金は1kWh単位なので数ワット削減したところで電気料金に換算すると多くても月額1,000円ぐらいにしかならず、わざわざ測定器を購入して削減するほどの金額では無いという意見もうなずけます。

 私も中途半端に測ると測っただけでおしまいになると思ったので測定器に少しお金を出して電力量を把握することにしました。
 家全体で使っている電力を把握する機器、エコキュート用、床暖房ヒートポンプ用2台、ワットチェッカータイプが2台の全部で6台使います。
 併せて室内外の温度も測定しているのでヒートポンプの運転と温度の関係も掴むことができます。

 グラフは床暖房用ヒートポンプの1時間毎の消費電力です。ヒートポンプ消費電力11月
 2台のヒートポンプをそれぞれ別々に測定してみると設定温度が同じでも消費電力に違いがあったのでタイマーで8時から17時までの電気料金単価が高い時間帯だけ設定温度を下げて測ったデータです。

 日中は気温が上昇するので設定温度も下げられることは何となく分かりますが、それによってどれだけ消費電力が落ちるのか測ってみないと分かりません。

 また、測ることで削減分を費用に置き換えることもできます。
 今の時期はそれほど気温が下がらないのでヒートポンプの効率も高いのですがこうした運転を一月続けると3,000円ぐらいは電気料金が違ってきます。
 室温は寒くない温度を維持しているので快適性を犠牲にすること無く費用削減できた一例です。

 設定温度が高くなる17時の消費電力が心配でしたが朝8時に設定温度が下がったときの削減分と差し引きすると心配するほどのことは無いことも分かりました。
 11月のこの時期、ヒートポンプ運転時は2台で1kWhほど電力を消費していますが、運転ランプが消えていても温水ポンプが動いているので1台当たり120W程度の電力を消費していました。

 1kWhの電力量は17個の60W白熱電球を1時間ぐらい使った量です。
 暖房機器は消費電力も大きいのでちょっと工夫するだけで冷蔵庫の扉の開閉や便座の蓋、パソコンやテレビといった家電製品で節電するよりも大きな効果が期待できます。
 測ることでそれがいくらなのかはっきり分かりますから削減分は家計から切り離して積み立てましょう。

 何日かかけて測定している間、家内からこんなに機械を買って何やってるの!と言われました。
 「今年はチャラだけど来年から削減分の積立が増える。」と言ったら
 「それならいい!」だって・・・

 なんだか積立のために測っているような感じになってきましたが、日常生活の一部を測って観察するのは結構楽しいものです。


comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: