木の色艶

2017.09.17.14:22

 基礎の配筋を見に行った家では上棟式も終わって柱や梁が組み上がって家の形になってきました。
 また見に行ってきました・・・。
 自分の家じゃ無いのにどうして見に行くの?と言われることもありますが、わが家の時には舞い上がって見損ねたところもありますし、一番は新築時の初々しい木の色が見られるからです。

 わが家は住み始めて11年経ちます。新築時には色の違いがはっきりしていた赤身と白太も言われないと気がつかないくらい目立たなくなってきました。
 一枚の板それぞれはっきり分かれていた色の違いが目立たなくなってくると家全体の色の雰囲気も違って見えます。
 ある日突然ぱっと変化するわけではなく少しずつ変化してくるので住まい手には変化の過程を感じることはありません。

 建築士の作品はどの家も間取りや設備は違いますが家の基本的なところは同じなので上棟後、柱や梁が組み上がったころはどの家もほとんど同じ状態を見ることができます。

 葉枯らし天然乾燥した柱や梁が、それぞれ適材適所に割り振られているので間取り図を見なくてもリビングなど家族が集まる場所などは綺麗な木が集まっていることが多いなど大工さんの番付の妙技も感じることができます。
 上棟後ですから木は初々しい色をしています。山では100年近く立っていたので新しいという表現も変なのですが柱や梁に加工されて時間が経っていないので初々しい色と表現しています。

 さて、わが家がどのように建てられたのかを今の新築現場で見られることについては何となく見る価値についてわかりやすいかと思います。
 屋根が作られていく過程などわが家の時はボーッと眺めていただけでしたが今は当時とは違った見方ができるなどできていく過程を見る楽しみがあります。

 木の色については天然乾燥材、特に葉枯らし天然乾燥材は色艶が良い特徴があるとプロの方々が口を揃えて言います。
 ところが私にはこの色艶が良いという価値について自分の家だけ見ていてもよく分からないのです。

 これまでも15年経った家、30年経った家など天然乾燥材を使った色艶の良い綺麗な家を何度も見てきました。
 確かにわが家よりもずっと落ち着きのある綺麗な家ですし、わが家もやがてあのような雰囲気になるんだろうという期待はありましたが、今のわが家について色艶が良いと思うほどでは無かったわけです。

 時間の経った家の住まい手が新築現場に出向くことで初々しい木に再会することができます。
 10分や20分と短い時間じゃなく半日ぐらいじっくり見てから自宅に戻るとなんと綺麗な家だと感動します。
 出かける前と帰宅後では自宅は全く変わっていないのですが、それを見る住まい手には今まで感じたことの無い色艶の価値について気がつくようになります。

 その瞬間が心地よいというか俺の家ってこんなに綺麗だったんだと思えることは幸せなことだと思います。
 建築士は設計段階から色が揃った家は綺麗だと何度も言っていましたが、住まい手が最初からその価値について理解できるはずも無く、年月が経った家を見るだけでもよく分からず、ある程度住み続けて初々しい色を見ることで初めて自宅が綺麗だと思えるようになったというなんとも時間のかかるややこしい話です。

 建築士の作品はどの家もみんな天然乾燥材が使われているので今進行中の新築現場を見学することで自宅の見え方が大きく変わるかもしれません。

 さらに、新築現場でお施主さんと出会うことで住まい手の先輩としてお話しできることもあると思います。
 天然乾燥材の色艶が良い特徴は時間の経った住まい手と初々しい施主という人を引きつける側面も持っているように感じます。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: