外壁の変化

2016.08.28.17:30

 わが家の外壁は杉板です。
 板張りの外壁は保護塗料の塗り直しなどメンテナンスが大変そうなイメージがありますが赤身の板であれば塗装無しでも十分長持ちします。南側外壁

 当初は塗装した赤身の板を使いましたが、時間が経つと塗装がはがれて板の素地がむき出しになります。
 雨風、日光がよく当たる南側外壁が最も早く塗装が剥がれ、北側の外壁は10年経っても大きな変化がありません。北側外壁

 塗装が剥がれてしまうのは日光によって板の表面が劣化して雨風によって剥がれ落ちることで起きるそうです。
 塗装が剥がれたら塗り直しと思いますが、元々赤身の板は光劣化には強いので少しぐらい劣化しても外壁としての機能を損なうまでには50年以上かかります。

 最も変化が見られる南側の外壁を観察すると板は一様に変化するのでは無くて年輪の堅い部分と柔らかい部分で変化の様子が違います。
 柔らかい部分は早く劣化してやせ細っていきますが堅い部分は結構粘っているので板がデコボコになっています。劣化した板の表面

 デコボコになっている板の表面を拡大してみると柔らかい部分は細胞が膨らんでいて中に何か入っているように見えますが、堅い部分は細胞の壁が圧縮して固まっているように見えます。
(3枚目写真の赤丸部分を拡大したのが4枚目の写真)

 細胞壁は結構堅いらしく圧縮して集まっていると劣化が進みにくく、柔らかい部分は堅い細胞壁が広がっているので密度が低いことから相対的に早く劣化が進んでいるように見えました。拡大した板

 木の細胞なんて普段なかなか見られませんが、10年経った外壁を拡大しただけできれいに並んでいる細胞を見ることができてよかったです。

 外壁には様々な材料が使われています。
 表面が劣化して下地材が出てしまい美観や機能を損ねる材料もありますが、外壁として適材である赤身の板は素地全部が同じなので下地が出ると言うことはありません。

 また、劣化と言っても表面だけで起こる現象なので風雨で劣化した部分が剥がれなければ内部まで劣化が進むことが無いことも赤身の板の特徴だそうです。
 そうは言っても使っていれば物が当たったり一部が傷んだりします。
 板は生物資源なのでまた同じ物を使うことができますし、3年も経てばどこを張り替えたのかわからなくなってしまいます。

 外壁として優れた材料という話には必ず赤身の板が出てきます。
 板張りの外壁はメンテナンスが大変そうに思っていましたが、10年経ってほとんど何もしていません。
 住まい手が何もしなくても板の表面では光劣化に対抗する機能が働いていてそれを上手に利用する方法でわが家の外壁ができていることが少しわかりました。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: