体感温度

2017.02.28.11:17

 室内での体感温度は室温と壁や天井、床などの表面温度を測ることで知ることができます。
 体感温度=(室温+壁の温度)÷2
 室温が25度で壁が17度の室内での体感温度は21度
 室温が21度で壁が20度の室内での体感温度は20.5度

 どっちの部屋でも体感温度はほぼ同じですが、体験してみると体感温度が21度だった前者の方が寒く感じます。
 ずっと不思議に思っていましたが、どうやら放射が関係しているようです。

 熱の伝わり方には伝導・対流・放射の3つがあります。
 熱は高いところから低いところに移動してお互いが同じ温度になろうします。
 私たちの体温は36.5度付近で体の表面温度は30~33度ぐらいと言われていますから体からは伝導・対流・放射の3つの方法が熱が出て行きます。

 伝導と対流はわかりやすいのですが放射で熱が逃げるというのは分かりにくい話です。
 物質を温めると電磁波が発生します。熱エネルギーによって電磁波が発生し熱が減るというややこしい話なので放射でも熱は逃げていくと言うことにします。

 電磁波は電場と磁場が交互にやってくる波で波長によって可視光とか電波やX線などいろいろな呼び方があります。
 人間が吸収できる電磁波の波長は3~25マイクロメートルぐらいでそのうち4~14マイクロメートルを「生育光線」と呼んでいます。このあたりの波長は遠赤外線(4~1,000マイクロメートル)と呼ばれる領域です。

 遠赤外線が私たちに当たると着衣や体を構成している分子と共鳴して運動が激しくなり熱が発生します。
 遠赤外線に熱があるわけでは無く遠赤外線が当たった物の分子が激しく振動してその結果熱ができるという仕組みです。

 床暖房や薪ストーブは輻射熱暖房と言われます。放射と輻射の使い分けは物質を温めて発する電磁波などは放射と表現し、物質は自らが電磁波を発しながら他からも受けて熱交換しています。これを輻射と表現することが多いようです。

 以前洗濯物の乾燥について書いたときに洗濯物から蒸発して出ていく水もあれば空気中の水蒸気が洗濯物に水として戻ってくる話がありました。
 水は温度によって蒸発する速度が決まっていますが、湿度が高くなってくると水に戻ってくる水蒸気も増えてくるので相対的に水の蒸発が遅くなって見えると言うことでした。

 体から放射される熱量は同じでも周囲から放射によってもらう熱量が違うことで出て行く熱の速度に違いができます。
 壁が冷たいと見かけ上、体から早く熱が逃げていくので寒く感じると言うことのようです。

 また、窓の近くにいると寒く感じることがあります。
 窓に熱が引っ張られるとか冷放射などと言われますが、これも窓という周囲よりも温度が低い部分から発せられる電磁波(遠赤外線)が少ないことで窓に向いている体の方向だけが相対的に早く冷めると考えるとしっくりくるように思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: