LED照明

2016.01.28.20:08

 LED照明は消費電力が少ない照明機器です。
 10年前に住み始めた頃は30個以上の白熱電球を使っていましたが、最近使用頻度が高い部屋から少しずつLED照明に替えています。

 わが家では白熱電球からLED電球に交換していますが、調光機器付の場合はLED電球も調光対応型を選ばないとLED電球が点灯しなかったり点滅したり、明るさがふらつくことがあります。
 こうした不具合はLED電球が直流電流で点灯するために起こるそうです。

 LED電球の中には交流電流を直流電流に変換する回路が入っていますが、調光対応型には一手間かけてあるので電球の価格も少し高くなります。
 また、調光対応型のLED電球であっても一つの壁スイッチで複数のLED電球が点灯するような場合に明るさがふらついたりすることがあります。

 わが家でも調光対応型のLED電球のふらつき現象が起こりました。
 最初はあれ!?・・・明るさがふらつくと気持ち悪くなります。
 全部のLED電球では無くて一つのスイッチで3つ以上点灯するような照明でふらつきが起きていました。

 対策はふらついているLED電球群の一つを白熱電球に戻すことでふらつきが無くなりました。
 幸いLED電球と白熱電球が混在していても色合いや明るさに違いはほとんどありません。

 最近はLED照明で使われるLED電球が交換出来ない一体型が増えているそうです。
 電球が切れただけで機器まで交換するのには違和感がありますが、話しを聞いてみるとLED電球の寿命が照明機器の寿命と同じぐらいになったので照明機器メーカーとしては寿命が切れた機器を使い続けて事故や火災などが起こりにくく、照明機器の更新も期待できるとして一体型が増えているそうです。

 言われてみれば照明機器としては使えるけど、蛍光灯などを交換する際に見える部品が変色していたり、配線にひびが入っているものを見たことがあります。
 照明として使えても機器の寿命は10年だそうです。

 主張は分かりますがタマが切れただけで機器まで交換するのは抵抗があるしぃ~
 10年使わないうちに運悪くタマ切れしても交換でしょ?・・・
 何にでも最初は抵抗がありますし、人の気持ちはすぐには変わらないものです。

 いろいろ抵抗したい気持ちはありますが、白熱電球とLED電球では消費電力が大きく違います。
 富山の家庭で使うエネルギーで最も大きいのは暖房ですが次が照明・家電、給湯と続いて冷房は年間の消費量としては3%にもなりません。

 イメージとして大きなエネルギーを使っていそうな冷房ですが調べてみると冷房する期間も限られているし、終日使っているわけでもありません。
 照明は目立ちませんが年間を通して一定量を安定して使うので年間消費量が結構大きく、LED照明を増やすことで家庭で使われるエネルギーが減らせるというわけです。

 私は白熱電球からの交換組ですからLED電球も交換出来るメリット?があります。
 一方、一体化のLED照明機器はデザインもすっきりしているし、おしゃれなものが多いようです。
 新築やリフォームの際にはまだ電球交換ができる照明機器が選べるかもしれませんので建築士と相談してほしいと思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: