塗装

2017.05.31.23:17

 わが家は写真の通り、柱や梁などに塗装はしていません。吹き抜け
 今でこそ余計なことをしなくて良かったと思っていますが、建築士との打ち合わせ中は柱を何色にしようかと真剣に考えていました。

 最近は大壁仕様の家が増えてきたので柱や梁が表に見えること自体少なくなってきましたが、真壁と決まった段階で柱や梁が表に見えるのでさて何色に・・・と考えていました。

 柱や梁に色を塗ると考えたのには背景があって以前生活していた家の柱も塗ってあったし、富山では柱や梁に塗装する家が多いように感じています。
 塗装すること自体に何か問題があるわけではないし、木の家では塗装禁止と建築士が言ったわけでも無いので余計に何色にしようと考えるわけです。

 ところが建築士の一言がきっかけになって塗装はしないことになりました。
 「どこまで塗りますか」

 わが家は吹き抜けもあるし一階に関しては建具を開けると一間になってしまいます。
 全部塗ればいいのかもしれませんが、一部を塗るとなるとどこかに境界ができます。
 境界に当たる柱には塗装してある面としていない面ができることになります。
 建築士はどこに境界を設けるのかと聞いてきたわけです。

 当時の私には天然乾燥した柱や梁は色艶が良いという特徴についての理解が足りなかったのでこれまでの生活環境の中で柱は塗るものだと思い込んでいたように思います。
 建築士からどこまで塗るのかと尋ねられてやっと思い込んでいたことに気がつくことができました。

 このことがきっかけで無塗装が当たり前の地域があることや富山で柱に塗装する家が多い理由も少し分かるようになりました。
 柱や梁に塗装するとかしないとかは施主が決めることです。

 ただ、塗装すると思い込んでいる施主に天然乾燥材は色艶が良い特徴があると言っても特徴を活かすことが難しいように思います。
 私は色艶が良い特徴を理解する前に自分の思い込みに気がつくことができたことは良かったと思っています。

 わが家は天然乾燥した柱や梁が使われています。
 天然乾燥、特に葉枯らし天然乾燥した柱や梁は色艶が良い特徴があります。
 住み始めて10年を超えて最近になって新築時の初々しさが少し落ち着いてきたように感じています。
 今でもわが家を見て何で塗らないのか尋ねる方もいます。

 「塗らなくても柱や梁自体が綺麗だから」と答えています。
 塗装することが当たり前に思っていた私ですが、今では木の家の住まい手として答えられるようになりました。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: