スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打水効果

2018.08.20.20:22

 暑い日に打水をすると水が蒸発する際に気化熱を奪うので地面の温度が下がると言われます。
 ところが実際に打水をしてみるとそれほど涼しいと感じないばかりかムシムシして余計に暑苦しく感じることさえあります。

 暑い時期に行われたマラソン大会で給水所付近に水を霧状に噴射する場所を設置したことがありました。
 選手に涼を提供しようと主催者が設置したそうですが、あの場所を通ったら余計に蒸し暑く感じたと選手からは不評だったそうです。

 理屈では確かに水が蒸発する際には周囲から熱を奪うので温度は下がりますが、空気中に水蒸気が増えます。
 相対湿度は同じ容積に同じ水蒸気量であっても温度によって変化します。
 水をまいていない場所を基準に考えると

 1)暑い日に水をまくことで水が蒸発し水蒸気量が増える。(相対湿度上昇)
 2)水が蒸発することで地面から気化熱を奪い温度が下がる。(相対湿度上昇)
 3)水蒸気量が増えて温度が下がるとW効果で相対湿度は上昇する。

 私たちは汗を蒸発させることで体温を超えるような気温であっても外部に放熱することが出来ます。

 水は温度によって蒸発する速度が決まっていますが、水に戻ってくる水蒸気もあるので見かけ上、相対湿度が低いほど早く水が蒸発するので暑い日でも過ごしやすく感じます。

 先ほどのマラソン大会で設置された水の噴射場所付近では若干温度は下がっているのかもしれませんが、相対湿度の上昇に伴って体から逃げる熱の速度が遅くなったために蒸し暑く感じたと考えることも出来ます。

 しかし、素人の私が思いつくことですから打水にはもっと深い意味があるんじゃないかと調べてみました。
 すると今でこそ道路は舗装されているし玄関先もコンクリートや石を敷き詰めたりして土が出ているところに水をまくことは少ないと思います。

 土が見えているところに水をまくと砂埃も立ちませんし、水がしみこみますから乾くまで時間もかかります。
 熱くなったアスファルトやコンクリート面に水をまくとあっという間に乾いてしまいますが、土の上の打水は水の蒸発も穏やかだったし、砂埃の防止にもなってそれなりに効果があったのかもしれません。

 打水のことを調べてみて気化熱など理屈だけではなく、水をまく場所の環境変化や打水をすることで人がどのように感じるかと言った視点で捉えられたのはよかったと思います。

comment

Secret

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。