木の産地

2011.04.29.10:06

 我が国の木材自給率は平成22年度森林・林業白書によると27.8%だそうです。
 富山には山も多いので木材自給率はもっと高いだろうと思って調べてみたらなんと沖縄県に次いで下から二番目でした。

 富山は海からの木材生産地と言われるほど北洋材の輸入量が多いことから県内で毎年100万立米ほど消費される木材に占める県内産の割合が3%台と低くなると言うことのようです。

 一口に木材と言っても住宅の他にも様々なところに木は使われています。
 また住宅に使うと言っても柱や梁が見えなくなる大壁仕様の家と真壁の家では木の捉え方も違ってくると思います。

 柱や梁が表に出ている真壁仕様の家だったら色が揃っていることが重要になってくるし色が揃いにくい場合は柱・梁に塗装することが多くなってきます。
 富山県産の木で造られた無塗装の真壁の家を見せてもらったことがありますが、色合いが揃っていなかったのが印象に残っています。

 それが何か悪さをするわけでは無いのですが、色が揃った家を見てしまうとどうも違和感があります。
 柱が割れる話は何度も書いていますが、私は気にならなくても柱が割れているなんて絶対許せない方もいると思います。

 全部○は難しいので○と△と×を比較して何を選択するかと言う話なんでしょうけど全国には住宅として使われるのに適した木材を産出している地域があります。
 そこで作り出されている木は色は揃っているしそれを活かすために時間をかけて天然乾燥して柱や梁として使われるに適した材料を選別までして出荷しています。

 天然乾燥する理由は強度に影響を与える内部割れや香り成分が熱で変質しないようになどいろいろありますが、なんと言っても元々色が揃っている産地の特徴を長く保ち続けることがあるように思います。
 天然乾燥材の一番の特徴は色艶が美しい事だと言われますが、それは一部のお金持ちだけのものではなく普通のサラリーマンでも手に出来るものです。

 杉の値段は昭和55年頃に最も高かったのですがそれから下がり続けて平成22年度森林・林業白書では価格は下げ止まり傾向が見られる・・・とあります。
 木の家は高い!というイメージは昭和の価格が高かかったイメージが強く残っている影響があると思います。

 今は当時と比較すると杉丸太の値段は三分の一まで下がっていまが、自然素材である木は値段が三分の一になっても色艶・香り・調湿性が落ちているわけではありません。
 また、新築一軒に占める木材の資金割合は全体の2割程度ですが住心地に大きな影響を与える重要な部分でもあります。

 住宅の材料として求められる強度・乾燥・適材適所の三拍子が揃った材料を提供してくれる産地があることはうれしいことだと思いまし、そうした優れた材料をみんなで使うことで産地も元気になると思います。
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
リンク
タイトル一覧

全記事タイトルの一覧

月別アーカイブ
2010.12~
メール送信

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: