湿気の重さ

2016.07.31.09:23

 湿気は室内の高いところに溜まると言う人もいれば湿気は低いところに溜まるという人もいます。
 水蒸気と言う気体は空気よりも分子量が小さいので水蒸気が多い空気は軽くなるから上に溜まると説明されるとなるほどと思います。

 一方、湿気とは湿り具合のことを指し、相対湿度で表現されます。
 室内に温度差があれば水蒸気量は同じでも相対湿度が変化します。
 温度が高くなると相対湿度は下がるし、温度が下がれば相対湿度は上がります。

 一般的に室内では上部が高い温度になることが多いので上層は相対湿度が低くなり温度が低い下層は相対湿度が高くなります。
 水蒸気の量は変わらなくても温度が低くなる下層では湿気が溜まりやすくなると説明されるとそれもそうだと思います。

 水蒸気の発生源は人、布団、キッチン、浴室、洗濯物など様々なところから室内に放出されるし、布団をしまっておく押し入れとリビングの容積の違いなど拡散や換気にも影響されます。
 カビが発生しやすい場所として押し入れや家具の裏側があげられますが、こうした場所は風通しが悪く温度も下がりやすいところです。

 先日一階と二階で温湿度に差が出ている日がありました。
 二階 室温30度、湿度54%
 一階 室温26度 湿度69%

 一階の湿度が高いように見えますが水蒸気の量はどっちも16.7g/㎥です。
 水蒸気の量は同じですが二階から降りてくると明らかに一階の方が湿っぽく感じます。

 こんな経験をすると湿気は下に溜まると思ってしまいますが、人が感じる湿気は重たいとか溜まるという話じゃ無くて温度によって感じ方が違うと言うことのようです。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: